若手職員からのメッセージ448

人は自分の心の鏡だなと感じる事が日々あります

Weekly福祉の星 藤岡さん(医療法人 永原診療会)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え知り合いからのデイサービスの仕事を紹介された事がきっかけです。核家族では見えて来ない高齢者の生活を見るようになり、日々の不安や生活の不自由さを抱えて生きておられる事が分り、自分にも何か出来る事はないかと思うようになり仕事を始めました

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
答えお一人お一人の人生の終盤に関わらせて頂く仕事なので、その人らしく生活して頂ける為にはと言う事を第一に考えています。本人や家族から相談を受けて生活が少しずつでも改善し、笑顔が増えたり、前向きな目標が出てきた時に、この仕事をして良かったと思えます

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
答え人は自分の心の鏡だなと感じる事が日々あります。苦手意識があると相手も心を開いてくれませんし、嫌だと思う態度は相手に見透かされます。そんな色々な経験を乗り越えて、心から想いに寄り添った時には「ありがとう」「あんたに会えて良かった」と言って迎えて下さったりします。閉じ籠りだった女性に手紙を書いた事がきっかけでデイサービス利用に繋がり「うれしかった」と言って頂いた時の笑顔と涙は、今も私の心の中にあります。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
答え今後の高齢化で支援を必要とする方はどんどん増えます。それぞれの人生に関わらせて頂く仕事なので、日々勉強で答えはありません。この業界は『きつい』イメージがありますが、多くの人生の先輩から教えて頂く事も沢山あり、また人を笑顔に出来る仕事でもあります。興味がある方はどんどんチャレンジして下さい

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

    • 福祉業界研究