若手職員からのメッセージ344

あなたの力を是非、世の為人の為に役立ててみませんか?

Weekly福祉の星 小野澤さん(株式会社ベネッセスタイルケア)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え私は誰かの役に立てていると実感する事に喜びを感じていました。就職活動を始めるにあたり、そういった視点で職を探していくと他の職種よりも色濃く「人の役に立った」ことを実感できる福祉の仕事に目がいきました。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
答え介護の仕事は、おむつ交換や入浴介助ばかりではありません。むしろ、それら以外の事でご利用者様のお暮らしに関わらせて頂く事の方が多いです。
ホームのご入居者様はそれぞれに障害やご病気から来る生活の課題をお持ちです。そういった課題に対し手探りで色々な解決策を講じそれが上手くいってご入居者様の生活が良くなったと感じれるのがやりがいです。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
答え年配のご入居者様からは学ぶ事も多いです。周りの職員ほどテキパキと仕事ができない事や度重なるミスで自分の至らなさを痛感しながら業務に当たっていた時にご入居者様からいただいた言葉です。
「自分の欠点を直そうとする内に、それが得意な人は先に行くんだから、短所を直すより長所を伸ばさないとダメだよ。」この時から、幾分か肩の力が抜け、再び前を向く事ができました。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
答え決して華やかな職種では無いかもしれませんが、福祉の仕事は社会を支える欠かせない仕事です。福祉の仕事はサービスを提供する相手だけで無く、その方のご家族様や関係者様にも「安心」をお届けします。あなたの力を是非、世の為人の為に役立ててみませんか?

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

  • 福祉業界研究