福祉業界のキャリアパス

福祉の仕事では、志向や資格、ライフサイクル等によって、さまざまな経験を積むことができます。
プロとして、利用者さんと関わり続けることも、管理職になって、さらに質の高い施設を作る役割を目指すことも可能です。
将来性の高い環境で「なりたい自分」を実現できる福祉業界のキャリアイメージとして、高齢者施設の一例をご紹介します。

新任クラス(入職から1年程度)

基本的な介護業務は一通りこなせるレベル。少し難易度の高い業務は、上司や現場リーダーの指示を受けます。

日常生活の援助や、排せつ・食事の介助、付き添いなど、簡単な介護が仕事の中心。介護のプロとしての自覚と、利用者さんとの信頼関係が、ステップアップへの課題です。

初級クラス(入職1年から3年)

難易度の高い介助や、サービスの質向上も考えられるレベル。予想外の出来事にも、上司に正確な報告をし、冷静に対応します。

介護・福祉の仕事にやりがいの芽生える時期。新任クラスへの指導も行います。実務経験を3年積めば、国家資格『介護福祉士』の受験も可能。さらなる専門性を追求できます。

フロアリーダー(入職3年から5年)

一般企業では「主任」に相当。新任・初級クラスのスタッフを引っ張る、現場の中心的な存在。責任もやりがいも十分です。

幅広い介護技術と経験を問われるので、国家資格『介護福祉』の取得を推奨。現場の意欲を高めることや、ユニットリーダーなど、管理的な仕事も任されます。

指導職クラス(入職5年から10年)

一般企業では「課長」に近い位置。リーダーの育成や管理、組織運営に関わる業務、人員管理などに関わります。

現場では最高の職位。書くリーダーへの司令塔として、部門・事業所全体に適切な指導を行います。この後、適正や資格によって、相談員やケアマネージャー、管理職などの道が開けます。

管理職クラス

人員の配置や施設管理など、組織運営全般を担当。経営への参画、部門への通達や職員教育、業務改善に関わります。

現場の上に立ち、全体としての意志決定に関わります。法人・企業の理念に基づき「人とお金をどう動かす?」「よりよい組織の作り方は?」といった経営者の視点が必要です。

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

    • 福祉業界研究