若手職員からのメッセージ57

Weekly福祉の星 下林さん(社会福祉法人福知山学園)

法人情報はこちらからご覧ください
Q1.福祉の仕事を選んだきっかけは?
答え高校の頃、福祉系のクラスに進み介護福祉の勉強を学んだことがきっかけで、高齢者福祉や障害者福祉について興味を持ち始めました。そして将来は高齢の方や障害のある方に関わる仕事をしたい、何か自分でも役に立てる仕事をしたいと考えるようになりました。又、元々は高齢者施設で働く母親の影響も大きかったと思います。

Q2.福祉の仕事で感じるやりがいは?
A入所利用児童の成長する姿が間近で見られることです。今まで出来なかったことが少しずつ出来るようになったり、毎日の過ごしの中でも今まで見たことない表情や姿を見せてくれた時にはとても嬉しく、この仕事をしていて良かったと思う瞬間です。

Q3.今までに一番心に残っている出来事は?

A職場のご利用者や職員みんなで前の仮園舎に引っ越しをしたことです。今まで自分自身の引っ越しの経験はありましたが、ここまで大きな引っ越しは初めてで、環境が変わる事への不安や新しい生活がスタートする楽しみをご利用者や職員と一緒に共有し経験できたことが嬉しくとても印象的でした。そしてまた、3月には新しい施設への引っ越しをしました。新しい施設での生活を想像したり、ご利用者と引っ越したらやりたいこと、楽しみにしていることなどを日々話してイメージを膨らませていたことが印象的です。

Q4.これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

Aやってみたいこと、興味のあることにはどんどんチャレンジしてみて下さい。その中で本当にやりたいこと、自分らしさが出せる職場を見つけていって欲しいと思います。新しいことを始める時の不安は大きいですが、その分の経験が自分の自信や成長に繋がると思います。

 福祉の星 一覧に戻る

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

  • 福祉業界研究