先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事を選んだきっかけは?

母に視覚障害があり、中学生くらいの時に障害のある人たちを支える仕事に就きたいと思いました。 また、中学校の『職場チャレンジ体験』で認知症の方のグループホームでの仕事を体験し、最終日に利用者の方から「あんたは明日からこーへんのか。さみしくなるな」と言われ、記憶力が弱くなると言われる認知症高齢者の方に自分のことを覚えてもらえたこともきっかけになっています。

川上さん(社会福祉法人 修光学園)

私は一度他職種で働いておりましたが、その際、お客様という表面上の関わりがどうも自分にあっていないのではないかと感じておりました。そのときテレビ等で福祉業界の話題を見て、この職種なら人と深く関わるのではないと考え転職を考えました。 しかし、命に関わる仕事である為、まずは知識が必要なのではないかと私は専門学校に通うことにしました。

杉村さん(社会福祉法人 積慶園)

私の祖父が以前ケアハウスを利用していたことがありました。会いに行くといつも笑顔で、職員にも「ありがとうな」と話しかけている祖父を見て、福祉の仕事に魅力を感じたのがきっかけです。

平井さん(社会福祉法人 博愛福祉会)

高校で福祉について学び、地域の施設の見学や実習に行っておもしろいと感じたからです。 特に実習の際、ご利用者について真剣に話し合ったり、ご利用者と一緒にレクリエーションを楽しむ職員さん達を見て、やりがいのある仕事だと感じたことが大きかったです。 また、祖父の介護をしていた祖母の姿を見ていたので、自分も力になりたいという気持ちが背中をおしてくれました。

徳田さん(社会福祉法人 あしぎぬ福祉会)

元々は、短期大学で幼児教育を専攻していたのですが、保育実習の一環として障害者施設へ行ったのが、福祉を目指すきっかけとなりました。私の実習先は自閉症を専門とした施設で、様々な特性をもつ利用者と出会い、その心の素直さ、個性的な表現力に強く惹かれ、当直のアルバイトを経て就職しました。今でも大好きな場所です。 高齢化などで医療が必要となると施設退所するケースも有り、医療と福祉を提供できる花ノ木でさらに勉強したいと思い花ノ木に転職しました。

飯田さん(社会福祉法人 花ノ木)

私は小さい頃からお年寄りの方が好きでした。祖母がリハビリに通っていることもあって福祉の仕事について知り、仕事に就いてみたいなと思っていました。 高校生のとき、進路を決める際に、友人に福祉の仕事に就くことを相談したら、「福祉の仕事は3K(きつい・汚い・危険)と言われているほど大変だ、続けていけるのか?」と言われて、福祉の仕事に就くか悩みました。しかし、当時していたアルバイト先にお年寄りの方が来ることが多く、その方たちと接していると、やはり自分がやりたい仕事に就きたいと思い、福祉の仕事に就くことを決めました。

中上さん(社会福祉法人 成相山青嵐荘)

もともと人と接する仕事をしたいという思いを持っていました。学生時代に様々なアルバイトを経験する中で、もっと時間をかけてお客様と関わりたいと思っていました。福祉の仕事は一人ひとりとじっくり関わることができると思ったのが、この業界を志望したきっかけです。また福祉の知識は仕事以外の自分の生活にも関わることだと感じ、仕事を通じて学びたいと思ったことも理由のひとつです。

丸谷さん(社会福祉法人 伏見にちりん福祉会)

学生時代は保育士を目指していましたが、現在の職場で実習をさせていただいた際に障害者支援というものに興味を持ち始めました。そこからボランティアを経てアルバイトとして働く中で、利用者の方一人ひとりの特性に合わせ、援助の仕方を工夫することで利用者の方の可能性を広げることができる支援員という仕事に魅力を感じました。また、これまでは「障害者」は自分とは関係ないと思っていましたが、障害のある方やその家族の大変さやしんどさを直に感じ、社会的弱者と呼ばれる方々が普通に生活できるような社会に変えていきたい、少しでもそのような方々の助けになりたいと考え、実習のときからお世話になっている現在の職場に就職することに決めました。

平塚さん(社会福祉法人 京都育成の会)

学生時代の実習先で、知的障害を持つ利用者の方々と関わりました。自分の思いを素直に伝えられ、まっすぐな気持ちを向けてくださる利用者さんに、私自身一緒に過ごしていて楽しく、何かお役に立てることをしたいと思うようになりました。障害福祉に漠然と興味を抱いていたところ、実習を担当してくださった職員さんが、「私が利用者さんを支えているなんて思ったことはない。私の方が利用者さんにたくさん支えられている」とお話を聞かせてくださいました。職員さんの支援に対する姿勢と、その時のキラキラした表情に、“こんな人になりたい!”と胸を打たれたことがきっかけで、障害福祉の仕事を目指すようになりました。

松本さん(社会福祉法人 みねやま福祉会)

福祉の仕事というざっくりしたものを知ったのは、小学生の時でした。学校に視覚障害のある方が講演に来られ、その方のサポートとして一緒に来られていた方を見て、こんな仕事があるのかと思ったのがきっかけでした。

名倉さん(社会福祉法人 松花苑)