先輩インタビュー~福祉の星~

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

介護業界はネガティブなイメージが世間では強い傾向ですが、決してそのようなことはありません。介護業界は今後、需要が更に高まり、世の中に必要な業種です。だからこそ、処遇の改善をはじめとする国の政策に留まらず、各事業所、業界全体が、働く環境を見直し、そして成長に向かって日々進んでいます。きょうと福祉人材育成認証制度の認証を受けており、教育体制やステップアップの仕組みだけではなく、先輩たちのサポートも充実しており、働く環境としても日々良くなっていると実感しています。介護業界のネガティブなイメージを固定概念として持つのではなく、まず施設見学にお越しください。介護業界や介護のお仕事について共有したいと考えています。

中西さん(京都大原記念病院グループ 医療法人社団 行陵会)

福祉の仕事はきついと言われることが多いですが、良いところも沢山あります。その方の人生に寄り添い、一緒に季節を感じて過ごす。手を握ってお話を聞くだけで「ありがとう」と言われる。人にこんなに感謝される仕事は他にないと思います。人との繋がりを感じ頑張ってほしいと思います。

寺田さん(医療法人 三幸会)

福祉業界のイメージとして離職率が高い、仕事がハードであるというマイナスのイメージを持っておられる方が多いのではないでしょうか。そのようなことはなく、やりがいを感じて仕事が出来て、自分自身の成長にも繋がる業界であると思います。

種田さん(社会福祉法人 京都ライフサポート協会)

私は働きはじめてから知らなかった自分の一面をたくさん知ることができました。人と話すことが好きなところや、頑固なところです。そんな私を必要としてくれるということがとても嬉しく、自分に自信がもてるようになりました。また、尊敬する先輩がたくさんいることで、常に自分を成長させてもらっています。

吉田さん(社会福祉法人 美郷会)

福祉の仕事は、楽しい事より、大変な事や難しい事のほうが多いように感じます。正解やマニュアルが無く、自分で考えて適切な対応をとる事の難しさを日々実感します。適切な対応をとる為には、ご利用者一人ひとりをきちんと見て理解する必要があります。ご利用者の事を理解しようと努力し、少し理解出来た時、喜びや嬉しさが込み上げてきます。そして、また頑張ろうと思える原動力になります。楽しい事より、大変な事や難しい事のほうが多いですが、楽しい事のほうが何倍も大きい仕事だと思っています。

長倉さん(社会福祉法人 福知山学園)

色々数ある仕事の中で、福祉の仕事は絶対に無くならない仕事です。もちろん辛い事も、理不尽に思う事も沢山あります。ですが、それを補えるほどの、感動と喜びがあります。 私は、その感動と喜びの印象がとても強く残っている為、今現在も福祉の仕事で働いています。これから福祉の仕事に付こうと考えている方、これだけは言わせて下さい。 私は福祉の仕事に入って、よかったと心の底から思います。

上野さん(株式会社 和道文化サービス)

これから先必ず福祉業界の力を必要とする時代が来て、医療との連携も活発になって来ると思います。そうした中で福祉業界で新たな発見や経験をする事で、自身のやりがいを見つける事も出来ると思います。 僕は福祉の大学を卒業していなくて普通の4年制大学を卒業しています。知識もなく心配していましたが優しい先輩方がしっかりと教えてくれました。なので福祉に携わった事がなくても大丈夫です。お互い頑張って行きましょう!

中西さん(NPO法人 音希)

高齢者の介護は、肉体労働で排泄介助などがあり大変だという印象が強いように思います。しかし、たくさんの人と心でふれあうことができる仕事だと思います。ご利用者と会話するときなど「どんな風に話したら聞いてくださるのかな?」など、自分でしっかり考え表現したことがご利用者のこころに届くことがあります。また、ご利用者との会話でお互いに笑顔になれることがたくさんあります。ご利用者の人生を少しですがお手伝いできるいい仕事だと思います。

小石原さん(社会福祉法人 みねやま福祉会)

忙しい日、大変な日、悲しい事、つらい事たくさんあります。決して楽な仕事ではないのかもしれません。でも、1日1回必ず「やっていて良かった」と思える瞬間があるのです。 それを周囲(同僚等)と共有出来た時のよろこびは、正に逆転満塁ホームラン!!今日も大変だ!!明日は何がある!? 君もおいでよ 介護デカイGO☆

松本さん(社会福祉法人 和光会)

福祉業界に対するマイナスイメージが大きいと思いますが、楽しさや喜びを感じられる場面がたくさんあります。 一度は福祉の世界をのぞいてみると、良い経験になると思います。

西田さん(社会福祉法人 アイリス福祉会)