若手職員からのメッセージ201

教員の免許取得のための介護体験をきっかけにこの仕事を始めました。日々新しい発見があり、楽しい仕事です。

Weekly福祉の星 林さん (株式会社 スーパー・コート)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え最初は教員を目指していて、大学時代に免許状取得のため1週間の介護体験をしました。そこで高齢者の方々と接する中で「自分だったらこうするのにな」と思うことが多くありました。なので、思うだけではなく実際にやってみようと足を踏み入れたのがきっかけです。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
A大学時代に考えていた通りには物事は簡単に進みませんでした。しんどいこともありますが、試行錯誤を続ける中で自分なりのやり方などを見つけられたときにとてもやりがいを感じます。毎日同じことをする仕事ではなく、いろいろなことが起こり、考えて対応していかなくてはいけないので、日々新しい発見・やりがいが感じられます。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
A9月に同行した、スーパー・コート旅行です。神戸のポートタウンや水族館にご入居者とご家族と一緒に行ったのですが、いつもよりもイキイキとした表情が見られたりご入居者からもご家族からも「ありがとう」と喜んでいただけて、企画から携わっていた分とても嬉しかったです。また、ご家族もご入居者のことをとても大切に思ってらっしゃることを再確認し、自分にできることを精いっぱいしていこう、と気が引き締まりました。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
A介護職は暗い・キツイというイメージでしたが、実際に働いてみると思っていた以上に明るく楽しい仕事です。また、人生の先輩である高齢者の方々のお話しは勉強になることが多いです。
大変なこともありますが、「ありがとう」の一言で今日も一日頑張ろう!と思えます。少しでも興味があるな、と思われたのであれば是非、一歩踏み出してみてください。

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

    • 福祉業界研究