若手職員からのメッセージ247

信頼しあえる環境があり、お互いを支え合いながら成長できることにやりがいを感じます

Weekly福祉の星 中村さん(社会福祉法人京都社会事業財団 総合福祉施設 京都桂川園)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え大学の実習で障害者施設に行ったことがきっかけです。実習中の利用者さんの活動や支援に関わることで、福祉の仕事の楽しさや面白さを感じ、「この仕事がしたい」と思いました。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
A利用者さんと支援者が一緒になって、暮らしのことや活動のことを考えます。信頼し合える環境があり、お互いを支え合いながら成長ができることにやりがいを感じます。利用者さん一人一人と関わる中、深い信頼関係や安心を感じてもらえると思います。「この人に会えて良かった」「話せて楽しい」「一緒にいて嬉しい」そう感じてもらえるよう、利用者さんと過ごす日々を大切にしていきたいです。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
A私が担当している自閉症の利用者さんとの関わりで学んだことがあります。最初に声を掛けた時は「イヤ!」と耳を塞がれてしまいました。この方との関係をつくることにたくさん悩みました。ある時、私が得意な「音楽」を通して接してみました。ピアノ演奏で一緒に歌ってみると、じーっと音楽に耳を傾けてくれました。この時、少し心を開いてもらえた感じがして本当に嬉しかったです。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
A初めて出会う利用者さんには緊張したり、どのように接すればよいか悩むこともあります。でも、皆さんの人柄や個性を知っていく中で「楽しさ」を感じることができると思います。もちろん、専門職としての勉強もたくさんしないといけません。支援の楽しさも難しさも感じるし、自分の学びを深めることができる素晴らしい仕事だと思います。

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

    • 福祉業界研究