先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事の面白いところは?

自分で考えて実践していくうちに、このやり方なら上手くできたと思える瞬間があることです。耳が聞こえにくかったり、認知症で意思疎通が難しいご利用者にも「あの伝え方では理解してもらえなかったけど、この伝え方では理解してもらえた」と思える時があると感じています。自分なりに模索しながら、より良い答えに導き出せるところに面白さがあると感じています。

山内さん(社会福祉法人 嵐山寮)

利用者様一人一人に対する介助方法が違い、正解が無いところです。色々な介助方法を試していく中で、上手く行えた時には達成感があります。又、利用者様との談話では、昔のことを色々聞け、知らないうちに勉強になっている事も多いです。昔住んでおられた所の話などはいつも盛り上がり、職員も笑顔になる事が多くあります。

塩見さん(メディカルケア御所ノ内株式会社)

たくさんの人々との出会いがあることです。とても刺激をいただけますし、日々勉強させていただくことばかりです。また、自身の刺激になるだけでなく、人と人との出会いや学び合いの場にも遭遇できます。例えば、自分たちの存在をまずは知ってほしいと相談があった障がいのある方の当事者グループの学習会に、地域のボランティアの方々が参加できるようお手伝いをした際には、参加者から「今後、障がいのある方の立場に立った防災訓練の在り方を考えてみます。」とお声をいただきました。また、地域のボランティアの方々と協力し、中学校で認知症に関する福祉教育をした際には、授業後、実際に道で困っている高齢者の方を中学生が助けてくれたというエピソードもあります。小さなことですが、みんなが安心してくらせるまちづくりの一部に貢献できていると実感できると嬉しいです。

田中さん(社会福祉法人 京都市社会福祉協議会)

僕は七野会が主催する実務者研修を無料で受講して介護福祉士資格を取得しました。学んだ知識や技術が自分の身につくのが、仕事を通してはっきり実感できます。それがこの仕事の面白さだと思います。世間の人が思っているよりもしんどくないし、本当に楽しいです。

鈴木さん(社会福祉法人 七野会)

私が福祉の仕事の面白いと思うところは、様々なタイプの職員がチームを組んでご入居者の支援にあたることによって相乗効果を発揮するところです。たとえば、日々の支援の質を追求する職員、チームワークを高めようと尽力する職員、楽しいイベントを企画する職員、記録や情報処理に強い職員、ご入居者とのコミュニケーション能力が高い職員、そんな様々な特色を持つ職員がお互いに支え合い、高め合うことができる仕事です。逆にコミュニケーションが苦手、記録を書くことが苦手など、苦手なことがあっても、それが得意な職員がサポートすることでチームとして解決していくことが出来る。それが福祉の仕事の面白さの一つだと思います。

山下さん(社会福祉法人 京都社会事業財団 介護老人福祉施設 にしがも舟山庵)

福祉の仕事の面白いところは、毎日が新鮮だというところだと思います。 沢山の人と関わる仕事なので、同じことの連続ではなく、色々な出来事があり、毎日とても刺激的です。 また、様々な人と子ども達の支援について話をすると、自分で考えつかないような支援についての考えを聞くことができ、自分自身の視野に広がり、面白いと感じます。

石田さん(社会福祉法人 平安徳義会)

正解がないところです。日によって利用者さんの体調や感情が変化するので、今日うまくいったことが明日はうまくいかないことがあります。大変な部分でもありますが、試行錯誤の日々は、毎回新鮮な気持ちにさせてくれます。また、利用者さん一人ひとりに合った関わり方を自分なりに見つけていくことが、自分自身の成長にも繋がり、この仕事の面白いところだと思います。

三浦さん(一般財団法人 京都地域医療学際研究所)

面白いところは幅広い方と関わることができることです。職員もそうですし、ご入居者様であればその方を取り巻く環境、職員、ご家族様、福祉施設、福祉用具会社など、1人の人なのにこんな多くの人たちに囲まれているのか!と思っています。また、職員間でも1人の方に対して考えや思いが違ったりするので、そういう視点があるのか、はて、どうだろうと悩んだりします。しかし自分だけで解決したりせず、人と相談するからこそ見えてくることもいっぱいあるのでそこも面白いと思っています。

吉村さん(株式会社 ルネスアソシエイト)

毎日1人1人、いろんな表情をされ、新鮮な日々が楽しいです。

植山さん(社会福祉法人 しあわせネットワーク)

様々な人生に出会えることです。 長い人生の中で様々なことを経験されたご利用者から、昔の話を聞かせていただけることは、他の仕事では経験できない貴重な学びになります。また、福祉の仕事は、一人ひとりを尊重してケアに当たるため、答えが一つではなくとても奥が深いので、何年経験しても日々勉強になることばかりです。

祝前さん(社会福祉法人 あしぎぬ福祉会)