先輩インタビュー~福祉の星~

これからもこの仕事を続けたいと思う?

年数を重ね、直接の身体介護だけでなく、色々な仕事に関わらせていただくようになると、介護という仕事、ご入居者に寄り添っていく仕事の難しさを改めて感じることが出て来ました。しかし、やっぱりご入居者やご家族に直接感謝していただけたり、ここに来てよかったと言ってもらえた時、また自分が関わった取り組みや対応で、ご入居者の状態が回復したり、喜んでくださっている姿を見ることが出来た時に、この仕事に携わって良かったと思います。より一層のやりがいにも繋がっていると感じます。続けるかどうか悩んだこともありましたが、これからも続けていきたいと思っています。

澤田さん(一般財団法人 日本老人福祉財団 )

これからもできる限りこの業界で働きたいと思います。大変なことも多いですが、自分自身成長できる場でもあります。利用者さんと接する中で気づくことも日々増えていきます。 利用者さんにとって楽しみは何か、幸せは何かを一緒に見つけて日々を過ごしたいと思っています。

依田さん(社会福祉法人 南山城学園)

保育の仕事を始めて、毎日本当に充実しています。これからも、子どもと関わる仕事を続けていきたいと思っています。 子ども達の笑顔から、たくさんのパワーがもらえます。

三原さん(社会福祉法人 上賀茂福祉会)

私の勤める法人では、幅広い福祉を展開しております。福祉に携われば携わる程、奥深さを感じていますし、現所属以外の業務にも興味が湧いてきています。今は、目の前の業務に一生懸命ですが、福祉の勉強を重ね、キャリアアップを目指していきたいと考えています。そのためにも利用者さんの支援を通して、また職員として切磋琢磨し、日々を有意義に過ごしたいと思います。

中谷さん(社会福祉法人 同胞会)

もちろんです。かかわり方は経験を積むにつれて変わるかもしれないが福祉にはかかわり続けたいと思います。とても今は楽しいです。どうやったら、この作業ができるようになるのか考えるのはとても頭を使いますがそれが出来た時にはやった!と思えるのがとても魅力に感じます。

中村さん(社会福祉法人 大江福祉会)

まだこの仕事に就いてからあまり経っていませんが、福祉の仕事に就くことを決めてよかったと思っています。以前から興味を持っていた仕事に就くことになるなんて想像もしていませんでしたが、私はこの仕事にとてもやりがいを感じています。これから先、大変な事に遭遇する事も多いとは思いますが日々成長して行けるよう努めていきたいです。

安達さん(社会福祉法人 太陽福祉会)

大変なこともたくさんありますが、利用者様が名前を覚えてくださり、私に世間話や昔の話などいろいろ話してくださったり、笑顔でいろいろなことを教えてくださり、仕事していてよかったなと感じるので、続けててよかった。 これからも頑張ろうと思えるので、続けていきたいと思います。

池部さん(社会福祉法人 北丹後福祉会)

色々な方の人生を知る中で、苦労したことや楽しかったことを聴くことは、とても勉強になります。また、人生の締めくくりの場所を、その方にとって良い場所にするための可能性は無限にあり、「長生きして良かった」「ここに来れて良かった」と思っていただけるよう支援できる、今のこの仕事を続けていきたいと思っています。

細井さん(社会福祉法人 柊野福祉会)

利用者と関わっていると、些細なことでも「ありがとう」等といった感謝の言葉や、労いの言葉をかけて下さります。その言葉からはたくさんのエネルギーを貰い、それが僕にとって「もっと頑張ろう!」という原動力に繋がります。

松江さん(有限会社 パイン・コーン)

この仕事を始めてから、沢山の出会いと別れを繰り返し、その度にこの仕事の必要性を強く感じています。ですから、これからもできる限り続けていきたいと思っています。  幼い頃からなりたい職業だったというのもありますが、実際、色々な方から嬉しいお言葉やアドバイスを頂き、日々成長できている実感を持て、楽しんで取り組ませて頂けている事も大きな理由です。 これからもご利用者様の笑顔や生活のハリに繋がる一員であれるよう頑張っていきたいです!

大槻さん(株式会社 銭形)