先輩インタビュー~福祉の星~

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

私自身は「楽しかった。人生最後は悔いなく生きた」と思ってこの世を去りたいなあ、と思います。たぶん多くの方が同じように思っておられるのではないでしょうか。自分がそのように思うなら、みなさん、人生の大先輩に先に楽しい時間を私たちと一緒にプレゼントしてみませんか?そっと傍らに寄り添い、笑うだけでも素敵な介護です。あなたのアイデアでいろんなことができ、仕事の幅が広がるクリエイティブな仕事です。 さあ、面白い発想と楽しい時間で仕事も人生も充実させましょう。

河島さん(社会福祉法人 京都社会事業財団 ライフ・イン京都)

人と関わる仕事である以上その難しさというものは当然あり、その中で少しずつその方を理解していくことで新たな発見や関係性を築くことができるなど学べることも多くあります。 「その人らしさ」を引き出すことにこの仕事ならではのやりがいを感じています。その人らしさを発揮できる場を増やしていくことにより、職員が支援することでできるようになり楽しんでいただけるような取り組みを考えていきたいと思っています。 介護は誰にでもできる仕事だと聞くことがあります。私はそうは思いません。病気の方や障害を持った方との繊細な関わりが求められ、その方の生活を支える仕事である以上大きな責任も求められます。だからこそ誰にでもできるではなく、だれでも目指せる仕事。介護をやってみたいと思える仕事にしていきたいと考えています。

井淵さん(社会福祉法人 京都福祉サービス協会)

「福祉の仕事はしんどそう」とか、「自分に出来るか心配」など不安もあると思いますが、人を支えたいという気持ちや思いやりの気持ちを持っていれば、頑張った分だけ喜びややりがいが感じられる仕事だと思います。 また、他の人と成果を競うのではなく、先輩や仲間と助け合いながらチームワークを大切にし、組織全体で利用者皆さんを支えていくのがこの仕事の魅力だと思っています。

川上さん(社会福祉法人 修光学園)

福祉の仕事はこれからもなくてはならない仕事だと思います。確かに大変な事もあります。命に関わる仕事であり、責任も伴います。しかし、それ以上に利用者様と心を通わせ、共に喜び、感謝していただけるこの仕事はすばらしいものだと思います。これからの時代も福祉の仕事は大切です。一緒に福祉業界で頑張りましょう。

杉村さん(社会福祉法人 積慶園)

上手く仕事ができるか、職場になじめるかなど様々な不安があると思います。でも大丈夫です。私も失敗することはたくさんあります。でも、それは悪いことではなく成長のチャンスだと思っています。失敗することで自分の足りてない力を発見することができるからです。また福祉は人を愛する仕事なので同僚の方々も気の良い方が多いです。  自分で前を向いて動いているあなたなら失敗も力にできると思います。ぜひ福祉の世界へ飛び込んできてください!私たちが待っています!

杉本さん(社会福祉法人 宇治福祉園)

仕事をしていく中で様々な問題に直面すると思います。しかし、一人で悩まず、積極的に周りの先輩に質問することで、自分の視野が広がり、新たに学ぶことがきっとたくさん出てくると思います。目標を持って頑張って下さい。

平井さん(社会福祉法人 博愛福祉会)

仕事をする前は、ストレスや腰痛の心配がありましたが、体を動かすことが多いので、健康的になり、思っていたよりストレスも感じなかったです。 また、さまざまなご利用者がおられ、心配してくださる方もいらっしゃって、頑張ろうという意欲がわいてきます。 私の場合、入所施設に勤めているので、午後からの出勤の場合もあります。最初はきついと思いましたが、慣れてくると、平日でもまとまった自分の時間ができるので、とても充実しています。

徳田さん(社会福祉法人 あしぎぬ福祉会)

「お年寄りの介護」ってどんなイメージをお持ちでしょうか?この仕事をして発見したことは、女性の利用者さんはお化粧を少ししただけでも表情がキラキラされます。男性の利用者さんは「カミさんに怒られますねんや」とボヤキをおっしゃられ、「僕もですよ!」と言って笑い合っています。きつい仕事、大変な仕事というイメージを持たれている方が多いと思いますが、そればかりではありません。素敵におしゃれして、冗談を言える、豊かな時間を過ごして頂けるようなお仕事を一緒にしませんか?

竹内さん(社会福祉法人 清和園)

福祉を続けることが出来るのは、優しい方だけだと思っています。 人を思いやることが出来て、器の大きい方。 今後この業界がより必要される時が必ずやってきます。その時までに、福祉の経験を積んでおくことが、きっとあなたの強みになるでしょう!我々と一緒に福祉業界を作っていきましょう。

松田さん(社会福祉法人 北野健寿会)

障害者の「障害」とは、文字通り障害物などの「障害」です。 なので、障害者は障害を持っているのではなく、社会の中で障害(困りごと)を感じている人の事を言います。 では、ここで3択クイズです。 あなたが低身長で電車の吊革に、あと数センチ手が届かず、困っています。 あなた自身はどうすれば、そして周りにどうしてもらえば困らないのでしょう。 ①厚底ブーツを履く ②手が届く距離に吊革を設置してもらう ③誰かに席を譲ってもらう このクイズに答えはありません。また、この3択以外の答えもあるでしょう。 私たちの仕事は、その人に興味を持ち、その人の気持ちに寄り添いながら、たくさんの答えの中から、その人に合った答えを一緒に見つけていく事だと思っています。 興味のある方は、ぜひ一緒にお仕事をしましょう。

筒井さん(特定非営利活動法人ENDEAVOR JAPAN)