先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事を選んだきっかけは?

幼稚園教諭として働いていましたが、学生時代に障がい児(者)について学んだことがあり、もっと深く学んでみたいと思いこの道を選びました。

瀬尾さん(社会福祉法人 聖ヨゼフ会)

母が保育の仕事をしていて、幼いころからその姿を見てきました。気が付くと興味を持ち自然と保育の道を歩んでいました。

諸岡さん(社会福祉法人 保健福祉の会)

大学生の時、介護予防の為に長年運動に取り組まれているご夫婦に出会い、そのような方達の手助けをしたいと感じたからです。

廣瀬さん(株式会社 日本シューター)

もともと病院の医事課で働いており、受付に来られる患者様と接する機会があり、もっと患者様とコミュニケーションがとれたら・・・と思っていたところに、デイケアへの異動の話があり福祉の仕事に入ったのがきっかけです。

沖野さん(医療法人 回生会)

「人の役に立ちたい」。いつも通る道にある施設で「ボランティア募集」の張り紙。介護の知識も経験も無い私は一歩が踏み出せずにいました。そんな時、市の広報誌に《ヘルパー養成講座》の案内が。受講条件は、資格取得後に地域の施設での就労!その受講がきっかけとなり福祉の道に繋がりました。

安田さん(社会福祉法人 向日市社会福祉協議会)

自分の中で、どのような仕事に就きたいかまだハッキリと決まっていなかった中、大学の合同説明会で話を聞いて興味を持ち、施設の見学に行きました。現場を見て、人の役に立ち、多くの人に喜びを与えられる仕事、毎日が笑顔で健康で楽しい生活が送っていけるようにサポートしていきたいと思ったのがきっかけです。

谷澤さん(株式会社 日本シューター)

祖母と二人暮らしをしていて、面倒をみてもらいながら一般大学にてマーケティングを学んでいました。その祖母がアルツハイマー型認知症を患い、生活支援が必要となりヘルパーさんが自宅に来るようになりました。ヘルパーさんの親身な接し方や介護技術、活き活きした姿に憧れを抱き、介護の仕事に就くことを決めました。

岡田さん(社会福祉法人 美郷会)

学生の頃から、人と関わる仕事をしたく、特に高齢者の方と関わりを持つことに楽しみを感じていたため、福祉の仕事を選びました。

福山さん(社会福祉法人 岩蔵の郷)

子どもが好きであったことはもちろんですが、高校生の頃に保育園の子どもたちと関わる機会があり、そのときに出会った子どもたちが今の仕事をしているきっかけです。屈託のない笑顔で近づいて来てくれた子どもたちの姿が今の私につながっています。

大井さん(社会福祉法人 京都基督教福祉会桂ぶどうの木こども園)

元々人が好きなので、人と関わることが出来て、更に誰かの役に立てるような仕事がしたいという想いからでした。障がい者分野に決めたのは、大学時代に所属していた障がい者施設でのボランティアサークルがきっかけです。障がいある方と関わる中で、これまでになかった新たな世界観に触れもっと知りたいと興味を持つようになりました。

中井さん(社会福祉法人 向陵会)