先輩インタビュー~福祉の星~

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

私も進路ですごく迷っていました。そして施設の見学や体験、ボランティアなどで自分にどの職が合っているのかをじっくり考え、今はその時の判断が正しかったと心から思えています。介護という仕事に少しでも興味があるのなら、いろんな施設を見学してみて下さい。それぞれの施設に特徴があり、きっと自分に合っている場所をみつけることができると思います。

平田さん(社会医療法人 美杉会)

毎日同じ日はないので、上手くいくときやそうはいかないときもあります。しかし、その日にしかない喜びや楽しさ、やりがいといったものを肌で感じられる仕事だと私は思います。一日一日をご利用者様に寄り添い、同じ目線で共に歩んでいけるのも、福祉の仕事の良さだと思います。

緒方さん(社会福祉法人 青谷学園)

私は野球人生から一転し、福祉の知識もなくこの仕事をはじめました。ですので入職時の不安はすごく大きかったです。しかし、少しずつですが知識もつき、そんな私を必要と思ってくれる利用者さんがいることに嬉しさを感じると共に自信にもつながっています。福祉の仕事は人と接する機会を多い仕事なので、自分自身でも知らない一面を知りながら、日々楽しく成長ができる仕事です。

小谷さん(社会福祉法人 美郷会)

これから福祉の仕事を目指している方へ…ウエルカムです!!たくさんの感動のある仕事です。煌びやかで華やかな仕事ではないですが、小さな感動をすることが多くあります。障がいのあるご利用者のピュアな心に触れた時、高齢者のご利用者から多くの人生経験を聞かせてもらった時、また、失敗をしてこそ学ぶことも多くあります。同僚や先輩、後輩、上司と一緒にチームで動いてケースの道が開けることがあります。苦労ももちろんありますが、ONとOFFの切り替えを大切にして抱え込まず、たくさんの方と関わることで一緒に成長していけるやりがいのある仕事です。

松本さん(社会福祉法人 南丹市社会福祉協議会)

つらい事もありますが、楽しい事もたくさん味わえます。利用者さんの笑顔と「ありがとう」がとても心の支えになるお仕事です。

西川さん(医療法人 健康会)

福祉の仕事について、マイナスなイメージが注目されがちですが、どんな仕事にも楽しいこともあれば辛いこともあり、それでも自分なりのやりがいを感じられるかどうかだと思います。私は、人と関わる仕事の中でもこれほどの長い期間、深い関わりができるのは福祉の仕事ならではと感じています。また、福祉の仕事は正解がないと言われるように、お一人お一人関わり方やケアの方法が違います。それぞれの意見を持ち寄ってベストな方法を考える、そんなチームワークもこの仕事の良さだと思います。

清末さん(アーバンスタイルケア株式会社)

福祉業界の仕事は、世間一般的には「しんどい」「きつい」というようなネガティブなイメージが先行しがちだと思います。しかし、そのようなネガティブなイメージを遥かに上回るやりがいや感動を味わうことができる仕事だと思います。さらに、福祉業界で働く人達は、ほんとに魅力のある素敵な人達ばかりです。素敵な仲間と最高の感動を味わえる仕事をしましょう!

竹本さん(社会福祉法人 福知山市社会福祉協議会)

保育の仕事は、「非認知能力」が最も育つと言われている乳幼児期の子どもと関わる大切な仕事です。小さな子どもの命を預かるとても責任の重い仕事ですが、その分やりがいのある大切な仕事です。「日々感じられる子どもたちの成長」、「共に子どもの成長を見守る保護者との信頼関係」、「仕事を通して深まる職員間の強い絆」など、色んな感動に立ち会いながら、自分自身も成長していけるとても幸せな仕事です。ぜひ私たちと一緒に楽しく保育しましょう!

立川さん(社会福祉法人 育宝会)

一緒にこの分野で働けることを心強く思います。 福祉の仕事環境を一緒に良くして、共にイメージを変えていきましょう!

川村さん(特定非営利活動法人 えがく)

福祉の仕事はしんどくて給料が安いなど悪いイメージがあると思います。実際は悪いところだけでなく人のために働くというとてもやりがいがあり、良い仕事だと思います。せひ、福祉業界で働いてみてください。

上條さん(社会福祉法人 丹和会)