先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事を選んだきっかけは?

高校時代に高齢施設に入居していた祖父の面会に行ったときに職員さんのお仕事ぶりを見ていて「いいなあ」と感じたことがきっかけです。高齢社会の日本に絶対必要な職種だとも感じました。七野会の見学・説明会に参加して「住み慣れた地域で尊厳をもってその人らしく暮らし続けることを支援する」という理念を知り、共感しました。

鈴木さん(社会福祉法人 七野会)

曾祖母の介護をしている家族が困っている様子を見て、何か役に立てることはないかと福祉に興味を持ち、大学で福祉を学びました。その中で障害のある方と勉強をしたり音楽や舞台を作ったりする授業があり、障害のある方と何かを創り上げる過程に楽しさや達成感を感じ、もっといろいろな方と関わってみたいと思ったことがきっかけです。

竹内さん(社会福祉法人 修光学園)

私は高校の頃から福祉業界に少し興味がありましたが、その時はまだ本格的に福祉を学ぼうとまでは思ってなく、高校が進学校だったこともありそのまま大学へ進学しました。しかし、大学時代アルバイト先でご高齢の方の介護をする機会があり、その時言われた「ありがとう」の言葉が忘れられず、就職の際、全く福祉の知識もない状態で福祉の世界へ飛び込みました。働いた当初は分からない事だらけでたくさんミスもしたし、怒られたりもしたけど、技術や知識を得る度にどんどん楽しいと感じ、今では本当に充実した毎日を過ごしています。改めてこの世界に飛び込んでよかったなと思います。

松本さん(社会福祉法人 太陽福祉会)

小さい頃から、子どもが大好き!人のお世話が大好き!工作や絵を描く事も大好き! そんな私にとって、保育教諭はまさに憧れでした。 そして、学生時代にボランティアやアルバイトを通じ、福祉施設で実際に働いておられる方々を見て、「私もこんなに毎日が楽しくて、やりがいのある仕事がしたい」「誰かの役に立ちたい」「人と触れ合う仕事がしたいとい」と感じ、より一層のこの保育教諭と言う職業に魅力を感じ選びました。

山﨑さん(社会福祉法人 宇治福祉園)

前職は製造業をしていましたが、子育ても落ち着き、このままでいいのか・・・と、 ふと立ち止まって考えた時に、たまたま手にした情報誌で初任者研修受講の案内を見つけ、勢いで応募したのが介護職に就くきっかけになりました。

舘さん(社会福祉法人 悠仁福祉会)

周りに高齢者が多い環境で育ったため、小さな頃から将来は高齢者の介護をしてみたいと思っていました。高校卒業時に介護について専門学校で学ぶか迷いましたが、大学で幅広く福祉について学んでみたらどうかとアドバイスをもらい大学へ進学しました。 大学でも主に高齢者領域を学んでいましたが、地元で働きたいという思いは強く、たまたま就職フェアで地元の花ノ木のコーナーを見つけ、話を聞いているうちにここで働いてみたいと感じました。障害者領域は未経験でしたが、ここでならサポート体制も手厚く、働いていけそうと感じ、就職を決めました。

竹村さん(社会福祉法人 花ノ木)

私が小学生の頃に母が病気になったことや、姉が看護師を目指すようになったことで、私自身も、自然と将来福祉関係の仕事をしたいと思うようになりました。専門学校生の時に、高齢者の方や、精神障がい者の方の施設などに実習で行かせて頂き、そこで、利用者の方達と一緒に楽しく作業や日常を過ごすことに魅力を感じ、今の事業所で働かせていただくことになりました。

岡田さん(社会福祉法人 やましなの里)

きっかけは中学生の頃の職場体験です。仕事をするなら人の役に立つ仕事がしたいと思い介護施設を体験しました。そこでご利用者様ともっと会話したいと感じ職場体験を通して楽しいと思った事がきっかけです。やんわりと介護の方向に決めた為、将来が不安になった時がありました。しかし「あなたの笑顔はご利用者様も笑顔にする」と先生に言われ、自信がつき介護の仕事をしようと決意しました。

日比さん(社会福祉法人 浩照会)

私自身、交通事故で入院し、不自由な生活をした経験があります。 その時に、介護を受け、リハビリを経て回復できました。 若い頃に、そのような経験をした事が活かせる仕事であり、人の役に立てると思ったのでこの仕事を選びました。

沼田さん(株式会社 ハーフ・センチュリー・モア)

私は小さい頃から保育教諭になるのが夢でした。通っていた保育園の先生が大好きで、 『こんな先生になりたい!!』と思っていました。自分より小さい子のお世話をしたり、遊ぶのも好きだったので保育の道に進むと決め、何かの役に立ちたい!!と思い、この仕事を選びました。

立石さん(社会福祉法人 永興福祉会)