若手職員からのメッセージ420

私たち若い人材は今後の福祉を担う重要な存在であると思っています

Weekly福祉の星 宮崎さん(ディバイングレース株式会社)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え知的障害をもつ兄と生活する中で、障害をもつ人の暮らしをより良くしたいと 幼い頃から思っており、たまたま知り合いに障害者福祉の仕事を紹介して頂いたのがきっかけです。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
答え他の職員の方や社長と福祉について話し、これからの福祉を変えてゆきたい、 支えたいと思う瞬間に福祉をやるにあたって強くやりがいを感じます。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
答え利用者様を施設にお迎えに上がったとき、それまで顔を覚えてもらえていなかったり、冷たくされていたりしたのが変わって、寄ってきて挨拶して下さったり手を握ってきて下さったりするようになった時です。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
答え介護職員の高齢化や離職が進む中で、私たち若い人材は今後の福祉を担う重要な存在であると思っています。我々福祉に携わる人が社会の中で果たす役割は大きく、福祉によって日本社会は円滑にまわっていると誇りにも思っています。 一人でも多くの若い人材が福祉で活躍できることを心より願っております。

 福祉の星 一覧に戻る