先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事を選んだきっかけは?

自分の祖父母の世話をする親の様子を見ていて、自分にも出来るように学びたいと思い専門学校へ入学しました。 専門学校で学んだことが、実習で実際に行ってみると上手くいかないこともあり座学だけではなく経験も大事だと感じたことを今でもはっきりと覚えています。 そして、実習でスタッフさんやご入居者様と関わるなかでこの仕事をやりたいと感じました。

石村さん(株式会社 はぴねすさぽーと)

元々人の役に立つ仕事をしたいという思いをもっており、その中で人をサポートしたり支援する仕事に興味がありました。大学時代での施設実習が人との関わり方に対してや、自分の持っている価値観についていろいろと考える機会になり、面白さを感じてこの仕事を選びました。

佐伯さん(社会福祉法人 京都育成の会)

自分が今まで学んできた事を活かして、人の役に立つ仕事をしたかったからです。また就活時に行った自己分析や適性検査等の結果、人に接する職業が向いていたことも大きく影響しています。

岡治さん(株式会社 和道文化サービス)

私の祖母が入院していた時、週末は私が付添いをする担当でした。 その時にただ見守るだけでなく何かやってあげられないか…と思っていましたがそのまま祖母とは別れる事に。 その後仕事に就き、転職を考えた時にハローワークで、ヘルパーの資格が取れる事を知り、この道を選びました。

福田さん(特定非営利活動法人 音希)

身近な人が介護が必要となり、今後、私も何か役にたてないのかなと思ったのがきっかけです。 高校を卒業後、福祉の学校へ行き、勉強した事により、それまで以上に福祉の仕事に興味を持ちました。

間縞さん(社会福祉法人 グレイスまいづる)

これからの人生を生きていく中で「なにか資格を取りたい!!」と思い、色々と調べて介護福祉士の存在を知りました。 高齢化社会が進んでいく現状を考えると、この先どんどん注目される職種だと思いました。また、元々接客等、人と関わることが好きだったことがきっかけです。

山田さん(社会福祉法人 端山園)

私がこの職業に就いたきっかけは、私はおばあちゃん子でお年寄りと関わるのが昔から好きだったからです。また誰かの役に立てる仕事に就きたいと思っており、私の母も看護師だったので医療にも興味があり小さい頃はよく老人ホームに遊びに行っていました。もともとは看護師になろうと思っていたのですが途中で勉強が追いつけなくなり辞めてしまいました…。ですが、せっかく医療関係の勉強をしたのでなにか役に立てたいと思いこの職業に就きました。

関さん(社会福祉法人 緑寿会)

 以前デパート内で飲食業のサービスをしており高齢のお客様と接する機会が多くありました。普段はあまり関わらない高齢の方達と、お客様とサービスマンとしてではありますが関わりを持ち、「親近感」を抱きました。常連の方になると、こちらの状態も気にかけて下さり私の方が、安心し温かい気持ちにさせて頂いたことを覚えています。 しかし、高齢のお客様の中にはご飯を食べられた後「まだ注文の品がきていない」と言うお客様もおられ、その不思議な言動に「どういう事だろう?」と疑問を持ったこともあり、いつの間にか「高齢の方と関わる仕事」はどんなものがあるだろう、と考え始めました。

榎本さん(社会福祉法人 市原寮)

私は大学在学中に父親が亡くなり、そこから大学を辞めて就職することになりました。  自分の本当にやりたいことが見付からないまま、福祉以外の仕事をいくつか経験しましたが、そこでは決められたことを決められた通りにこなすだけで、正直なところ、あまりやりがいを感じませんでした。  そんな日々の中で自分が将来的に続けていく仕事というものを考えた時に、せっかく本気で取り組むのなら、やりがいと難しさを優先しようと思い立ち、人と人との距離が近い福祉の仕事を選びました。

三澤さん(ヤマト株式会社)

接骨院でアルバイトをしていた頃、高齢者の方と関わる機会が多く患者様に「孫のよう」と大変かわいがっていただきました。もともと、おばあちゃんっ子だったこともあり、「こうやって毎日、高齢者の方と一緒に過ごせる仕事があればいいな。」と思ったのがきっかけでした。

湯浅さん(社会福祉法人向日春秋会)