先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事の面白いところは?

「絶対にこうあるべき」「何が正しいか」という正解がなかなか無いことだと思います。例えば一人のご利用者に対して介助方法の選択肢は複数存在し、職員によって考えも異なる訳です。「この方にはこういう介助方法が良いのでは?」「こういう関わり方が良いのでは?」等、職員間で気軽に意見を出して話している時が実は一番面白い時間なのではと思います。

本田さん(社会福祉法人 七施会)

福祉の仕事だけに限らないかもしれませんが、色んな人と関わる事が出来る事です。利用者さんから私が体験できないような貴重なお話を聞かせて頂いたり、色んな知識を教えて頂けたりするのでとても勉強になりますし面白いです。

高橋さん(医療法人社団 テイ医院)

人と接するのがもともと好きだったので、利用者とコミュニケーションをとれる。毎日が違う事が起こる環境と言うのはすごく自分にとって面白い場所だと思います。なかでも1番なのは利用者と関わっていく内にいろいろなコミュニケーションをとる中で理解し、自分だけの関わり方を見つけられた時が僕にとってのこの職場での面白さだと思います。

荒田さん(社会福祉法人 丹後大宮福祉会)

人と接することが好きで、そういう面では福祉の仕事は私に合っていると思います。相手が何を求めているのか、どんな風に物事をとらえているのかを考えることが面白いです。子どもたちと遊びながらも、その姿をよく観察してみると、「そんな風に見ていたのか!」と、毎日大発見ばかりです。福祉は答えがないとよく言われますが、確かにその難しさもたくさんありますが、答えが1つでないからこその楽しさがこの仕事にはあります。

山村さん(社会福祉法人 保健福祉の会)

知的・身体障害のある方たちと日中一緒に過ごしています。 生活上、大変なこともある方たちが多いですが、そこを少しお手伝いすることで普通に楽しく過ごせます。また、おしゃべりが好きな方、絵を描くのが好きな方、本を読むのが好きな方、マッキー(ペン)を1本ずつ立てて並べる方、お札でも書類でもなんでも紙を破るのが好きな方…いろんな個性をもっている方が多くて毎日が面白さでいっぱいです。自分の感情をうまく表に出せない方もいて、そんな方たちが本当はどんなことを考えているのか、望んでいるのか…そんなことを考えるのも楽しさのひとつですね。

鵜川さん(社会福祉法人はるの里)

グループホームの毎日の生活の中で、いつも何かワクワクすることが起こることが楽しい。私が居ることで、ご利用者が笑顔になったり、スタッフの雰囲気が楽しくなったりすることが、この仕事のやりがい。

松本さん(社会福祉法人 成光苑)

関わりだと思います。認知症のある入居者様との日々の関わりの中で、失敗して受け入れてもらえないときがあっても、少し対応や声掛けを変えることで受け入れてもらえることがあります。そうやって日々、相手を知って、よい関係を築いていく事が本当に楽しいです。入居者様との関わりは自分を成長させてくれるものであり、日々の癒しでもあります。就職してから、自分の中にある価値観がまったく変わることもありました。いままで関わったことのない考え方を持った人と出会い、様々な話を聞くことで驚きや発見、感動など大きく気持ちが動かされることが多くあります。

森本さん(社会福祉法人 七野会)

基本的には仕事に対して、面白いも面白くないもありえないという考えを持っていますが、強いて挙げるならば「毎日同じではない」という点だと思います。働く場所は同じでも、そこで暮らしている利用者の皆さんとのやり取りは毎日違います。その違いの中には楽しいことや嬉しいこと、辛いことや大変なこともありますが、私はその部分にこの仕事の面白さを感じています。

土田さん(社会福祉法人 空心福祉会)

利用者様に名前を覚えて呼んでいただいたり、普段あまり自分から話をされない利用者様から話しかけていただいたり、挨拶をしていただいたりすることや、コミュニケーションを図ることが難しい利用者様の表情の変化が、毎日関わっていくうちに分かるようになってきたことです。

木村さん(社会福祉法人 アイリス福祉会)

施設内でカフェを月に2回開催しています。そのカフェは自由に集える地域の唯一の交流の場となっていて利用者をはじめ利用者の家族や地域の方や職員など利用は様々です。このカフェを開いた事でたくさんの人々との出会いや交流が広がり、今では地域の盆踊りや行事にも声をかけていただき参加するようになりました。 施設での仕事が施設内に留まらず、地域まで広がり交流できることはとても面白いし大切なことだと感じています。

山下さん(社会福祉法人 北桑会)