先輩インタビュー~福祉の星~

これからもこの仕事を続けたいと思う?

介護職として働き始めて数年が経ちました。当初は、基本的な介助技術さえ身につければ何とかやっていけるだろうと安易な考えを持っていました。しかし、実際にはご利用者様の身体的特徴や現存機能、体質など、様々な状況に合わせた介助方法を検討していく必要があり、まだまだ自分の知識不足を感じる日々を過ごしています。介護の仕事は、日勤・夜勤の変則的な勤務、身体を使うことが多いため、疲れることもありますが、今は、介護職として働き、まずは介護福祉士の資格取得をしたいと考えています。また、未定ではありますが、近い将来には生活相談員など、直接的な介護以外の高齢者に携わる仕事に関わっていくことができればよいと考えています。

守主さん(社会福祉法人 柊野福祉会)

自分の一言で安心して頂けたり、元気になってもらえたり、『会いに来たよ』と言ってくれる方がいたり、苦戦する事も沢山ありますが自分自身も元気をもらえる事が沢山ある事に気付いてからは、この仕事に責任感も持つようになりました。人の命を預かる仕事だと常に感じて、これからもこの仕事にやりがいをもって続けて行きたいと思っています。

赤川さん(株式会社 ツクイ)

はい、もちろんです。 介護職に就くまでは、接客業などの人と関わる仕事をし、介護職に就いて4年目に入りましたが、入社当初からもっと早くこの職業に就いていれば良かったと思うほどです。経験を積み重ねていき、それに伴って自分のスキルアップを目指し、より良いケアに繋げられることへの努力に面白みを感じています。 元気で働けるうちは今後も、この仕事を続けていきます。

村上さん(社会福祉法人 端山園)

私はグループホームと特養での勤務を経験し、もうすぐ4年が経ちます。振り返ると、その事業所でしかできない経験がたくさんあり、それによって自分の視野が少しずつ広がっていると感じます。ですが、福祉の仕事は高齢分野だけでも多くの事業所があり、私の経験はほんの一部です。自分の興味とライフスタイルに合わせてやりたい事業を選択し、そこでまた新しい経験ができることは福祉の魅力だと思います。 事業の数だけ学びがあるこの仕事を、私は長く続けていきたいです。

寺本さん(社会福祉法人 大樹会)

はい。自分が直接介助をするわけではないが、ケアマネジャーとしてチームを作り調整していく事が大切な仕事で、笑顔になってもらえ、ありがとうと言ってもらえる。とてもやりがいのある仕事であり、これからも続けたいと思っています。

三浦さん(京都生活協同組合)