先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事を選んだきっかけは?

私が小学生だった時に祖母が要介護状態になり施設に入所をしましたが、職員の方々が活き活きと楽しそうにお仕事をされている姿を拝見し、私も大好きなお年寄りのために頑張りたいと思ったのがきっかけです。祖母はすでに亡くなりましたが、お世話になった特養は、今私が働いている法人の施設です。

平澤さん(社会福祉法人 美郷会)

初めはどの業界に進むか、特に決まっていなかった為、様々な業界の話を聴きに行ったり、面接を受けたり、自分自身に合った道はないかと探しながら就職活動を行っていました。 私は食物栄養学を学んでおり、実習先が当施設の介護老人保健施設でした。実習を通して、初めて施設の中を見学したり、介護の仕事について知りました。 その当時、私の祖父が通所リハビリテーションや訪問看護を受けており、その影響もあって、「介護」という道を詳しく知ることにより、この業界は様々な人に必要とされる、魅力ある仕事だと感じました。そのため、自分自身も介護という仕事にチャレンジしたいという思いを持ち、介護職としての道を選びました。

中西さん(京都大原記念病院グループ 医療法人社団 行陵会)

『手に職をつけなさい』『人生何があるかわからない。自分で稼いで生活できる力を付けなさい』と、若い頃、常に父親から言われていました。その言葉を胸に、自分には何が出来るか、何を仕事として一生続けたいかと自問自答を繰り返した結果、人の助けになりそこに喜びや、やりがいを感じられる仕事がしたい!と考え、行きついたところが福祉の仕事でした。

寺田さん(医療法人 三幸会)

孤独感を感じている方の力になりたいと考え、高齢社会の昨今、介護の仕事に興味をもちました。大学時代にはホームヘルパーのアルバイトを経験し、家の重要性を学びました。そのため施設で暮らす方々の支援ができればと思い、施設での勤務を希望しました。

吉田さん(社会福祉法人 美郷会)

幼児教育関係の短期大学に入学し、そこで保育所、幼稚園、児童養護施設、障がい者支援施設の4か所で実習を行いました。障がい者支援施設で実習をした際、ご利用者との関わりなど、大変な中でも楽しいという思いが強く残り、その時に福祉の仕事に対して興味を持つようになりました。障がい児保育など障がい分野の講義もあり、学んでいくうちに福祉の仕事に就きたいと思うようになり、障がい者支援施設に就職を決めました。

長倉さん(社会福祉法人 福知山学園)

なぜ私が福祉の仕事を選んだかというと、本当に些細な出来事からでした。 福祉の仕事に関わる以前の仕事が、旅館の仲居の仕事でした。その旅館は、足腰が悪いお客様もご利用下さる所でした。立ち上がられる際や、歩かれる際等、お手伝いをさせて頂いていたのですが、何分そういった介護の経験が無かった為、戸惑う事も多く、本職である介護士は、どういった介助をするのだろうか?そんな些細な疑問から、福祉の仕事に行ってみようかなと思ったのがきっかけになります。

上野さん(株式会社 和道文化サービス)

元々福祉に関して興味があり、テレビで介護士の姿を見て「カッコいいな」と思っていました。僕は福祉の事は全く知らなくて大学も4年制大学を卒業しています。 就職も全く福祉の業界に入るつもりはなかったのですが、大学の友人や周りから「お前は介護に向いてるんじゃないか。優しいから」と言われ続け、自分なりに考えた結果、この先福祉業界団体が必要になってくるし必要としてくれる人達がどんどん増えてきて自分の両親も知識があれば介護が出来ると思い選びました。

中西さん(NPO法人 音希)

「福祉」の仕事を選んだ理由は、人のために役立つ仕事に就きたいと思ったからです。 そのなかで介護士になろうと思った理由は、高校1年生のときに病気で倒れた祖母が将来は介護が必要になるかもしれないと知り、自分が介護技術を身に付けて、祖母を介護してあげられるようになりたいと思ったことが切っ掛けとなり、その後も介護士になりたい思いは強く、高校卒業後に介護の仕事に就いています。

西田さん(社会福祉法人 アイリス福祉会)

高校生の頃に、児童養護施設で過ごしている子どもたちと関わる機会がありました。子どもたちと関わるうちに、この子たちの生活を支えたいと思い、福祉の世界を目指すようになりました。障害者福祉を選んだきっかけとしては、保育実習の一環で障害者施設に行かせて頂いた際、自分自身が障害を持っている方に対して差別をしてしまっていることを実感し、より理解を深めたいと思ったからです。

渡部さん(公益社団法人京都市身体障害児者父母の会連合会)

私は父子家庭で育ち、小さいころから現在もですが祖父母と一緒に暮らしています。もし祖父母に何かあった時、私が力になれれば、恩返しができれば良いなと思ったのが大きなきっかけです。 また私には姉がおり、先に介護の道へと進み、福祉の仕事をしていました。私は昔から負けず嫌いな性格で「姉ができるなら自分にもできる」と対抗心を抱いたのがきっかけでもあります。

森田さん(社会福祉法人 マイクロ福祉会)