若手職員からのメッセージ184

入居者様の笑顔を見ると毎日が楽しくなります

Weekly福祉の星 伊藤さん(社会福祉法人 本願寺龍谷会)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え幼少時代、祖母が老人ホーム経営をしており、そこでの生活が当たり前となっていた流れからこの仕事を選びました。大学受験までは何とも考えていなかったのですが、受験する際に福祉関係の大学に行こうと考え、この道を選びました。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
A入居者様やご家族から笑顔をいただけた時です。何をしても明確な答えが見つからない仕事ですが、些細なことでも笑顔で答えていただいた時に、このためにいつもしているんだなと思います。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
A思い出はたくさんあります。昔、住まわれていた家に一緒に帰らせていただいた時に、普段とは違う顔を見せてくれた時や、若い入居者様と「元気になられたらもっといろいろなことをしよう」と思っていながらできなかった時の後悔など。毎日がたくさんの発見であり、勉強なので一番は選べません。
後悔はもうしたくないので、毎日を全力でするだけです。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
Aしんどい仕事と思われがちですが、そんなことはありません。当たり前のことを入居者様にしていただく。そのお手伝いをするだけです。現在、何を思って目指しているのかその気持ちを大切に、今後の福祉業界に就いていただけたらと思います。入居者様の笑顔を見ると毎日が楽しくなります。

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

  • 福祉業界研究