若手職員からのメッセージ329

利用者さんと楽しみを共有できることに喜びを感じます

Weekly福祉の星 松原さん(社会福祉法人修光学園)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え福祉に興味を持ったのは、高校の担任の先生に「あなたは福祉の仕事に向いていると思うよ」と言われたのがきっかけでした。その後大学で福祉を学び、座学や実習を通してこの仕事に就きたいと思うようになりました。きっかけはほんの小さな一言でしたが、そのおかげで今の私があります。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
答え一緒に外出をして余暇を過ごす時に見せて下さる笑顔、「楽しいね」「また一緒に行きたいな」という言葉、表現の仕方は人それぞれですが、その気持ちにいつもやりがいを感じます。中には何年も前の出来事を覚えてくれていて「あの時〇〇行ったね。楽しかったね。」と何度も仰って下さる方もいて、利用者さんと楽しみを共有できることに喜びを感じます。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
答え気持ちの波が激しく、コミュニケーションを取るのが難しい利用者さんがいました。なかなかうまく関係が築けず、私の存在すら認めてもらえていないのではないかと悩んでいた3年目のある日、ふと私の名前を呼んで下さったことがありました。ほんの些細なことですが、今までの関わりは決して無駄ではなかったのだと強く感じ、その瞬間がずっと心に残っています。日々の関わりを大切にしていこうと改めて思わせてくれた出来事でした。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
答え福祉の仕事は、人との繋がりを通して、自分自身も成長できる場だと思います。時に辛いことやしんどいこともありますが、それ以上にやりがいや喜びを感じることができます。自然と笑顔になれる、こんな素敵な仕事は他にはありません。ぜひ共に働きましょう!

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

  • 福祉業界研究