先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事を選んだきっかけは?

以前に営業の職業をしていましたので、その中で人との色々な会話やお手伝いもあり、もっと人の手助けができたらと考えていました。そして、そちらの職を離れたのをきっかけに福祉の仕事を目指すことにしました。

稲田さん(社会福祉法人 端山園)

ずっと祖母と一緒に暮らしていたので、おばあちゃんと一緒にいること、お話することが大好きでした。 前職は、医療秘書をしていましたが、結婚・出産後に、介護の仕事をしている知り合いから、「高齢者の施設で、ご利用者様とお話したり、できないことのお手伝いをしてるよ。一緒にやってみない」と声をかけてもらったことが介護の仕事を始めるきっかけになりました。

野村さん(医療法人同仁会(社団))

進学を支援し、美術の活動を応援してくれていた母方の祖母が認知症と糖尿病を患い、在宅で介護をしながら生活しているときの話を、叔母によく聞いていました。苦労した話が多かったように思いますが、葬儀のとき、デイサービスを利用していたときの祖母の写真を見て、介護の仕事に興味を持ちました。

細井さん(社会福祉法人 柊野福祉会)

小さい時から親が仕事で忙しかったので、祖母や祖父に育ててもらった事もあり、何か恩返しが出来ないかと思ったときに、自分の進学しようと思っていた大学が福祉を学べる大学だったので、そこで福祉を勉強し、この仕事に就きました。

森中さん(株式会社 ハーフ・センチュリー・モア)

10050-imazawa-1

周りからこの仕事を勧められてはいましたが、楽しさの分悲しみもある仕事です。その悲しみを自分は受け止められるだろうかと不安がありました。 私は祖父が大好きで将棋を指したり肩たたきをしたり楽しかった思い出が沢山あります。そんな祖父も、晩年は殆どを横になって過ごし介護サービスを利用していました。祖父が亡くなったときは悲しかったですが、家族だけでなく介護サービス等周りの人たちの支援の大切さを改めて感じ、この仕事をしようと思い立ちました。

今沢さん(社会福祉法人 成相山青嵐荘)

10代の頃、祖父母の介護をしていましたが最初は嫌々していました。ですが介護をしているうちに祖父母から「若いのにごめんな。ありがとう。」と言われる事が増え、その言葉が自分にとってのやりがいに変わりました。福祉系の学校へ進学し、祖父母のような要介護高齢者の助けになればと思い福祉の仕事を選びました。

吉田さん(社会福祉法人 レモングラス)

自分が将来、何がしたいかを考えた時に、人の役に立つ仕事がしたいという思いがありました。高校生の時に、福祉系の専門学校の先生からお話を聞かせてもらう機会がありました。その頃からさらに福祉の仕事がしたいという気持ちが強くなりました。大学時代に特別養護老人ホームでの実習やアルバイトの経験を通して、生き生きと働いておられる職員さんに憧れ、この仕事に就こうと決心しました。

山内さん(社会福祉法人 嵐山寮)

親戚に知的障がい者がいたことで、中学生の頃から漠然とですが福祉に関心がありました。それから大学で福祉を学んでゆくうちに「たくさんの方の支えになりたい」という気持ちが明確になってきました。

大菅さん(社会福祉法人 山城福祉会)

元々は観光・ホテル業界を中心に就職活動をしていました。合同説明会に行き、友達の付き添いで説明を受けたのが京都大原記念病院グループでした。当グループのブースにいらっしゃった職員の方に「介護のお仕事ってしんどくないのですか?」と尋ねた時、職員の方は笑顔で「楽しいです」と思いもしなかった答えが返ってきました。当時は介護という仕事に対して、あまり良いイメージを持っていなかった私の中で、とても衝撃的な言葉、出来事でした。その言葉や雰囲気に私は好奇心を持ち「私もその楽しさを体験してみたい」と思ったのが当グループに入社するきっかけです。

楠田さん(医療法人社団 行陵会)

大学時代、福祉のことについては全然知らず、教員を目指して教職を学んでいました。しかし、東日本大震災に関するボランティア活動、教育実習などの経験のなかで、いろんな境遇の方々や子どもたちと出会い、誰もが「自分らしく生きる」ことができる環境をつくるお手伝いができる仕事がしたいと思ったことがきっかけです。「学校」という場所にとどまらず、「地域」というフィールドで、その想いを実現できるよう日々奮闘しています。

田中さん(社会福祉法人 京都市社会福祉協議会)