若手職員からのメッセージ470

人の人生の1ページに、自分が関われるなんてとても素敵なこと

Weekly福祉の星 生井さん(社会福祉法人 聖ヨゼフ会)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え知的障害者施設で施設実習を行った際に、関わった利用者の方々のとても楽しそうで生き生きした様子やスタッフとの関係性に好感を持ち、また、実習担当スタッフから伺った障がい者支援のあり方・心得にとても感銘を受け、障がい者支援に携わりたいと思いました。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
答え支援者の支援のあり方一つで、利用者の持つニーズがプラスに働いたときにやりがいを感じます。その分、その方にとっての支援が、本当に正しいものか方向性は間違っていないか等常に考える必要もあり、やりがいと同時に責任も強く感じます。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
答え様々なニーズを抱えた利用者を担当させて頂いた時、まだラポールの形成もできおらず、最初はこちらの支援が全く入らない状態だったのですが、時間をかけてラポール形成を行い、徐々に心を開いてくれるようになり、ニーズも少しずつ改善され、ご本人様も明るく社交的になっていく姿をみて、自分の支援は間違っていなかったと自信を持つことができました。その成功例があってこそ今福祉の仕事にやりがいと生きがいを持って取り組めているのだと思います。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
答え福祉の仕事は「大変」とよく言われます。もちろん世間一般的に言われる「大変なこと」もありますがそれ以上に「やりがい」が多くある仕事です。人の人生の1ページに、自分が関われるなんてとても素敵なことだと思います。最初に感じる「大変」を乗り越えた先に、きっと人と関わることの素晴らしさを感じられる仕事だと思いますので、ぜひ自分なりの楽しさ・やりがいを見つけて頑張ってください。

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

    • 福祉業界研究