先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事を選んだきっかけは?

高校生の頃、祖父の容体が悪くなり終末期になりました。自分では何もすることが出来ず、それから介護に興味を持ち、高校で福祉類型を選択し勉強し、現在の仕事についています。

古林さん(社会福祉法人 真愛の家)

大学時代、精神障がいに関する授業を受けた際に、誰しも起きる可能性があるものと知り、徐々に興味が湧いたため、精神障がいの方に関わる仕事がしたいと感じました。精神障害の方を支援する仕事をしていた頃に地域生活のしにくさを感じている方が多く、個別支援から地域支援に転換し、誰もが生活しやすい環境を整えたいと考えるようになり、地域の困りごとなどを地域の方と一緒に解決する社会福祉協議会で働きたいと思いました。

笠井さん(社会福祉法人 亀岡市社会福祉協議会)

私の家族が事故で身体に障害が残ってしまったことが福祉を意識したきっかけでした。 その後福祉の専門学校の存在を知って入学。実習で天神の杜へ来たことが、福祉への就職の決め手です。

我谷さん(社会福祉法人 長岡京せいしん会)

私が高校2年生の夏ごろ、父方の祖父が脳梗塞で倒れ左半身麻痺になり、高齢者施設でお世話になる事になりました。元々福祉関係の仕事に就きたいと思っていた所であり、その中で祖父の面会などで高齢者施設に行く事が多くなり、この仕事に魅力を感じ、介護福祉士を目指しました。

山下さん(社会福祉法人 大樹会)

祖父が認知症になり、家には帰らず公園で寝泊まりしていたことがありました。公園で遊ぶ子に枝をプレゼントしたり、徘徊したりと、当時小学生の私はその事で友達にからかわれたりしました。認知症であると知ったのは、祖父が徘徊途中に転倒して亡くなってからの事です。認知症の事をもっと知りたいと思い専門学校へ入学しました。あの時祖父が、私には枝ではなく毎回お菓子をくれていたのは、今思えば孫だと分かってくれていたのではないかな?と、思うようにもなりました。認知症の事をもっと知りたいと思い介護の分野に進もうと思いました。

田倉さん(社会福祉法人 京都社会事業財団 介護老人福祉施設 にしがも舟山庵)

中学校の福祉体験で現在働いている施設に来させて頂き、利用者さんと職員の距離が近く、皆さん楽しそうに過ごされている姿とがとても印象的でした。利用者の皆さんは様々な障害や疾病、ハンデを抱えていますが、まっすぐで優しく素敵なところがたくさんあり、その方たちが少しでも元気で楽しく過ごせるようサポートしたいと思い看護師としてこの道に進みました。  

平井さん(社会福祉法人 丹後大宮福祉会 あゆみが丘学園)

学生時代に、ボランティア活動に参加したことがきっかけで、「ありがとう」と感謝されたことにより、大変やりがいがある仕事だと気づきました。「相手と直接関わる仕事なので、心の暖かみを感じています。」又、超高齢化社会となり、これから30年近く成長していく分野の仕事であり、どんどんと求人が増えています。働き手不足の問題を解消する為の、最も社会で貢献できる仕事だと実感しています。人と直接関わる仕事は、自分らしさを発揮しやすく、「人の役に立てる事」や「人をしあわせに導くお手伝いをする事」を考えて行動したいとこれからも思います。

小林さん(社会福祉法人 富士園)

母親が介護の仕事をしており、話を聞いている内に「介護」という仕事を実際に自分の目で見てみたいと思い、中学生の頃に老人ホームへ職場体験に行きました。
入居者様と職員の方が常に笑ってお話をされていたり、お互いに「ありがとう」と何度も言葉を交わされている姿を見て、こんなに笑顔溢れる仕事はないと感じたことがきっかけです。

香山さん(社会福祉法人 長岡京せいしん会)

大学で福祉を専攻しており、学んだことを生かした仕事をしたいなと思い選びました。

小林さん(社会福祉法人 長岡京せいしん会)

小さい頃から祖父母に連れられボランティアに参加していました。祖父母の姿を見て自分も人の役に立ちたいと思ったのと、祖父が病気で介護が必要になり介護の勉強をしてみたいと思い介護の大学に進学しました。介護=病院のような場所と印象がありましたが実際見学してアットホームな雰囲気が決め手になり介護の仕事を選びました。

藤井さん(社会福祉法人 長岡京せいしん会)