若手職員からのメッセージ243

利用者さんも自分も、「お互いに幸せ」になれる仕事が介護職だと思います

Weekly福祉の星 東小野さん(社会福祉法人 長岡京せいしん会)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え高校での高齢者施設への見学の際、初めて介助をさせていただいたとき、
「ありがとう」と言う言葉をいただいたことがとても心に残り、自分のちょっとした行動で、こんなに喜んでもらえることが、とても嬉しく思えたからです。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
A入居者様が言葉にしなくても、やりたいことや行きたい場所など望んでおられることに気付いたとき。また、その入居者様のことを少しずつ理解できてきたと実感したときです。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
A普段はあんまり、感情をだされない入居者様が、自分が声をかけた時や、
ケアをしたときなどに笑顔になられたり、逆に入居者様から声をかけてもらたこと。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
A福祉の仕事は、“きつい”とか“しんどい”と言われますが、自分の努力次第でやりがいに変わります。「たくさんの笑顔」、「心からの言葉」をいただける、また「お互いに幸せ」になれる仕事が介護職だと思います。

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

    • 福祉業界研究