先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事を選んだきっかけは?

大叔父の湯灌に携わった事が、福祉の仕事を選ぶきっかけとなりました。幼い頃に可愛がってくれた大叔父の最後の姿に触れた時、人の老いに向き合える仕事に就きたいと考えました。 接客・販売でお客様の前に立つ立場から、今度は陰となり縁の下の力持ちとして、社会にお役に立つ事が出来るのは福祉の仕事しか考えられないと実感しました。

大栗さん(医療法人社団 育生会)

はじめは福祉の世界に興味はありませんでした。ですが、4年ほど前に祖父に介護が必要となり、在宅介護をすることになったことで福祉に興味を持ちました。 就職を控え、説明会などで話を聞くうちに、福祉の世界の広さ・奥深さを知り、福祉の仕事に就くことを決めました。私たちの生活は様々なところで福祉とのつながりがあり、福祉の仕事を選ぶきっかけとなるかもしれません。

福田さん(株式会社キャビック)

私は、高校生のときに将来やりたい仕事がハッキリと決まっていませんでした。高校3年生の時に、職業適性診断を受ける機会がありました。それで、福祉の仕事が向いているという結果が出たので、福祉を学べる大学に進みました。学びを進めて行くうちに、福祉の対象となる人々は、社会的にマイノリティーの立場に置かれている人が多く、在日コリアンである自分と共通することが多いと気づきました。そこで本当に自分にふさわしい仕事なのだと自覚を持つことが出来ました。

呉さん(NPO法人 京都コリアン生活センター エルファ)

身内に介護を受ける者が出来たのがきっかけで、初めて福祉業界にことを考えるようになりました。要介護者が安心して生活するにあったって、身の回りのことを人に任せ、委ねることを知った時に、自分に何ができるか、自分に出来ることは無いのかと自問するようになり、福祉業界に飛び込む決心をしました。

池田さん(株式会社 かんでんジョイライフ)

昔、祖母をしばらくの間、介護していた時に感じた疑問から福祉のことを勉強したいと思い、福祉学科に入りました。  大学3回生になって就職先をどうするのか考えた際に高齢者施設に勤めるか、企業に勤めるか悩んでいました。  その時に介護実習で自分が書いた記録や発表したパワーポイントを見て、「やっぱり私はお年寄りと関わるのが好きで楽しかったな」と思い、福祉の仕事に就こうと思いました。

木全さん(社会福祉法人 十条龍谷会)

私は学生の頃に今の職場でアルバイトをしていました。理由は学校から近いからという簡単なものでした。現場に入る前は排泄・入浴介助など介護に対して汚いイメージがありました。介護に対して軽視していたと思います。正直アルバイトを辞めたら、この業界を離れるつもりでいました。そんな私がなぜ、福祉で働きたいと思ったのか。それは【やりがい】があったからです。その【やりがい】を見つけたのが今のデイサービスです。デイサービスでは職員全員がご利用者の暮らしの一部になるように努めていました。その先輩方の姿に憧れ、先輩たちに付いていく内に私もそう思えるようになれました。もちろん排泄・入浴介助はありますが、介助を終えた後のご利用者が申し訳なさそうに「ありがとう。」という姿に心を打たれたのも一つです。ご利用者の暮らしを支え、より良い人生の記憶に残れること、そんなことを誇れる職場だったからこそ、今の現場にいると思います。

二又さん(社会福祉法人 日吉たには会)

私が幼稚園に通っていた時の先生が優しく大好きで、私もそうなりたいと憧れたのがきっかけです。そしてボランティアや実習を経験する中で、保育者としてのやりがいなどを現場の先生たちから学び、保育者になりたいと強く思いました。 その中でも、より幅広い年齢の子どもたちと関わりたいと思い、保育士を選びました。

鈴木さん(社会福祉法人 上賀茂福祉会)

介護の仕事には、自分が行ったことが分かりやすく返ってくるからです。相手にとって心地いいことだと笑顔が返ってくる。そんな簡単な理由で始めたと思います。介護の専門学校へ行く前は、大学の工学部で研究職のようなこともしていました。一人で黙々と作業しているより、誰かの役に立てているという実感がわいています。

松本さん(株式会社 ハーフ・センチュリー・モア サンシティ木津)

小さい頃から、高齢者の方と関わることが多く、安心して生活していただける様に何か手助けがしたいと思っていた時に、授業で介護施設を見学しに行く機会がありました。 そこで、利用者様と職員さんが楽しそうに過ごしておられるのを見て、私もこの仕事をしてみたいと思い、介護職に就きました。

吉川さん(社会福祉法人 健光園)

子どもの頃から、祖母が大好きで、祖母のために何かしてあげたいと思い、介護という仕事に興味を持ったのがきっかけです。それから、中学、高校とボランティアに行き、大学の実習を通して、もっと利用者さんの近くで、色々な姿を見て、そこに関わっていきたいとの気持ちが強くなり、介護の仕事を選びました。

島田さん(社会福祉法人 洛東園)