若手職員からのメッセージ414

信頼関係を築き上げていくことが、やりがいです

Weekly福祉の星 渡邊さん(社会福祉法人乙訓福祉会)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え学生時代の実習先の一つが障がい者施設で、それまで障がいのある方たちと出会う場面が少なく“こわい”というイメージでしたが、実習の日を重ねるごとに“こわい”というイメージが全くなくなり、関わりが楽しいと感じました。 仕事は楽しくしたいという思いと、生きていく中で障がいのある方と関わりを深め少しでもお手伝いが出来たらと思ったことがきっかけです。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
答え利用者や職員含め、色々な人と関わることはとても楽しいことで、その中で信頼関係を築き上げていくことが、私にとってやりがいだと感じます。私自身を利用者に認識してもらう、覚えてもらうことや、その他にも色々と出てくる課題を一つひとつクリアしていくのは難しくて大変ですが、その大変さが楽しみ・やりがいでもあります。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
答え利用者に出来なかったことが出来るようになった場面はよく覚えています。夏休み中の利用でプールに行き、いままでは浅い場所で遊んでいたのが、深い場所で遊ぶようになり、徐々に職員の手も離れて一人で浮き輪を使い過ごせるようになったことには子どもたちの成長を感じ、とても嬉しかったこととして印象に残っています。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
答え楽しく仕事が出来ることが一番だと思います。職場の人や利用者とコミュニケーションをよくとり、笑顔いっぱいで自分らしく働ける場所を見つけてください。

 福祉の星 一覧に戻る