先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事を選んだきっかけは?

私は親が身体障害者で、日常生活においての不自由な場面をたくさん見てきました。そんな親の助けに少しでもなることができればと思い、福祉の仕事を選びました。

名倉さん(オアシス 株式会社)

お年寄りの方とお話しするのが好きで、人の役に立つ仕事、人のお世話をする仕事がしたかったので介護の仕事を選びました。

西崎さん(国民健康保険山城病院組合)

人に携わる接客業の中でも人のお世話する仕事がしたいと思ったから。

松田さん(株式会社 チャーム・ケア・コーポレーション)

知的障害をもつ兄と生活する中で、障害をもつ人の暮らしをより良くしたいと 幼い頃から思っており、たまたま知り合いに障害者福祉の仕事を紹介して頂いたのがきっかけです。

宮崎さん(ディバイングレース 株式会社)

小学生の時、祖母が入院して看病をしていました。その時に車椅子を押したり 、介護をする機会があり福祉の仕事に興味を持ちました。 またスタッフさんも優しく祖母に接してくれたのも印象に残っています。

井上さん(株式会社 ケア・サポート)

高齢者の健康を維持、改善をサポートすることで、本人の生活を維持することや向上すること、気持ちを前向きにすることで関わる家族の負担を失くし、家族みんなが今までの生活、家族関係を維持することができると思い、福祉の仕事の中でもnagomiを選びました。

松本さん(株式会社 東山)

子どもと話しをしたり、遊んだりすることが好きだったからです。

福井さん(社会福祉法人 奈良福祉会)

読んでいた本の中で介護の仕事があり、ふと自分はこの仕事に就きたいと率直に感じた。

杉田さん(株式会社 びりーぶ)

「子どもたちの成長をそばで感じることができる仕事がしたい」学生時代に進路を選ぶ時、心に決めていた目標の一つでした。教育機関への就職を経て、教える立場からではなく、ともに生活し、ともに努力することのできる児童福祉の世界に魅力を感じ、就職を決意しました。

足立さん(社会福祉法人 るんびに苑)

私には小さな子供がいますが、育児をしながらでも働きやすい仕事だと思ったので選びました

堀田さん(社会福祉法人 ヤマト福祉会)