若手職員からのメッセージ32

Weekly福祉の星 藤原さん(社会福祉法人大樹会)

※法人情報はこちらをご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え昔から、家の中や地域で高齢者と触れ合う機会が多くあり、何か自分にも出来ることがないか考えたことや、祖父・祖母が介護が必要となったこと。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
Aご利用者様の感謝の気持ちを耳にした時や、毎日、笑顔を見せてもらうことや、ご利用者様から声をかけてもらえる時です。問題や課題、困難事例が解決できた時はうれしいですし、信用ではなく、信頼されて仕事を任される時(用いられるのではなく、頼られる時)にやりがいを感じます

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
Aご利用者の看取りに関わった時です。これまで頑張ってきたケアを経て最後の顔を見た時に、短い間だけでもご利用者様の人生に関われたと感じました。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
A学生時代から人と話をするのが好きな私は、アルバイト先の方等から、「営業の仕事に向いている」とよく言われました。
実際、営業の仕事にも少し関わっていましたが、ノルマ等で大変辛いことがありました。
正直、福祉・介護業界は3Kと言われる等、ネガティブなイメージがあります。
しかし実際働いてみると、自分達の何気なく行っていることに大変感謝して下さったり、普段の何気ない会話で笑い合えたり、人世の大先輩からいろいろな知恵を授かったりと、楽しいと思えること、やりがいを感じることもたくさんあります。
どんな業種に就職するにせよ、誰でも最初は未経験者です。まだ迷っておられる方、是非この業界に飛び込んでみて下さい!

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

  • 福祉業界研究