先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事の面白いところは?

一日一日が毎日違うことです。同じ職場に勤務して、生活の流れが同じでも、昨日とは違う人と出会って話し、昨日とは違う子どもの様子が見られることが私にはとても面白くて楽しいです。全然飽きないです。“昨日まで出来なかった事が今日出来た!”この瞬間の感動を味わえるのは、この職業の特権だと思います。たくさんの人と関わることができる福祉の仕事だからこそ、色々な人と会話して一緒に笑ったり、自分には思いつかないアイデアやたくさんの知識を身に付けられる機会がとても多いです。“この本を読んだら喜んでくれるかな~”“今日は○○ちゃんこんな事ができたからお母さん(保護者)に報告しよう!”など毎日わくわくしながら仕事をしています。

林さん(社会福祉法人 みねやま福祉会)

面白いと感じる部分は利用者と関わるたびに、その利用者の考え方や好きな物等を通じ、その「人」に関わっているということ、そこから新しい発見を実感出来るということです。しかし今、僕が働いている障害分野で利用者の考え方等というとイメージしづらい面もあると思われます。僕自身、障害者と関わって生きてきたのではないので実際に働いて、これ程にも考え、それぞれの方法で表現し生きているのだと初めて知りました。また利用者から様々なことを教えてもらうと同時に、こちらのことも伝えることでお互いに関係性を築いていく。そして関係が深まると新たな支援に繋がることがあります。お互いに関係を築くことで支援内容が変化していく点も面白いところなのではと思います。

松原さん(公益社団法人 京都市身体障害児者父母の会連合会)

入居者の方々は認知症が多いですが、それ以外にも既往歴・生活歴等,人それぞれ性格や好みが違います。ほぼ毎日顔を合わせていても喋る事や行動は毎日違っており「えっ。何でそうなるの。」と驚く事もしばしばあり、予想出来ない言動に思わず笑ってしまう事もたくさんあります。 そして長い間関わる事で信頼関係が構築されます。あまり笑わない方が笑ってくれたり、ほとんど喋れない方が言葉を発してくれたりすると嬉しいし、その方の違う一面を見つけるのは面白いです。職員間でも色々と意見を交換して、話し合いが出来るのも楽しいと思います。

須野さん(社会福祉法人 市原寮)

絶対はない。私はこう考えていてこれが面白いところであると思っています。難しく聞こえるかもしれませんが、常に最善を考えながら取り組んでいける事は面白いことではないかなと思います。考え方や思いが人それぞれの中、どのように汲み取ってどのように伝えていくかを常に考えることのできる仕事だと思います。「正解があっては面白くない」ではないですが、探求できる楽しさがあります。

後藤さん(社会福祉法人 マイクロ福祉会)

歌を歌うのが好きで、学生の頃も軽音楽でボーカルをしていました。レクリエーションでのカラオケで時々歌わせていただくのですが、手拍子をしながら一緒に歌い、すごく喜んで下さいます。

平田さん(社会医療法人 美杉会)

福祉の仕事で面白いところは、たくさんの個性のあるご利用者を始め関係者との出会いに充実感を味わえます。自分の物差しで見るのではなく、いろんな方向から見ることの大切さを学べます。恐らく、福祉の仕事をしていなかったら知ることの出来なかった多種多様な生き方(人生)を知ることがこの仕事の面白さだと思います。

松本さん(社会福祉法人 南丹市社会福祉協議会)

介護分野です。高齢福祉では、施設・デイサービス・ホームヘルプ等で「人生のノウハウ」を学ばせていただき、障害福祉では24時間介護体制の地域生活支援の中で「障害を持って地域で生きる工夫」を学び、共に考え「誰もが地域で生きやすい社会を目指す活動」を学んでいます。高齢福祉も障害福祉も『自分の人生に深く関係』しているところにやりがいを感じています。

川村さん(特定非営利活動法人 えがく)

お食事が進みにくい、水分が摂取しづらい、入浴を拒まれることが多い等、利用者様それぞれの特性があります。そのような時、どうしたら食べていただけるかな、どのようにお声がけしたらお風呂に来ていただけるかなと色々と模索するのは、楽しいです。また、手が痛いから等の不調を理由にレクリエーション参加が消極的な方に、痛くないと思っていただけるような工夫をし、「楽しかった」「できたわ」の言葉と共に笑顔を見せていただけることがとても嬉しいです。

下山さん(社会福祉法人 大原野福祉会)

利用者様と会話をする中で、京都の古い話や若い頃の思い出話を聞かせてもらえる事です。歴史が好きな私にとっては、とても興味があり楽しい話が多いので様々な事を教えてもらっています。そのような会話の中で、今の高齢者の考え方や価値観の違いを感じることが出来るのも楽しいです。

久保さん(医療法人 稲門会)

ご利用者様と普段何気ない会話をしているときに、急に冗談や物まねなど面白いことを言ってこられたときは本気で一緒に笑っています。 また、ご利用者様によって話し方や聞き方を変えて笑顔になっていただき、色々な話をして聞いていると人生勉強になることもあって、日々楽しく仕事しています。

山田さん(社会福祉法人 アイリス福祉会)