先輩インタビュー~福祉の星~

これからもこの仕事を続けたいと思う?

 利用者さん職員との関りの中で、自分自身も笑顔で過ごすことができているので続けていきたいと思います。自分以外の誰かのことを真剣に考え、想うことができる仕事で、自分自身の成長にも繋がっていると感じます。

川村さん(社会福祉法人 なづな学園)

はい、これからも続けたいです!

二又さん(社会福祉法人 日吉たには会)

毎日子どもたちと一緒に遊び、生活している中で、笑い合い喜び合い様々な時間を共有することができ、充実した日々を過ごしています。ですので、これからもこの仕事を続けていきたいです。 悩める日や大変な事もありますが、先輩の先生方の子どもたちとの関わり方を見て学びながら、また相談しながら、子どもたちと一緒に成長していきたいです。

鈴木さん(社会福祉法人 上賀茂福祉会)

しんどいこと、つらいこと、悲しいこと、お客さまと日々生活しているので、たくさんあります。しかし、なぜ、この仕事を続けていられるかと考えた時、ふとお客さまの色々な場面の顔が思い浮かび、自然と笑顔になります。私達が生活を支えているように見えるけど、実はお客さまの優しい表情や優しい気遣いに支えられています。言葉では表しにくいけど、お客さまに支えられているから、仕事の枠を越えて愛せる存在のお客さまと繋がっていられる介護をこれからも続けていきたいです。

東海林さん(社会福祉法人 十条龍谷会)

私が今の施設で働き始めて8年目になりました。何年続けるぞ!とかいう目標こそありませんでしたが、施設入所者の方と大切な時間を共に過ごし、一緒に暮らしていたらこんなに時間が経っていたという感じです。 入所者様の生活を支援することが私の仕事ですが、それが単なる作業でなく、楽しいことも苦しいことも一緒に体験でき、分かち合うことができるのが、この仕事の一番の魅力でもあり、この気持ちをずっと大事に仕事(暮らして?)行きたいと思っています。

三原さん(医療法人 三幸会)

障害のある人たちを含めて、社会的弱者の方々が自分らしく生きていくのは、まだまだ私たちが住むこの社会には壁がいくつも存在します。私の仕事は障害ある人たちの人生を側面から支え、地域の人たちとともに障害ある人たちがあたりまえに、働き・暮らすことが出来る環境をつくっていくことです。そんな仕事にやりがいを感じ、今後もずーっと続けていこうと考えています。

海老原さん(社会福祉法人 亀岡福祉会)

続けていきたいと思っています。日々変わり続ける入居者の方の状況に慣れることは無く、毎日が勉強だと感じています。自分自身を成長させてもらえている事に感謝しながら、入居者の方と関わっていきたいと思います。

勝平さん(医療法人社団 紀洋会)

もちろん続けていきます。 今日はどんな相談があるかなとか、利用者との会話、地域の人や他の専門職の人たちとの交流など様々なイベントにも参加したりして色んな方との交流が図れる事が出来るので今は仕事が楽しいです。 時には大変な事や難しい問題もあって対応に困ってアタフタはしましたが解決できた時の快感は忘れる事はできません。まだまだやらないといけない事はたくさんあって大変ですが公的な制度だけでなく、地域にある色々な資源、人・団体・サービスを利用して、高齢者を支えていきたいです。

福島さん(一般財団法人 宇治市福祉サービス公社)

これからもこの仕事を続けたいと思っています。 なぜかというと誰かと関わることが好きな自分自身にとって、ピッタリな仕事だと思うのと、純粋に仕事の内容が好きだからです。人は十人十色なので私の勤めているデイサービスセンターにも様々な性格のご利用者が来られていますが、様々な考え方や個々の想いに触れられることが楽しく、また、どのご利用者も私の何十年も永く生きてこられ、沢山の経験をされてこられた方々ばかりです。その方々のお話が直に聴けるということ、同じ時間を一緒に過ごすことができているということを日々、感慨深く感じています。 これらの体験は、他の仕事では中々味わうことができないことだと思っています。

河邊さん(社会福祉法人 勧修福祉会)

自分自身、福祉業界でしか働いた事がないので、他の業種の事はよく解りませんが、介護職については大変な事もたくさんありますが、それ以上に楽しいことの方が多いので、この仕事を続けていきたいと思います。

田村さん(医療法人社団 紀洋会)