先輩インタビュー~福祉の星~

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

福祉の仕事は、機械や物が相手の仕事ではないので、初めての時は難しいと感じるかもしれません。ですが、利用者様のお手伝いや介助をした分だけ相手に感謝され、利用者様の残りの人生を一緒に歩む事の出来る仕事です。やりがいもたくさんあるので、一緒に福祉業界で活躍しましょう!

森中さん(株式会社 ハーフ・センチュリー・モア)

福祉の仕事はネガティブなイメージが先行していると思います。実際大変なことも多々ありますが、それ以上にそこで働く者にしかわからない楽しさや充実感、達成感を得られる仕事です。

吉田さん(社会福祉法人 レモングラス)

この仕事をしていると、「大変だなあ。疲れたなあ」と感じることは正直あります。しかしご利用者の笑顔が見られたり、喜んでもらえた時にやりがいを感じられるのは、この仕事だからこそだと思います。身近には優しくて信頼する先輩や同期がいて、日々支えながら楽しく働いています。自分の福祉の仕事がしたいという思いを大切にして、これから頑張って欲しいと思います。

山内さん(社会福祉法人 嵐山寮)

利用者さんと深くかかわる仕事なので、常に新しい発見があります。また、支援の方法も人それぞれです。自分が学生時代に学んできた事や、得意な事を活かし、自分らしさを発揮できる業界だと思います。時には悩む事や、壁にぶつかる事もあるとは思いますが、それを乗り越えた時には、とてもやりがいを感じます。

新さん(社会福祉法人 青谷学園)

大変なことも多くありますが、先輩方と解決して、自分に自信を持つことで、より良い介護を目指していけると思います。負担が少ない介助方法など、先輩方に教わりながら働くことができます。

塩見さん(メディカルケア御所ノ内株式会社)

福祉業界に入って、改めてたくさんの専門職の人たちが関わって1人1人の入居者様を支えているんだなぁと感じます。悩んでもひとりだとは思わず先輩方に相談して、助け合いや思いやりを大切にしながら頑張っていって欲しいと思います。

大久保さん(社会福祉法人 京都紫明福祉会)

高齢者の5人に1人が認知症となり、要介護者が増え、介護人材の不足は深刻な課題になっています。福祉の現場は、少しでも困っている人の力になりたいという気持ちがあれば、やりがいを感じることができると思います。今後、皆さんと一緒に働くことができる日を楽しみにしています。

小室さん(社会福祉法人 健光園)

福祉の仕事と聞くと「しんどい」や「きつい」とイメージされる方も多いと思います。しかし自分一人ではなくチームで働くので、悩みや相談を聞いてくれる同僚がたくさんいて、一緒に解決に向かっています。 障がいがある方と関わりを持ったことがなくても、歩み寄る姿勢(きもち)があれば利用者さんは受け入れて下さると思います。 また、山城福祉会では資格取得をサポートしてもらえる制度や、勤続年数に応じたリフレッシュ休暇取得もあるので、働きやすい環境だと思います。

大菅さん(社会福祉法人 山城福祉会)

私は、誰かに楽しんで頂けるような仕事をしたいと思い、観光・ホテル業界を中心に就職活動をしていました。現在、福祉業界に入ったからこそ思うことですが、観光・ホテル業界でなくとも、誰かに「楽しんで頂く」仕事が出来る事を学びました。 経験や知識に対する不安はあるかと思いますが、私のように、未経験でも先輩職員がしっかりサポートして頂けるので安心して働けます。 少しでも興味を持たれた方は、是非、介護のお仕事を体験して頂きたいと思います。

楠田さん(医療法人社団 行陵会)

福祉業界はマイナスのイメージを持たれがちですが、実際に働いてみるとイメージと違う事がたくさんあります。大変な仕事ではありますが、だからこそ、その分のやりがいもあります。支援させていただく私たちの方が、ご利用者の笑顔で元気づけられる事もあります。 就職前、いろんな施設の見学に行くと現場のイメージもしやすいです。 また、自分の目標に合った施設を見つけられることにも繋がりますので、様々な施設見学に行くことをおすすめします。

福田さん(社会福祉法人 行風会)