宣言事業所への支援

若者は、就職先を選ぶ際に自分を成長させてくれる環境が整っていることや、夢のある未来を描けること、プライベートや育児と両立しやすい職場であることなどを求めています。 認証制度では、宣言事業所を対象に、若者が魅力に感じる職場づくりの支援をしています。そういった事業所が増えることで、福祉業界が若者にとって、魅力ある業界になることを目指しています。

1 京都府の支援を活用した宣言から認証までの流れについて

2 支援の詳細について

1.【京都府事業】コンサルティング・研修

実施:株式会社エイデル研究所(京都府事業受託会社)

対象 きょうと福祉人材育成認証制度の宣言事業所
 受講料 受講料・コンサルティング料:無料(京都府が負担します)
内容 認証制度の宣言事業所を対象に、認証基準を満たす取組を支援するために、研修・コンサルティングを受けていただけます。
(メニュー:認証スタートアップセミナー、個別相談会、集合コンサルティング、階層別研修・育成スキルアップ研修)
詳細 認証スタートアップセミナーのご案内・申込書(PDFファイル)
支援メニューのご案内(PDFファイル)
支援メニューの申込書(PDFファイル)
申し込み
問い合わせ先
京都府福祉人材サポートセンターコンサルティング事業部門/株式会社エイデル研究所 京都支社内
電話: 075-253-0201
FAX: 075-253-0204
メール:  okamura@eidell.co.jp (担当:岡村)

2.【福祉人材・研修センター事業】社会福祉研修

 受講料・内容 各研修により設定
申し込み
問い合わせ先
社会福祉法人 京都府社会福祉協議会
電話:075-252-6296
FAX:075-252-6312

 研修・コンサルティングを受けた事業所職員のアンケートより

法人内の制度について 見直す良い機会になった。整備しなければいけないことが明確になった
認証制度に参加することで、様々なことを整理するきっかけとなった。新しく採用する職員にも安心できるようにしたいと思う
認証制度は今後の採用はもちろん、現在働いている現場職員のために必要であると感じた



◆きょうと福祉人材育成認証検討の経過はこちら(リンク京都府公式ウェブサイト)

 

    • きょうと福祉人材育成認証制度認証事業所検索
    • イベントスケジュール
    • ウィークリー福祉の星

  • 福祉業界研究