若手職員からのメッセージ168

経験を積むことで幅が拡がり、成長できます

Weekly福祉の星 村山さん(社会福祉法人アイリス福祉会)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え大きなきっかけはなかったですが、学生のときにボランティアや施設体験に行くきっかけがよくあったことと、祖父がデイサービスの送迎の仕事をしていたことがあり「そういう仕事がむいてるんじゃない」と家族に言われたことで、自然とこの職種に興味を持ち、働いてみたいなと思っていました。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
A働けば働くほど色々ありますが、一番は利用者様の反応です。
普段めったに言葉を発せない方が声をかけ続けることで「おはよ」と一言声をだしてくださったり、認知症状の強い方が名前を覚えてくださったりと、利用者様にとって職員がどれほど日常の一部なのかを感じさせられます。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
A特養で働いていると、利用者様の最期に立ち会うことがあります。
初めて立ち会った時にご家族様が「みなさんに大切にして頂いて、ここで最期を迎えられて幸せです」と泣きながらおっしゃった時のことは今も忘れません。
その時から、介護士としての意識がグッと変わった気がします。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
Aひとえに福祉といっても職種はいろいろあります。
いろんな専門職が協力しあって福祉の現場は成り立っているので、まずはいろんな福祉現場を自分の目で見てほしいと思います。
その中で自分のやりたいことや、目標を持って経験を積んでいくことで、どんどん幅が広がり成長していくことができる奥が深い職種だと思います。

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

    • 福祉業界研究