先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事を選んだきっかけは?

私は、昔から子どもと関わることが多かったため、高校生頃に子どもと関わる仕事をしたいと思い、専門学校に行きました。しかし、実習先でお世話になった生活介護事業所である利用者さんが私といる時に楽しんでいる姿を見た際に障がいのある方と関わる仕事がしたいと思うようになり、今の事業所で働かせてもらうようになりました。

森下さん(社会福祉法人 やましなの里)

元々、祖父・祖母が好きで高齢者と接する仕事を探そうと思って福祉フェアに参加し、ビデオや説明会を聞いて「楽しそう、やってみたいな」と思い福祉の仕事を選びました。

小野さん(医療法人 健康会)

私が大学で理学療法士について学んでいたとき、4回生の総合実習で高齢者の方と関わりを持ち、自分が失敗した時や困っている時に笑顔で励ましのお言葉を頂きました。また、利用者様が帰られる時に笑顔で「さようなら」や「また明日ね」と言って下さりとても元気が出ました。その時、将来高齢者施設で働き、今度は私自身が利用者様に笑顔を与え、元気になって頂きたいと強く感じました。

廣岡さん(社会福祉法人 芳梅会)

私は学生の頃から福祉分野に興味を持ち始め、大学では社会福祉学部に所属していました。大学時代には、様々なボランティア活動やアルバイト等を通して、高齢・児童・障害分野に関わらせていただきました。それらの経験の中で、福祉の仕事は、直接人と関わる仕事であり、自分の行動ひとつでご利用者の方々の生活が大きく変わるため、とてもやりがいのある仕事だなと感じ、高齢者福祉の仕事を選びました。

菊山さん(社会福祉法人 同和園)

私は小さい頃に通っていた幼稚園の先生に憧れてこの仕事を選びました。今でも先生の素敵な笑顔や楽しかった出来事は覚えています。

山本さん(社会福祉法人 優応会)

私はもともと保育士を目指していました。学校の実習で障がい者入所施設に行き、障がいのある方と関わり、福祉の世界を知りました。また、現在働いているところでアルバイトをしていたのが福祉の仕事を選んだきっかけです。利用者さんに寄り添い、その方に合った関わりをしていくことが魅力的で、やりがいを感じました。そこから保育士ではなく福祉の仕事をしたいと思うようになりました。

高梨さん(特定非営利活動法人 暖)

元々私は子どもが好きだったこともあり小学校の先生か保育園の先生かのどちらかになりたいと考えていたのですが「教育」と「福祉」を比べた時、後者を選んだきっかけとしては、実習中に感じた「個に寄り添う時間の多さ」にあると思います。保育士という仕事の方がより子ども自身を見つめじっくりと時間を掛けてその子の人生を支える根本的な所を育めるのではないか、成長の瞬間に多く関われるのではないかと感じ、この仕事を選びました。

板倉さん(社会福祉法人 徳雲福祉会)

中学2年生の時に学校の職場体験で、デイサービスに当たり 3日間お世話になりました。食事介助、レクリエーション、外出(散歩)等を体験させていただき「ありがとう、助かりました」と多くの笑顔や声を頂きこんな素敵な仕事があるのだと思い、人の役に立つ仕事がしてみたいと福祉への道に進むことを決めました。

川崎さん(マイクロ 株式会社)

高校の時、重い荷物を運んでいる高齢者を助けてあげたことがあって、その人が私のような若者に助けてもらってうれしいととても喜んでくれた。人の手助けをしたことが、助けた自分自身をも心豊かにしてくれた体験が、福祉を志すきっかけとなった。

松本さん(社会福祉法人 成光苑)

九州で暮らす祖父母が晩年福祉施設に入居しました。最後までそこでお世話になり、数年前に二人とも他界しましたが、その間一度も会いに行けずじまいでした。祖父母はどんなふうに過ごしていたんだろう?知りたい!と興味を持ったのがきっかけです。いつも両親から「みんな良くして下さって穏やかに過ごしているよ」と聞いて私も誰かの大切な人を支える仕事に就きたいと思いました。

佐藤さん(社会福祉法人 端山園 ヴィラ端山)