若手職員からのメッセージ433

日々新たな発見の連続で自分をどこまでも成長させてくれる場だと思います

Weekly福祉の星 中井さん(社会福祉法人 向陵会)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え元々人が好きなので、人と関わることが出来て、更に誰かの役に立てるような仕事がしたいという想いからでした。障がい者分野に決めたのは、大学時代に所属していた障がい者施設でのボランティアサークルがきっかけです。障がいある方と関わる中で、これまでになかった新たな世界観に触れもっと知りたいと興味を持つようになりました。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
答え私が普段お仕事をする中で関わる利用者さんは、重度の障がいがあり、言語でのコミュニケーションが困難な方なのですが、自身が支援していく中で利用者さんがふとした瞬間に笑顔を見せたり、嬉しそうな仕草をされた時、この仕事をしていて良かったと思います。また支援を続けていくと、これまでにはなかった新たな発見があったりするのもやりがいを感じます。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
答え初めて自身の所属グループを訪れた時、ある利用者さんに自己紹介をしたのですが、後日その方の連絡ノートを見るとご家族の方から私のことを自宅で話されていたということが書かれていた時は嬉しかったです。(その方はトーキングエイドというコミュニケーション支援ツールを使ってお話されます。)自己紹介をした時、言葉での直接のやりとりはなかったので、伝わっているかどうか不安でしたがしっかりと伝わっており、コミュニケーションは言葉と言葉のやりとりだけではないのだと思いました。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
答え福祉のお仕事は、重労働等マイナスなイメージが強いと思います。確かに大変な部分もありますが、それ以上にやりがいが大きい仕事だと思います。人と人との繋がりの温かさを感じることができ、その繋がりから知る事、学ぶ事がたくさんあります。日々新たな発見の連続で自分をどこまでも成長させてくれる場だと思います。そんな刺激的で素敵な日々を皆さんも是非感じてみて欲しいと思います。

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

    • 福祉業界研究