先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事を選んだきっかけは?

接骨院でアルバイトをしていた頃、高齢者の方と関わる機会が多く患者様に「孫のよう」と大変かわいがっていただきました。もともと、おばあちゃんっ子だったこともあり、「こうやって毎日、高齢者の方と一緒に過ごせる仕事があればいいな。」と思ったのがきっかけでした。

湯浅さん(社会福祉法人向日春秋会)

学生の頃、とくにやりたいこともなくダラダラとスーパーマーケットの店員をしていました。その当時からお客様に「ありがとう」と言ってもらえることがとても嬉しく、自信にも繋がりました。そして、就職活動の際に「ありがとう」と笑顔が溢れる職業とはなんなのかを考えました。色々あるとは思いますが、自分の性格に合うのではないかと、福祉の世界を選びました。

橋本さん(社会福祉法人 青谷福祉会)

介護の仕事に興味があり経験してみたいと思い、最初は派遣社員として入職し、知れば知る程奥深い介護の世界をもっと知りたいと思うようになり、現在は正職員として働かせて頂いています。

町田さん(社会福祉法人 和光会)

大学4回生の時に、母親が股関節を悪くし手術。その後、身体障害者手帳を発行することになりました。歩くのも杖が必要となり、いずれ歩けなくなるかもしれない、介護が必要になるのではないかと考えるようになりました。そこで初めて介護ということを考え、就職のタイミングも重なり、仕事をしながら介護を覚え、自分の家族に還元できればと思い、福祉の仕事を選びました。

森内さん(社会福祉法人 大樹会)

私には元々これといってやりたい事がなく、見つからないまま過ごす日々でした。ただ、人と関わる事は好きでアルバイトも接客業を中心にやってきました。そんな中で祖父が介護を受けるようになり、ヘルパーさんが自宅に来る姿を見るようになりました。家族が困惑する中で祖父と親しく接する事ができるヘルパーさんを見て、何が違うのかと興味を持ち飛び込みました。他にもきっかけはありましたが、見て感じた事が大きなきっかけになりました。

後藤さん(社会福祉法人 マイクロ福祉会)

中学生の頃から養護施設や病院へ慰問にたびたび訪れ、大人になってからは、それ以外にボランティアで、重度心身障害の方のお世話に通ったりと、知らないうちに福祉関係のことに関わってきました。しかし、仕事として福祉に関わったことがなかったので、人生最後の仕事は福祉関係の仕事をしたいとどこかでいつも考えていたように思います。採用してくださるとお知らせを頂いた時は、願いがかなったと嬉しかったです。

千葉さん(特定非営利活動法人 洛南福祉会JACS)

結婚してちょうど10年経った時にヘルパー2級の資格を取りました。 この10年間は専業主婦として家事と子育てに費やしてきました。ぼちぼちバイトをしようと思っていた矢先に、主人からこの資格を取るのはどうかと言われ人生で初めての資格。ゆくゆくは、自分たちの親の面倒を見る時に必要な知識だと思いこの仕事を選びました。

伊東さん(株式会社 サポート桂)

幼い頃から祖父と祖母と生活していた事が1つのきっかけでした。母子家庭であり母親と接する以上に比較的、祖父母と接する事が日常的でした。ずっと面倒を見てくれた祖父が脳梗塞の病気になり介護が必要となった時に初めて「介護」と言う言葉を知りました。その頃は中学1年です。祖父から「昔の人達が一生懸命頑張ったからこそ今がある。」とよく聞かされていたため、その人達に恩返しをしようと言う気持ちが自分を介護の仕事に就こうとしたきっかけでもあると思っています。

井口さん(明日香ケアサービス株式会社)

学生時代、祖母が認知症になり自宅で介護を行っていました。祖母の介護に関わったことで、介護の世界に興味を持ち、大学では福祉学部に入り、福祉・介護について学びました。福祉の勉強をし、知識を深め、実習で実際に施設へ向かいお客様とコミュニケーションをとることで、介護の楽しさを知り、この世界で働いてみたいと思い、福祉の仕事を選びました。

村瀬さん(株式会社 サクセスフルエイジング)

大学では養護教諭を目指して勉強をしていました。その中で「障がい」についての授業があり、学んでいく中で福祉業界に興味を持ったことがきっかけです。次第に養護教諭を目指したい気持ちよりも福祉業界で働いてみたいという気持ちが大きくなり、特に興味のあった障がい福祉の分野で働くことに決めました。元々人のためになる仕事がしたいと思っていたので、支援を必要としている方の力になることが出来る福祉という仕事はとても魅力的だと思います。

井上さん(社会福祉法人 京都ライフサポート協会)