先輩インタビュー~福祉の星~

家事や育児との両立はできる?

当法人は子育て世代の職員が多く活躍しており、同年代の職員が多くいます。 子育てをしながらの仕事は非常に難しいように感じるかもしれませんが、そんな事はありません。私も5歳になる息子を保育園に預けながら仕事を続けていますが、夫と協力し、また時には両親や職場の同僚に助けてもらいながら、子どもの成長をみんなで一緒に喜びながら、育児と仕事を楽しく両立することが出来ています。 さらに、私の場合は日中だけでも家事や育児と離れ、「いち社会人」として多くの人と関わり、イキイキと働けていることで、家庭で過ごせる時間をより一層、大切に感じることができていると考えています。

齋藤さん(医療法人 清水会)

家事と仕事を両立させるには、常に「良い加減」を心掛けています。可能であれば両方、完璧にするのがベストと思いますが、それにより無理が生じてストレスをため込むことに。自分や家族だけでなく、仕事をする上でもストレスは大敵。仕事は楽しく♪家庭では笑顔で過ごす為には、どんな時も適当な意味の「いい加減」でなく「良い加減」を心掛けています。

上田さん(社会福祉法人 亀岡市社会福祉協議会)

5人の子育てをしている私は、子供の病気や怪我で出勤出来なくなることが多々あります。日々の育児に疲れ、心が折れてしまいそうになることもあります。なごみの郷では、上司や仲間の理解が深く、支えられていることを感じています。急な休みにも対応してくださり、休み明けも温かく迎え入れてくれます。また、ご利用者から様々な経験を伺うなかで、子供たちの看病や育児に自信を持たせてもらえることも多いです。その得た自信により、仕事に前向きにのびのびと取り組めているようにも感じています。

亀本さん(社会福祉法人 大山崎町社会福祉協議会)

家事や育児との両立はできます。現在、3人の子供(9歳・7歳・5歳)を育てながら仕事をしています。 保育園の送迎で時間に追われたり、大変なことはありますが、同じような状況の方々がたくさんおられるのも介護職の特徴だと思います。そのため勤務時間など、皆と協力し助け合うことができるので両立はできます。

寺田さん(医療法人 三幸会)

現在、登録ヘルパーとしてパートタイムで働きながら、家事と仕事を両立し頑張っている最中です。産後すぐの仕事復帰は不安も大きかったですが、ビハーラ十条には事業所内保育があるので、まずは短時間から仕事を始めていき、身体を慣らしていくことができました。家庭を大事にしたい人、仕事も家事もこなしたい人、色々な人に対応してくださっているので、無理なく働くことができています。

世古口さん(社会福祉法人 十条龍谷会)

 結婚して、高3・小4・小3・小2の4人の子供がいます。私が働いている老健の入所施設では早番、日勤、遅番、夜勤とありますが、子供たちの学校行事や小学校のPTAの本部役員の仕事、習い事などの予定に合わせてシフトを調整してもらっているので、子供たちと触れ合う時間も確保できています。家事は遅番の時はその前に晩御飯の下ごしらえをしたりして、時間を有効に使い、家族(特に主人)にも手伝ってもらい、少し手を抜けるところは抜いて、頑張りすぎないことをモットーに日々の生活を送っています。夜勤を始める前は不安でいっぱいでしたが、夜勤明け、子供たちがお風呂を沸かしてくれていたり、今までにない幸せなことがいっぱいあります。

村田さん(医療法人 健康会)

3人の子供がおり、3人目が8ヶ月のときに入職し、これまでに子供の行事や体調不良で休みことはありました。子供が急に体調を崩したときは、業務や勤務調整を してもらい他の職員の方にフォローで休みが取れて、とてもありがたい環境です。 一人一人のワークライフバランスがより良くなるように考慮されていて、他の子育て中の職員も家事と育児とのバランスが保てています。

疋田さん(社会福祉法人 アイリス福祉会)

共働きで、家事はある程度分担しています。私は主に食事と掃除担当です。未就学児が3人おり、出勤前も帰宅後もバタバタとしています。それでも、仕事の段取りをある程度個人に任せられているので、家事や育児との両立は比較的しやすい仕事だと思います。もちろん、急な訪問の予定が入ったり早急にサービス調整が必要となることもあります。また、研修も数多くあり、休日や夜に参加しなければいけないこともあるので、妻に任せることもあります。毎日忙しくはありますが、手伝ってくれる子どもを見ながら成長を感じる毎日です。

渡辺さん(有限会社 オハナ)

色々な方々の理解、協力を得て両立できています。子どもは急に体調を崩すこともありますし、病気によっては1週間休まないといけなかったこともありました。上司を含め周りの職員の方々は誰一人嫌な顔をせず、復帰すれば「大丈夫だった?大変だったね」と心配の言葉をかけてくれます。また、子供のことや、家事と仕事の両立、自分の時はこうだった等の経験を交えてアドバイスをしてくらます。 自分を取り囲む環境や施設の仲間に支えられ、両立できるのだと日々感じています。

湯浅さん(社会福祉法人向日春秋会)

家族の協力があるからこそ両立ができていますが、家事と育児を100%完璧にこなすことは難しいです。でも頑張りすぎず、今の私にできる精一杯のことをしています。時には手抜きして明日は頑張ろうと決めています。また、職場の方の理解があるからこそ仕事・家事・育児に両立を続けることができています。すべての人にすべてを理解してもらうことは難しいかもしれませんが、日頃からやるべき仕事はきちんとこなし、コミュニケーションを取り、信頼関係が築けているからこそ、職場の仲間と協力し助け合えるのだと思います。

福井さん(社会福祉法人 堀川健康会)