先輩インタビュー~福祉の星~

気になる給与・残業はどう?

介護業界の給与は確かに低いと言われています。自分自身は給与の数字よりも「やりがい」の方が必要だと思っています。①給与は良いが「やりがい」がない、残業がしんどい。②給与は低いが「やりがい」がある、残業がしんどいが次に繋がる。 考え方だと思います。確かに楽をして給与をいただける仕事などありません。他職種との違いもあるでしょう。何事も仕事をする時は「やりがい」が大切だと自分は思います。

井口さん(明日香ケアサービス株式会社)

介護の仕事は低賃金のイメージをもたれがちですが、全ての職場ではないと思います。私は相応のお給与だと思っています。もちろん残業もありません。 職員の労働環境については随時見直し検討を重ね、できる限り意見が言いやすい職場環境であるよう心掛けています。 今年は勉強会をおこない、皆で「他業種の賃金の動向について」共に学びました。

川村さん(特定非営利活動法人 えがく)

残業はほとんどありません。同業種の友人が「毎日、仕事が終わったら、記録を書くのが大変」と言っていますが、この会社には、iPhoneを使った記録のシステムがあり、その場で入力するだけなので、残業して記録を書くようなこともありません。会議やレクリエーションの打ち合わせで、時には時間外労働もありますが、それは、どんな仕事でも少なからずあることだと思います。 給与は、勤続年数に応じた手当もあり、続けることがモチベーションにも繋がっています。賞与が年3回あるのも嬉しいです。

清水さん(株式会社 はぴねすさぽーと)

他の業種に就いたことがありませんので、現在の給料が多いか少ないかはわかりませんが、給料が足りないと感じたことはありません。たまに大きな買い物をしたときは、「もうちょっと欲しいな」と思ったりもしますが、給料が少なくて困るといったことはありません。同僚に話を聞くと結構な額を貯金している人もいます。私は、貯金が苦手なので車を買ったり、たまに美味しいものを食べたりして使ってしまっていますが…。残業については、時期によっては多少残業することもありますが、特に期限が迫った仕事がないときはすぐに帰っていますし、他の業種とそんなに変わらないんじゃないかなと思います。

福林さん(社会福祉法人 柊野福祉会)