先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事の面白いところは?

福祉の仕事の面白いところは、毎日が新鮮だというところだと思います。 沢山の人と関わる仕事なので、同じことの連続ではなく、色々な出来事があり、毎日とても刺激的です。 また、様々な人と子ども達の支援について話をすると、自分で考えつかないような支援についての考えを聞くことができ、自分自身の視野に広がり、面白いと感じます。

石田さん(社会福祉法人 平安徳義会)

正解がないところです。日によって利用者さんの体調や感情が変化するので、今日うまくいったことが明日はうまくいかないことがあります。大変な部分でもありますが、試行錯誤の日々は、毎回新鮮な気持ちにさせてくれます。また、利用者さん一人ひとりに合った関わり方を自分なりに見つけていくことが、自分自身の成長にも繋がり、この仕事の面白いところだと思います。

三浦さん(一般財団法人 京都地域医療学際研究所)

面白いところは幅広い方と関わることができることです。職員もそうですし、ご入居者様であればその方を取り巻く環境、職員、ご家族様、福祉施設、福祉用具会社など、1人の人なのにこんな多くの人たちに囲まれているのか!と思っています。また、職員間でも1人の方に対して考えや思いが違ったりするので、そういう視点があるのか、はて、どうだろうと悩んだりします。しかし自分だけで解決したりせず、人と相談するからこそ見えてくることもいっぱいあるのでそこも面白いと思っています。

吉村さん(株式会社 ルネスアソシエイト)

毎日1人1人、いろんな表情をされ、新鮮な日々が楽しいです。

植山さん(社会福祉法人 しあわせネットワーク)

様々な人生に出会えることです。 長い人生の中で様々なことを経験されたご利用者から、昔の話を聞かせていただけることは、他の仕事では経験できない貴重な学びになります。また、福祉の仕事は、一人ひとりを尊重してケアに当たるため、答えが一つではなくとても奥が深いので、何年経験しても日々勉強になることばかりです。

祝前さん(社会福祉法人 あしぎぬ福祉会)

色んな価値を持った方と出会える事や支援に対してこうすべきという答えがないことがこの仕事のおもしろい所だと思います。こんな考え方もあるんだなど日々新しい発見の連続です。就労移行では、利用者様にただ寄り添うだけでなく、目標に向かって積極的なサポートを行う必要もあり、そのバランスがとても難しいです。しかしこの仕事のおもしろい所でもあります。日々その方に合った支援が何か、毎日が勉強です。

山本さん(医療法人 三幸会)

ご利用者様の日常生活を支援していく中で様々な気付きがあることです。毎日笑顔で挨拶してくれる方やハイタッチを求めてくる方、中には言葉を話せない方などいろんなご利用者様がいます。それぞれのご利用者様に合ったコミュニケーション方法を模索し、関わっていく中で新しい一面を発見出来ることがこの仕事の面白いところだと思います。

継岩さん(社会福祉法人 青谷学園)

 利用者さんと関わりを積み重ねることで、新たな一面を見られるようになることです。入職したての頃は声をかけてもおどおどして目を合わせてくださらなかった利用者さんが、同じ空間で過ごしていく内に「〇〇ちゃん!」と親しく呼んでくださるようになったり、私の誕生日だと知るとメモ帳に絵を描いて渡してくださったり…と利用者さんからアクションを起こしてくださることが出てきます。そういう一面を見ていると、この人の事をもっと知りたいなあと関わりを深めたくなっていきます。

中澤さん(社会福祉法人 えのき会)

 一日一日、全く同じ日がないことです。生活の流れは同じでも、子ども達の姿や話す言葉は毎日、変化しています。同じ遊びをしていても、昨日とは違った遊び方をしている姿を見ると成長して子ども達なりに考えて遊んでいるのだと感動します。「今日は、どんな子ども達に会えるのかな?」といつも楽しみです。このように子ども達の成長を傍で見守れるこの仕事はやり甲斐があり、とても面白いと思います。

伊豆田さん(社会福祉法人 徳雲福祉会)

これは、仕事の大変なところでもあると思うのですが、毎日利用者さんの見せる顔が違うことです。それは何も、本当に顔が変わっているということではなく、利用者さんの表情や調子が日々変化するということです。今日は〇〇さんずっと笑顔で過ごしておられたなと思っていたら、次の日にはものすごく険しい表情で通所されたり、その日の調子によって作業に対する意欲が高い・低い日があったりします。また、普段は全然気にならないことが今日はとても気になる……なんてこともよくあります。そんな時は、こちらからどうアプローチしていくかが重要になってきます。作業に対する意欲が低い日があれば、無理にお誘いするのではなく、まずはその利用者さんが興味のある話題を振ってみたり、普段より休憩を多めに挟みながら過ごしていただいたりして、少しずつ仕事へのモチベーションを上げていけるように、色々試行錯誤をしています。そんな日々が、私にとってはとても充実していて、他の仕事にはない面白いところだと感じています。

岩永さん(社会福祉法人 同胞会)