若手職員からのメッセージ434

やはり一番は子どもたちの笑顔です

Weekly福祉の星 大井さん(社会福祉法人 京都基督教福祉会)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え子どもが好きであったことはもちろんですが、高校生の頃に保育園の子どもたちと関わる機会があり、そのときに出会った子どもたちが今の仕事をしているきっかけです。屈託のない笑顔で近づいて来てくれた子どもたちの姿が今の私につながっています。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
答え他の職種と比べると、何かをするとすぐに結果につながるということは少ない仕事ではありますが、保育園の生活やあそびの日々の積み重ねで子どもたちができることや頑張れることが増え、心や体が成長や発達していると感じた時にこの仕事にやりがいを感じます。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
答え年長児の子どもたちが卒園式で堂々と証書を受け取り、胸を張って歌やことばを表現している姿に心から感動し胸を打たれました。ほかにもたくさんの出来事がありますが、やはり一番は子どもたちの笑顔です。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
答え学生時代に学ぶ専門知識はもちろん重要ですが、現場で働いてから学ぶことの方がよりたくさんあると思います。やる気と熱意と自分の得意なことを武器に、対人援助の仕事に向かってください。きっと他の仕事では得られない達成感や充実感をたくさん感じることができると思います。

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

    • 福祉業界研究