先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事を選んだきっかけは?

小学6年生の時に音楽発表会で訪れた高齢者施設での利用者さんの活き活きした笑顔や、職員さんが楽しそうに仕事をしている姿を見て、自分もこの職員さんみたいに楽しく仕事がしたい。しんどそうな仕事なのにどうしてみんな笑顔で働けるのだろう?と、介護という仕事を良く知りたいと思ったのがきっかけです。

平田さん(社会医療法人 美杉会)

当施設のインターンシップに参加したとき、優しい雰囲気を感じ、その中で私も働きたいと思ったからです。多くの方の笑顔で溢れ、生き生きとした環境は、私が働く上で大きなエネルギーになり、頑張れる源になると思いました。そして、その力でより多くのご利用者様を一人でも多く笑顔にしたいと思ったのも、福祉の道を選んだきっかけの一つです。

緒方さん(社会福祉法人 青谷学園)

小学1年生から野球をはじめ、中学・高校と野球を続けていました。野球を通じていろんな方々と出会い応援をしていただきましたが、目標にしていた甲子園出場は叶いませんでした。たくさんの声援をいただいた自分に、「何ができるだろうか?」「どう恩返しをしていくか?」を考えた結果、福祉という道を選択しました。

小谷さん(社会福祉法人 美郷会)

私は子供の時に祖母・祖父以外にもたくさんの高齢者の方のお世話になったので、これからは恩返しがしたくて、福祉の仕事を選びました。

西川さん(医療法人 健康会)

学生時代、実習やボランティア活動、アルバイトなどの経験を通して、多くの高齢者の方からご自身の体験や生活歴などを聞かせていただける機会があり、そこから自然と介護という仕事に興味を持つようになりました。高齢者の方は私より何倍もの長い年月を生きてこられ、その中で様々な経験をされています。その中には、時代背景も違い現代では想像もつかない体験や、時にはドラマのような偶然の出来事などもあります。それらを踏まえた上で、その方の今の生活があるという思いは今も変わらず持ち続けています。

清末さん(アーバンスタイルケア株式会社)

僕が福祉の仕事を選んだのは、大学の社会福祉士の実習での経験が一番のきっかけです。大学に進学する際には、何の気なしに社会福祉学部に入り、周りの友達が社会福祉士のコースに進んでいたから、自分も流されて進んでいたような気持ちでした。その頃までは、自分が福祉の世界に入るなんていうのは、微塵も思っていなかったです。しかし、大学3回生の際に、社会福祉士の実習で社協に行かせていただき、そこで地域の住民さん達と共に、自分達の住む地域を良くしようと駆け巡る社協ワーカーの姿を見て、「カッコいい」「面白そうだ」と感じ、福祉の仕事を目指すことになりました。

竹本さん(社会福祉法人 福知山市社会福祉協議会)

以前は、他の施設の事務職員として働いていました。私自身、初めから介護の仕事を目指していた訳ではありませんでした。しかし、介護福祉施設の事務職員として、介護職員のサポートとして、介助の手伝いをするにつれて、『自分自身が直接、利用者の力になれないだろうか』という思いが強くなり、介護について知識・技術を学びながら介護職として、特別養護老人ホーム、通所型知的障害者施設に勤めてきました。

吉田さん(社会福祉法人 大山崎町社会福祉協議会)

この仕事を選んだきっかけは私の祖父です。昔から祖父は体が悪く入院していることがほとんどでした。当時、私はなかなかお見舞いにも行けず、会えなくなってからすごく後悔しました。その時からもっと人に関わって手助けできる様な仕事に就きたいと思い介護という職業を選びました。

嶋田さん(医療法人 回生会)

元々は飲食店で働いていました。自分には無縁だと思っていましたが、母親が福祉の仕事をしており、話を聞いているうちに自分には出来ないと思っていたのが、少しずつ興味を持ち始めたのがきっかけです。資格を取りに行き出して勉強するうちに、おじいちゃん、おばあちゃんに長生きしてほしいと思い、福祉の仕事で働いてみたいと強く思いました。

赤川さん(株式会社 ツクイ)

学生時代は保育士をめざしていましたが、実習先の知的障害者施設で、職員が一人一人の個性に合わせて柔軟に対応されていました。そのプロフェッショナルな姿に感銘を受けて、知的障害者の支援員としてのキャリアを進むことを決めました。

井上さん(社会福祉法人 京都育成の会)