若手職員からのメッセージ225

利用者の方から、昔の話を聞かせていただいたりと仕事自体を楽しめる場面が多くあります

Weekly福祉の星 岩田さん(社会福祉法人よつば会)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え就職活動中に福祉の仕事をしている親戚から勧められ、福祉の仕事に興味を持ちました。いろいろな施設を見学させて頂き、また、お話しを聞かせて頂き、「福祉の仕事をやってみたい」と感じ、この仕事を選びました。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
A私の配属ユニットのショートステイでは、たくさんのご利用者様と接する機会があり、古き良き時代の興味深いお話しや、ワクワクするような遊びの話しを聞かせて頂くことが出来、仕事自体を楽しめる場面が多くあります。
また、退所される際に、「また来るで」「ありがとう」「たのしかった」と感謝して頂くことがあったり、入所の際に、「また来させてもらいました」「またよろしくお願いします」と笑顔で話しかけて頂くことがあります。こんな時は、この仕事に就いてよかったと素直に思います。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
Aとても元気で、いつも笑顔で話しをして下さったご利用者様が、転倒をきっかけに、急激にADLが低下し入院されました。そしてその数か月後に他界されました。私にとっては忘れられない辛い体験ですが、いろいろなことを、たくさん考えさせられました。そのような毎日の中で、自分自身も成長して行くのだと思います。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
Aやりがいは人にとって様々だと思いますが、この仕事は、絶対にやりがいを感じる仕事だと私は思います。
チャレンジされる方をお待ちしています。一緒に頑張りましょう。

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

    • 福祉業界研究