若手職員からのメッセージ283

福祉の仕事は、様々な経験を活かす事のできる場であると思います

Weekly福祉の星 豊坂さん(社会福祉法人 京都福祉サービス協会)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え祖母が足を悪くして一人で歩くことが難しくなり、誰かに支えてもらわないと歩けない状態になりました。支えが必要な方を助けていきたいと思い始めたのがきっかけです

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
A初めは「ちょっと」と呼ばれていたことがほとんどでした。でも名前を読んで下さった時や、「お姉ちゃんがいてくれてよかった。」と言って下さった時などに、この仕事をやっていてよかったと思いました

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
Aひとりで業務を任され初めての夜勤勤務の時のことです。いつもは車椅子に座って過ごされているご利用者が、その夜はとても活気があって、夜中にベッドから離れた床で「ちょっと」と手を挙げて呼んでおられる事がありました。普段と違うお姿にとても驚きましたが、今はこの活気があるお姿をいつも見ていたいと思います

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
A私は福祉の大学に行き福祉の仕事に就いています。実際に仕事をしていて、福祉について勉強をしていてよかったと思うことや、あるいは現場で学べることもたくさんありました。福祉の仕事に就く前は違う職場に勤めていた方もおられます。職種は関係なく様々な経験を活かすことができる場であると思います

 福祉の星 一覧に戻る