先輩インタビュー~福祉の星~

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

つらいことや悩むことなどいろいろあると思います。そんな時、利用者さんの笑顔を見ると元気をもらえます。初めてのことばかりで緊張されると思いますが、頑張ってください。

森下さん(社会福祉法人 やましなの里)

「きつそう」「しんどい」「不規則」など言われ、マイナスイメージが強い福祉業界ですがやってみると楽しくて、悩み相談が言える先輩や同僚、助けてくれる人たちがいて、マイナスばかりでないやりがいがのある福祉業界を目指して欲しいと思います。

小野さん(医療法人 健康会)

大変な事もありますが、子どもたちの言葉や笑顔、可愛いしぐさに癒され、いつもパワーをもらっています。子どもたちの成長を身近で感じ、一緒に成長していける仕事だと思います。

梅垣さん(社会福祉法人 相愛福祉会)

現在、超高齢者社会と言われており、これから先益々介護業界は発展していくと考えられています。介護をしていく中で利用者様の最期を共に過ごす事はとても幸せな事です。利用者様と近くで寄り添い、介護する事によりその方の人間性や価値観も自然と見えてきます。利用者様が毎日安心・安全に暮らし、1日でも多く笑顔で長生きして頂く為、暮らしやすい環境を作る事が介護士の1番求められる事だと考えています。介護業界は日々勉強ですが、とてもやりがいのあるお仕事です。一緒に頑張っていきましょう。

廣岡さん(社会福祉法人 芳梅会)

行事にむかっての取り組みや、一人ひとりの子どもにあった支援など大変なこともありますが、それ以上に楽しいことやうれしいことがあります。どの仕事よりも、子どもの成長を身近に感じる職業です。子どもたちの想像力は豊かであり、大人も驚くような発見をみせてくれます。無限の可能性を秘めた子どもたちと、笑顔あふれる姿を一緒に見ていきましょう!頑張ってください。

崎谷さん(社会福祉法人 心華会)

一般的に福祉業界は、大変な仕事と思われることも多いですが、決して大変なことばかりではありません。ご利用者の方々と一緒に、季節ごとの行事を楽しんだり、日帰り旅行等に出掛けたり、楽しめる場面もたくさんあります。福祉の仕事はとてもやりがいを感じることができ、素敵な仕事であると私は思います。

菊山さん(社会福祉法人 同和園)

毎日、子ども達と過ごす中で、大変なことも出てくると思います。しかし、それ以上に、子ども達と過ごす毎日は楽しくて、子ども達の笑顔に私も笑顔になり、元気をもらっています。とてもやりがいのある仕事だと思うので、一緒に頑張りましょう。

山本さん(社会福祉法人 優応会)

「福祉」を仕事にしていると聞くと、素晴らしい仕事だけど、ネガティブなイメージが先行してしまう方も多いかもしれません。高齢者の方の生活に寄り添う仕事…身体介助や排泄処理、特に認知症で意思疎通が少し難しい方の対応などで身体的・精神的に大変なこともあります。しかし、そんな中、人生の先輩であるご利用者様が、普段何気なく仰る言葉が心に刺さる瞬間があり、この仕事をやっていてよかったと感じることも多くあります。一つひとつの言葉の受け取り方次第で、自分の考え方、行動も変わるという事はこの仕事を通して学んだことです。まだまだ私自身未熟者ですが、一緒に福祉業界で学び支えていきましょう!

西光さん(社会福祉法人 京都老人福祉協会)

介護の仕事は笑顔を生み出す仕事です。同時に私たちも笑顔にしていただける仕事です。施設の雰囲気や働いている職員の様子をぜひ見に来て下さい。

猿渡さん(社会福祉法人 レモングラス)

福祉の仕事はしんどいと思われがちですが、それ以上にとても面白く、やりがいのある仕事だと思います。関わる人の幅が広いので、視野を広く持つことができ、いろいろな発見があります。その中で自分自身も成長することができ、日々学びがあります。事業所によっても雰囲気が違いますので、是非自分に合ったところを見つけて、楽しい関わりをたくさんしてくださいね。

高梨さん(特定非営利活動法人 暖)