若手職員からのメッセージ382

ほんの一瞬、迷っていたことの答えになるような子どもの成長が見えたとき、その瞬間が今の私にとってのやりがいだと感じています

Weekly福祉の星 永棹さん(社会福祉法人るんびに苑)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え大学生の頃、ボランティア先で関わった中学生の男の子がいました。週に1度、たった1年半の関わりでしたが、その子との日々が、福祉の仕事に対する漠然とした思いを決意へと変えてくれました

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
答え子どもたちと日常を共にする仕事であるため、深く、濃い関わりができる分、責任も大きく迷い悩む毎日です。そんな中で、ほんの一瞬、迷っていたことの答えになるような子どもの成長が見えたとき、その瞬間が今の私にとってのやりがいだと感じています

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
答え学園の子どもたちが叩く太鼓を初めて聴いたときです。他にも心に残る出来事はありますが、そのほとんどは言葉では容易に説明できません。私自身が体感したことだからです。そういった理屈ではないものを1つでも多く、子どもたちの中に残してあげられたらと思っています

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
答え人と関わる、さらに言えば人を育てる仕事に、絶対はないと私は思います。だからこそ、自分の人生経験がものをいう仕事であることを今まさに実感しているところです。福祉関係に限らず、様々な経験全てが糧になると思います。この業界を目指す方に素敵な縁があることを願っています

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

    • 福祉業界研究