若手職員からのメッセージ375

障害というものをより深く学び理解したい、そして誰かの力になりたいと思い福祉の道を選びました

Weekly福祉の星 末永さん(NPO法人 地域の家)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え兄に知的障害があり、小さい頃から障害のある人と接する機会が多く、障害というものをより深く学び理解したい、そして誰かの力になりたいと思い福祉の道を選びました。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
答え「絶対にこれが正しい」という答えがない福祉の仕事ですが、利用者さんから自然に笑顔が出たときや、「嬉しい」「楽しい」という気持ちが伝わってきたときに、やりがいを感じます。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
答えある疾患のため、食事制限が始まった利用者さんの生活を組み立てなおしたこと。あらゆるサービスをつなげたり、食事の内容を検討したり、自分自身責任を感じることもありましたが、この経験によってソーシャルワークの様々な知識を身に付けることができました。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
答え福祉はとても幅広い業界で、利用者さんの支援にも様々な方法があります。自分にとって「これだ!」という仕事を見つけることも大事ですが、いろんな角度から利用者さんを見るためにも、たくさんの現場を経験し、たくさんの知識を身につけることも大事かと思います。

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

  • 福祉業界研究