先輩インタビュー~福祉の星~

家事や育児との両立はできる?

小学生の子供がいるため、夜勤の時などは、母に手伝ってもらっています。子供の学校行事は、職場に休みを調整してもらい行っています。
介護と同じく正解がないのが家事と育児ですが、私としては身内の協力と職場の理解を得ながら両立できていると思っています。この仕事を始める前、夜勤の夜は一緒に居てあげられなくて、子供に寂しい思いをさせてしまうのではないかと不安でしたが、今では「いってらっしゃい。何か困ったことがあったら電話してね」と笑顔で送り出してくれています。

上原さん(社会福祉法人 京都社会事業財団 介護付有料老人ホーム ライフ・イン京都)

頼る家族や親族がいない場合は、どの職業でも難しいのではないかと思います。行政サービスや子育てサポート等を活用する選択肢もありますが、相応のコストがかかりなかなか利用できない事が多いです。また、共働きの家庭ではお互いに協力し合って行かないと家事と育児の両立は難しいなと、子供ができてからより一層に感じます。

木戸さん(社会福祉法人 浄山会)

働き始めた頃、息子は保育園に通っていたのですが、体調を崩してよく保育園から電話がかかってきました。早退やお休みをいただくこともありましたが、職場の方々が理解してくださり、働きやすい環境だと思いました。子どもの小学校入学を機に、一旦仕事を辞めましたが、時間に余裕が出てきたため2年後にまた同じ職場で働いています。私の職場では休み希望を優先してもらえるので、学校行事や子どもの習い事など休みやすく、働きやすさを感じています。

永田さん(ヤマト 株式会社)

両立できます。私が働いている通所リハビリ(デイケア)では、女性スタッフ全員が子ども(0歳児からもう大人まで)がいるお母さんです。そのため新米ママさんが、先輩ママさんに育児の悩み事を相談してアドバイスをもらったり、しんどさをも分かち合えたりしています。 子どもの学校行事があるときも、子どもが病気になり急遽休みを希望したときも、気持ちよく休めます。 みんなで助け合って働いています。

野村さん(医療法人同仁会(社団))

夫婦共働きで4歳と1歳の息子がおります。育児に対し理解のある職場で、子供が熱を出したり、ケガをしたと連絡があれば「早く迎えに行ってあげたら」などと温かい言葉をかけて頂いています。また、残業が少ないので、夕食を作ったり、子供とゆっくりお風呂に入る時間も作れているので、ありがたいなと感じています。

小室さん(社会福祉法人 健光園)

「子どもが育ち生活スタイルが変わりできるようになったら、休みや勤務時間の協力をしてもらえればいいよ」「他の職員さんの時もそうしてたよ」と言ってくださいました。私には、小学2年生と保育園年長の男の子の子育てをしており、園や学校行事への参加や急な休みにもフォローして頂いています。仕事の日は、簡単なご飯にしたり、家事を手抜きして子どもとの時間を作ったりしています。家族の理解と協力もあり両立できています。

塩島さん(社会福祉法人 倣襄会)

現在未就学児2人の子育て中です! 1人目の妊娠前から現在の職場に勤務しており、産休・育休後、復帰の度に「以前と同じように動けるかな?」と不安に感じました。今日まで続けてこられたのも、職場のスタッフが、復帰の度に温かく迎え入れてくれたからだと感謝しています。出産後は、短時間勤務制度を利用しているため保育園へのお迎えにもいけ、何とか家事や育児との両立ができています。また、職場には同じ子育て世代のママさんやパパさんも多く、育児のことや仕事のことなど気軽に相談できるのも仕事を続けやすい魅力のひとつと感じています。

三島さん(医療法人 稲門会)

私には2歳になる息子がいます。家事や育児との両立はできています。当法人では、休日が月10日あり、年間にすると120日、別に年次有給休暇の積極的な取得が推奨されています。そのため家事と育児はもちろんのこと、家族で旅行に行ったり、今年の夏にはプールに何度も行ったりすることができ、家族と過ごす時間を十分持つことができています。もしかしたら、皆さんの中には、介護に対して、「きつい」「過酷」という印象を持っておられる方が少なくないかも知れません。ですが、だからこそ、この業界は働きやすい環境をととのえ、そんな職場にシフトして行っているのではないかと感じます。私自身のことを言えば、家事や育児の両立において、とても良い環境があります。

馬淵さん(一般財団法人 日本老人福祉財団)

結婚してからは妻との共働きでお互いに同じ割合で家事をしています。掃除、洗濯、料理、買い物や家事として声が上がりにくい“見えない家事”…と、仕事が終わって自宅に帰ってからもやることは沢山ありますが、問題なく両立できています。もちろん家では妻との協力があってこその形で両立できていますが、今の職場は残業が少ないことと、時間休や有給休暇が取りやすいので育児をしていても安心できるのではないかと思います。

吉田さん(社会福祉法人 京都育成の会)

両立は可能です。無理なく、お休みを頂き、子供の体調不良にも対応して頂いています。子供達が宿題や課題を頑張っている時は、私も介護の知識を増やせたらと、一緒に勉強しています。ママも勉強している姿を見せる事もでき、お互いを高めあっています。

前田さん(京都生活協同組合)