先輩インタビュー~福祉の星~

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

人生の先輩(利用者さん)のサポートは、少ししか経験を積めていない私には難しいです。ただ、私が大事にしているのは、その方の「今」を少しでも楽しく、気持ちを軽やかに出来たら・・、笑顔で一日楽しかったな、と思って貰えるお手伝いがしたいです。 そのためにも学ぶ姿勢を持つことも大切だなと思っています。そして何より「人」が好きな方は向いていると思います。大変だと思う事もありますが、それを上回る大事なものが学べると思います。

前田さん(京都生活協同組合)

高齢化社会と言われている日本で福祉の仕事は拡大していくと思います。 人と寄り添い、快適な生活のお手伝いをしていくとても大切な仕事だと思います。 肉体労働や排泄介護なども業務としてありますが、お客様とのふれあいの中で「笑顔」や「感謝」をいただけるとても素晴らしい仕事だと思います。

山元さん(株式会社 はぴねすさぽーと)

福祉業界は「大変そう。」「疲れそう。」というマイナスなイメージを持たれることが多いですが、それ以上に喜びや楽しさ、やりがいを感じることの方が断然多いです。ご利用者様との何気ない会話や笑顔に毎日元気をもらっています。ご利用者様との触れ合いを通してやりがいや楽しさを一緒に感じてみませんか?

井上さん(公益社団法人 京都市身体障害児者父母の会連合会)

身体をとても使う仕事なので、しっかりと自分の体調管理や気分転換の方法を見つけてもらいたいと思います。  大変な事も多くあると思いますが、先輩からアドバイスを受けたり相談したり、親切に教えてもらえます。協力あっての仕事なので、職員同士で支え合いながら、楽しく仕事ができると思います。

宮本さん(社会福祉法人 北丹後福祉会)

福祉と一言でいっても色々な仕事がありますが、自分がしたいと思った職種に就き、楽しく仕事をしてほしいです。自分なりのストレス発散方法を見つけ出し、できる限りストレスを溜め込まないようにしてほしいと思います。

上羽さん(社会福祉法人 アイリス福祉会)

様々な事業所を見学し、法人が大切にしていることや自分に合う雰囲気かどうかなどを見たうえでてくてくに就職しました。半年経った今、とても楽しく働くことができています。 皆さんも色々な事業所があって大変だと思いますが、それぞれの事業所の特色や自分に合うかどうかを実際に見たり聞いたりすることで、自分にとっての素敵な職場を見つけてください。

藤井さん(特定非営利活動法人 てくてく)

決してやりがいや楽しさだけでは続けられる仕事では無いと思いますが、人の命に対して責任を持つということは自分の成長や、人の価値観を見直せる良いきっかけになると思います。

吉村さん(社会福祉法人 浄山会)

大変なこともありますが、それ以上に子ども達の成長をそばで感じられることが出来る、この仕事はとても楽しいです。思い通りにならず困ってしまっても、先輩に相談しながら学んでいくことが出来る、とても素敵な仕事です。

新川さん(社会福祉法人 優応会)

福祉業界に対して、大変なイメージを持っておられる方もいるかもしれません。 しかし、現場で働いてみると、利用者様の言動から助けられることも多く、毎日 やりがいを感じて勤務できています。福祉業界は利用者様の人生の一部に密接に関わる 仕事ですが、他の業界では中々経験できないことだと思っています。利用者様一人一人に 寄り添うことで、多様な価値観に触れ、自分自身の成長を感じています。福祉業界に 興味をお持ちの方は、まずは施設見学やボランティア活動を通して、気になる施設を 訪問してみて下さい。新しい出会いがあるかもしれません。

中尾さん(メディカルケア御所ノ内 株式会社)

世間ではキツイ仕事というイメージが強いと思いますが、感じ方は人それぞれだと思います。仕事である以上キツイことはあります。ですが、他の仕事では味わえない達成感や考え方など多くの魅力があります。給料の面を心配する方もいらっしゃると思います。今の世の中はとても厳しいものとなっていますが、私はお金の面で何も影響を受けていません。むしろ増えました。それは福祉という仕事が世間で求められているからだと私は思っています。こうしたやりがいや安定性、他では味わえない多くの魅力に満ちた仕事であると私は感じています。

福本さん(社会福祉法人 市原寮)