先輩インタビュー~福祉の星~

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

福祉の仕事は、色々な方々と関わります。自分とは違う価値感を受け入れなければならない場面もでてきます。相手を受け入れるには、自分自身と向き合う必要があります。自分という人間はどんな人間かという理解を深めるからこそ、相手を深く理解し、多様なニーズに応えられるのだと思います。技術は後からついてきます。大切なのは自分自身と向き合い、自分の良心を育て、相手の価値感を大切にすることです。不安に思うよりも、まずは福祉の扉をたたいてみてください。

湯浅さん(社会福祉法人向日春秋会)

福祉は幸せを作る仕事だと思います。しかし幸せを作るのは利用者だけの事ではありません。自分の幸せや他に関わる人も含めてです。その為には、まず支援者が楽しんでいない、ネガティブな感覚だと難しいです。しかし、いつもポジティブというのも大変なので負担を出せるところには出してしまい、たまに息抜きしながら楽しめたら福祉は辛いだけとは思わないはずです!

松原さん(公益社団法人 京都市身体障害児者父母の会連合会)

無資格未経験で介護の世界に飛び込んできましたが、非常にやりがいがあり笑顔が溢れる職業だと思います。毎日が同じではなく、日によって違う顔、同じことをしても違う反応、そこが人の難しさであったり楽しさであったりします。また、職員間であってもひとりひとりの考え方が貴重なアイデアになったり、サービスをより向上させられる意見になったりもします。人が相手になるので難しい部分は多々ありますが、無資格であろうと未経験であろうと、ともに歩んでいく寄り添う心を持っていれば大丈夫です。

橋本さん(社会福祉法人 青谷福祉会)

福祉の仕事は人のためにもなりますが、自身の成長にもつながる仕事だと思います。 やりがいを見いだし頑張って下さい。

町田さん(社会福祉法人 和光会)

1人でも何でも100%完璧にこなそうと思わないで下さい。日頃から家族、職場の人とコミュニケーションをとり、1人で抱え込まず、甘えられる時は甘えてもいいと思います。 また、気持ちに余裕が持てるようになると自然と周りのことも見えてくると思います。また、働きやすい環境を作るのは自分次第だと思います。

福井さん(社会福祉法人 堀川健康会)

大変な仕事であり、目に見えて仕事の達成度がわかるものではありませんが、人と関わる仕事をしたい!誰かの役にたつ仕事をしたい!と考えているのであれば、ぜひとも就職して欲しいと思います。私もこんなに長くこの職種に就くとは最初の頃は予想していなかったのですが、気付けば10年以上経過しています。これだけ長く働けているのは、職場の方々に恵まれたり、仕事はしんどくて忙しいですが、やりがいや面白いと感じているからだと思います。元気で明るい方!是非一緒に福祉を盛り上げていきましょう。

須野さん(社会福祉法人 市原寮)

人と関わることが多い仕事です。もちろん関わりの上でしんどいことがあるかもしれません。でも、人と関わることが多いからこそ繋がりを感じることができる仕事だと思います。職場仲間だけでなく、お客様とも一緒に笑って泣ける仕事はそうないと思います。ぜひ福祉業界に。「福祉の星」に。

後藤さん(社会福祉法人 マイクロ福祉会)

様々な人生を送ってこられた方との関わりは教わる事が多く、この仕事だからこそできる経験だと思います。人として成長でき、やりがいが持てる仕事だと思います。

大西さん(社会福祉法人 堀川健康会)

人との関わりの中で多くの学びがあります。しっかりと関わっていこうとすると自分の生活や心の在り方がいかに大切なものであるかが分かると思います。自分の勉強のためにも長い目で、腰をすえて福祉現場で仕事をしてほしいと思います。人のためにと頑張っていることは自分のためにもなっていきます。

千葉さん(特定非営利活動法人 洛南福祉会JACS)

福祉の仕事を通して得られるものはたくさんあると思います。 大変なお仕事ではありますが、自分に足りない事も気づかせてもらえるので、1歩づつ成長していけるはずです。これから私もまだまだ学んでいきたいと思います。 一緒に頑張っていきましょう。

伊東さん(株式会社 サポート桂)