若手職員からのメッセージ463

常に学ぶ姿勢や自己研鑽が求められます

Weekly福祉の星 平田さん(社会福祉法人 京丹波福祉会)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え大学で福祉を専攻しており、そこで学んだことを人の役に立つように活かしたいと思い、この仕事を選びました。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
答えご利用者にとって日々の作業や活動が、生きがいにつながるよう支援しており、作業後などに「今日の作業楽しかった!」などの言葉を聞くと、とてもやりがいを感じます。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
答え丹波地方の名産である黒豆の植え付けや収穫を、地元の小学生の体験学習で一緒に作業できたことが心に残っています。 ご利用者も楽しそうに作業されとても良い交流会になりました。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
答え高齢社会や障害者差別解消法の施行に伴い、今後ますます福祉ニーズが高まります。 したがって、常に学ぶ姿勢や自己研鑽が求められ、自信を向上させていかなければなりません。それらを成長の糧とし、日本の未来を支えていっていただきたいと期待しています。

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

    • 福祉業界研究