若手職員からのメッセージ437

自分の持ち味を生かしながら働くことができると思い、この仕事を選びました

Weekly福祉の星 杉森さん(社会福祉法人 京丹波福祉会)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え以前から福祉業界に興味があったのですが、「福祉=高齢者・児童」というイメージでした。 そんな中、友人の勧めで障害者福祉の存在を知り、支援の中での作業を通じて、ご利用者の方とふれ合っていくというやり方が、自分の持ち味を生かしながら働くことができると思い、この仕事を選びました。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
答えご利用者の方々が楽しそうに活動されている様子を見た時に、この仕事でのやりがいを感じます。 支援している側にも、笑顔と元気を与えてくださるご利用者の存在が、お互いに支え合っているということを改めて感じさせてくださいます。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
答え外出行事でカラオケに行った時、普段はおとなしく口数の少ないご利用者の方が、ダンスしながら歌われているのを見た時です。 普段では見れない意外な一面があることに驚かされました。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
答え福祉には、どうしても暗いマイナスイメージがあると思います。 しかし多くの発見や楽しみがあるることもこの業界の魅力だと思います。 「福祉業界で働きたい!」という皆様の情熱を大切にして、この業界に就職していただきたいと思います。

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

    • 福祉業界研究