若手職員からのメッセージ54

Weekly福祉の星 上川さん(社会福祉法人 京都社会事業財団介護老人福祉施設 にしがも舟山庵)

※法人情報はこちらからご覧ください

Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え新卒で別分野のメーカーで営業をしていた頃に、物ではなく人に関わる仕事がしたいと思い、色々と調べていく中で「社会福祉士」という人と人とを繋いで支援をしていく仕事の存在を知り、これだと感じてからは、一直線で福祉の仕事を目指していました。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
A高齢者施設で勤務しており、その人の人生の最終場面に関わらせて頂くので、貴重な時間を預けて頂いている分、責任感や大変なことも多いですが、その反面チームとして一丸となり、ご本人やご家族の気持ちに添った支援ができて、喜んで頂けた時は、やってて良かったとやりがいを感じます。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?
A福祉業界に就いて一番初めの日に、ボランティアさんと入居者の方が一緒に歌を唄うという行事がたまたまあり、懐かしい歌を聞いて唄っておられる内に、涙を流される入居者の方がおられ、その時の情景というのが今でも心に残っています。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
A「福祉の仕事をなぜ目指そうと思ったのか」という最初の想いを忘れず、その気持ちを大切にして私は仕事をしています。また、自分自身の経験というのも活かせるので、仕事以外でも趣味や勉強など、色々なことに興味を持ちチャレンジして支援につなげてもらえたらと思います。

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

  • 福祉業界研究