先輩インタビュー~福祉の星~

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

保育士は子ども達を育てていく大事な役割を担っているので、これからも変わらずいっぱいの愛情を注いでいきたいと思っています。仕事をする上で分からない事も出てきますし、大変な事もたくさんありますが、その都度先輩方が親身になって相談に乗ってくれるので、すごく心強いですよ。

藤村さん(社会福祉法人 洛西永正福祉会)

高齢者福祉とか介護のイメージって「大変だ」と言われることが多いですが、そんな一言でくくれるようなお仕事ではないと感じています。私たちの何倍も生きてこられた分、多くのことを教えてくださいますし、この仕事でしか感じられない魅力だらけです。そしてきたおおじは高齢者に限らず、誰もが集える場を目指しています。そんな場を作っていくために日々アイデアを出し合いながら、新しいことにも積極的に挑戦しています。若い職員でも関係なく、「やりたい」「やってみたい」が実現できます。みんなが支えてくれます。ぜひ、きたおおじで一緒に働きましょう!お待ちしています。

川口さん(社会福祉法人 リガーレ暮らしの架け橋)

介護の世界へと踏み出される方は、排泄・入浴・以上・移動等の介助が上手くできるかと介護技術の不安が多いと思います。しかし、そのことも大切ではありますが、最も大切にしてほしいことは、利用者とのコミュニケーションです。介護技術は年数を重ねていくことで上達しますが、コミュニケーションをサボっていくと、介護という概念から作業という概念に陥ってしまいます。そうなると利用者主体から介護者主体の介助となり、本人と家族の望むその人らしさの生活を送ることが困難となってきます。サボった結果、コミュニケーション技術が不足し、上手く利用者に対して対応できずに、ストレスとなって長く続かない職員もいますので、コミュニケーションを積極的に図って、利用者との信頼関係を築いていただきたいです。

後谷さん(社会福祉法人 若竹福祉会)

どんな仕事でも、スタートより継続の方が難しいのが現実です。福祉の仕事は人が相手ということもあり、さらに厳しいでしょう。しかし、だからこそやりがいを感じられるのだと思います。人は必ず老います。仕事として、自分の将来を見据えてよい知恵もつくと思います。

大村さん(医療法人社団 蘇生会)

福祉の仕事がどんなものなのか、想像の範疇だと見えない部分もたくさんありますが、楽しいこと、成長できる機会も沢山あります。私もまだ、未熟者です。頼りになる先輩が沢山いるので心強いです。皆さんも就職に向け頑張ってください。

城下さん(社会福祉法人 聖ヨゼフ会)

株式会社エクセレントケアシステムの魅力は、社員のやる気や熱意を決して無駄にせず、生かしてくれるところです。一人ひとりの思いを汲み取って、若い世代でも挑戦の機会を与えてくれます。介護の知識や経験のない若い人たちも、ぜひ挑戦してください。一歩踏み出すと、世界の見え方が変わるような発見や感動が味わえる仕事だと思っています。

圓實さん(株式会社エクセレントケアシステム)

仕事をしていて楽しいことはたくさんあるので、そこで自分のやりがいが絶対に見つかると思うので頑張ってください。

鳥居さん(社会福祉法人 ゆたか会)

日々、ご利用者から学ばせていただく本当に奥深い仕事です。お一人お一人に向き合う仕事であり画一的でない分、難しさとそれ故のやりがい・喜びがあります。私自身、ご利用者と心が通じた瞬間、何物にも代えがたい喜びを感じ「ああ、この仕事は天職だな」と思いました。是非、一緒に働きましょう!

山形さん(かんでんライフサポート株式会社)

介護お仕事は世間的には漠然と“きつい”“しんどい”等、あまり良くないイメージがあるかもしれません。でも人と向き合うことが好きな人や日々新鮮な気持ちで仕事がしたい人にとってはやりがいのある仕事だと思います。介護の仕事の面白さや奥深さを少しでも多くの方に知って頂きたいです。ぜひ一緒に仕事しましょう。

本田さん(社会福祉法人 七施会)

福祉の仕事は「お給料が安い」「体がしんどい」「汚い」と世間一般では言われている様で、働こうと思う人は少ないのかもしれません。働いていてもやはり「楽しい仕事ではない」と思う人もいるようですが、やればやる程、人と人との触れ合いが感じられ、喜びや感動も多い仕事であると思います。毎日いろいろな経験をする事が出来、学べる事がたくさんあります。働き始めて1年半が経ちましたが、この仕事を選んで良かったと思います。人と接するのが好きな人、楽しんでおられる姿を見て自分も嬉しく感じられる人は、ぜひ福祉業界で働いてもらいたいと思います。

小林さん(メディカルケア御所ノ内株式会社)