先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事を選んだきっかけは?

人を笑顔にすることが好きだったので、福祉という分野で人を笑顔にしたいと思いました

西田さん(社会福祉法人 京都太陽の園)

学生時代の実習とボランティア募集チラシがきっかけで利用者さんと出会い、この仕事を選びました。

森本さん(社会福祉法人 イエス団)

祖母が認知症を発症し、グループホームに入所することになりました。その時に初めて介護業界で働く職員さんと接しました。祖母のために懸命に働いてくださる職員さんを見て、「こんな仕事もあるんだなぁ」と漠然と感じました。その思いがきっかけで、就職活動の際に介護業界を候補に入れました。

長島さん(株式会社 HLC)

高校2年生の時に一週間インターンシップに参加し、保育園の仕事を経験させていただきました。そのことがきっかけで子どもが好きだと思い、福祉の仕事を選びました。

佐竹さん(社会福祉法人 丹陽福祉会)

「アール・ブリュット」に興味をずっと持っており、京北やまぐにの郷で作られている自主製品を見て、私も一緒に作りたいと思った事、そして、誰かの支えになる仕事は自分に向いているのではないかと思い、福祉の仕事を選びました。

西村さん(社会福祉法人 京都杉の木会)

学生時代からアルバイトで介護の仕事を経験して来ました。私個人を必要として下さるご利用者と出会えたことで、私にしか出来ないことがあると思えたことがきっかけです。

市野さん(社会福祉法人 北桑会)

中学生の頃から福祉の仕事に就きたいと思っていましたが、その後うつ病を患い断念しましたが、体調の快復後はもう1度目指そうと思い、知人の紹介で入社しました。

高橋さん(社会福祉法人 丹の国福祉会)

大学で社会福祉を学び、人と関わる仕事がしたい、実践したいと思い就職しました。障害関係の仕事をしたのは、対等な関係づくりに魅力を感じたからです。

入澤さん(社会福祉法人 京都ワークハウス)

再就先を探している際、初任者研修の資格を持っていた事もあり、福祉の仕事に挑戦してみようと思いました。

森さん(社会福祉法人 宮津市社会福祉協議会)

知り合いからのデイサービスの仕事を紹介された事がきっかけです。核家族では見えて来ない高齢者の生活を見るようになり、日々の不安や生活の不自由さを抱えて生きておられる事が分り、自分にも何か出来る事はないかと思うようになり仕事を始めました

藤岡さん(医療法人 永原診療会)