若手職員からのメッセージ147

Weekly福祉の星 趙さん(社会福祉法人 京都府社会福祉事業団)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え身近な人を亡くした時に、周りの人に支えてもらった事がきっかけです。自分も誰かの支えになりたいと思い、福祉職を選びました

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
A日々利用者さんとの関係作りを心がけているのですが、「いつもありがとう。頼りにしてるよ。」と言ってもらえた時はとても嬉しかったです

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
A楽しかった事も沢山ありますが、一番心に残っているのは勤務1年目で初めて担当した利用者さんが亡くなられた事です。いつも笑顔に溢れた方だったので、とてもさみしかったです。その時に「もっとこういう支援をすれば良かった。」と思った事で、今後は自分自身にも利用者さんにも悔いのないよう支援させて頂こうと思いました

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
A「介護職をしている。」と言うと、「若いのに大変な仕事してるね。」とよく言われます。もちろん大変な事もありますが、それ以上に沢山のやりがいがあり、自分自身の成長にも繋がる仕事だと思います。職員の私が、いつのまにか利用者さんに元気づけられている事も沢山あります。超高齢社会と言われる今、支援を必要としている方は沢山おられます。少しでも多くの方が福祉、介護に関心を持って頂けると嬉しいです

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

  • 福祉業界研究