若手職員からのメッセージ304

「こういう世界もあるのか。楽しそうだ!」と直感的に思い、この世界に入ることを決めました

Weekly福祉の星 内賀嶋さん(特定非営利活動法人 加音)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え大学生の頃、就職活動に行き詰っていたときに、現在の職場へボランティアに来たことがきっかけでした。自閉症の方と関わるのは初めてでしたが、「こういう世界もあるのか。楽しそうだ!」と直感的に思い、この世界に入ることを決めました。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
A自分が作った指示書などを活用して、新しい仕事を利用者さんが出来るようになった時です。
また、レクレーションなどで、利用者さんの普段見れない姿を見られたり、楽しい時間を一緒に過ごせる時にもやりがいを感じます。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
A所長から利用者さんたちに、「困った時は誰に言いますか?」と質問をされた時に、自分の担当する利用者さんから自分の名前が出た時です。
少しずつ利用者さんとの信頼関係が築けてきたのを感じ、うれしかったことを覚えています。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
A今まで福祉と全然違うことをしていた人でも、その「違うこと」が活きてくる仕事だと思います。
音楽、芸術、スポーツ、何かしら一芸を持っていれば、それが利用者さんの為になるかもしれません。
人の役に立ちたい、自分を発揮したいという人におすすめの業界です。

 福祉の星 一覧に戻る