先輩インタビュー~福祉の星~

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

ヴィラ山科(武田病院グループ)では資格取得に向けて頑張り、ステップアップしていくことを積極的に応援してもらうことが出来る職場です。様々なチャンスを与えてもらえ、成長していくことが出来るので、是非一度施設見学に来てみて下さい。自分の軸は何なのか、じっくり考えて楽しく仕事が出来る職場を選んで下さい!その選択肢の内の1つに武田病院グループが入っていたら光栄です。

西村さん(社会福祉法人 青谷福祉会)

「福祉は大変な仕事でしんどい」とイメージを持たれている、思っている方が多々おられると思います。それはどんな仕事でも同じだと私は思っています。ただ、福祉の仕事は他の仕事に比べて得るものが多く、人として成長できる仕事だと思います。毎日が刺激を与えられる事ばかりなので飽きずに楽しんで仕事をできます。 「ありがとう」と感謝の言葉が飛び交う仕事も福祉の仕事ならではと私は思います。

森田さん(社会福祉法人 マイクロ福祉会)

介護の現場で最初に働くのは、介護老人保健施設などの入所施設というケースが多いと思います。最初は慣れなくて大変なこともたくさんありますけど、施設で身についた経験と知識やコミュニケーション力は、キャリアアップしていっても役に立つ必要なことばかりです。また介護の現場といっても入所施設だけではないので、キャリアアップする中で自分に合った場所が見つかると思います。少しの覚悟と大きな期待を持ってこの業界に来て下さい。

長野さん(医療法人 三幸会)

福祉と聞いたら、最初は「しんどい」「私にはできない」等のマイナスイメージを持っておられる方がたくさんいると思います。私も実際にそう思っていました。 でも、いざこの仕事をやると、今までに感じなかった〝やりがい″というものを感じるようになり、この仕事をやっていてよかったと自分に誇りをもつことができました。 きっとそう感じるときが来ると思うで頑張って下さい。

澤田さん(株式会社 サクセスフルエイジング)

福祉はとても奥が深く、毎日のように学びや発見があります。経験や知識以上に人間力が必要とされる仕事だなと感じます。もちろん大変なこともあり、自身の力不足や不甲斐なさから落ち込むこともありますが、利用者さんの姿から元気をもらうことも多く、トータルとしてはとっても楽しい仕事です!

柴山さん(社会福祉法人 京都ライフサポート協会)

進路のことで周りからアドバイスをいただいて、更に悩んでしまうこともあると思います。悩んで出した答えが、自分にとって一番正しい選択だと思います。自分を信じてがんばって下さい。

入江さん(社会福祉法人 美郷会)

 40歳を過ぎてからの福祉業界デビューしたので、色々な意味で不安だらけでしたが、入職してみると上司や先輩方が、親切丁寧に何度も納得するまで教えてくださるので、とても恵まれた職場だと思います。世間ではしんどい・きついと思われがちな福祉業界ですが、いざ働き出すと利用者さんの気持ちに寄り添うことで、しんどい・きついは今のところ全くなく、楽しく働かせて頂いています。

村田さん(医療法人 健康会)

私は、勉強や難しい言葉は苦手ですが、それでも介護職として1年働き、たくさんの事を経験しながら学ばせていただいていると思います。自分の倍以上、たくさんの事を経験されてきたご利用者様からお話を聞いたり、たまに叱られたり、一緒に笑ったりと、仕事をしているなかでもたくさんの刺激を感じられて、自分が想像していた福祉の仕事よりも本当に楽しいです。すごくすごく魅力的なお仕事だと思います。

作山さん(アーバンスタイルケア株式会社)

介護のイメージはいまだにそんなに良いものではないように感じます。私が就職する時も大変な仕事だねとよく周りの方に言われました。実際に働き始めて大変だと思うことは確かにありましたが、私の場合、大変だから辞めたいとか、違う業種で働きたいと思ったことはありません。それだけ得るものが多かったからです。もし何か問題にぶつかったとしても一人ではなく同じ問題に立ち向かえるチームの仲間がいます。時にはご利用者の笑顔が励ましや癒しになる事もあります。最初は大変かもしれませんが同じ福祉のお仕事で一緒に働いてみませんか?

金田さん(社会福祉法人 福知山市社会福祉協議会)

大変な思いをすると思いますが、やりがいを持って頑張ってください。

竹村さん(医療法人 回生会)