先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事の面白いところは?

利用者様が今どうしたいのか、今からどうするのかなど、相手の行動一つ一つで判断し、準備や対応を考えることや、訴えられる事にどの様に返答、行動すれば安心されるのかを考え、それで安心され過ごされる事にやりがいを感じます。又、プライベートでも自然に誰にでも助けを必要とされている方に接したり、体調を崩された人の緊急時の対応など、職場以外でも使える事がたくさんあります。

北窪さん(社会福祉法人 和光会)

一人ひとり同じところはひとつもないですし、いろいろなお話を聞かせていただき、とても勉強になります。毎日時間を一緒に過ごしていても予想できない言動があったり、急に冗談を言われたりと笑ってしまうこともよくあります。新たな発見もあり、人と人との関係は面白いものだと改めて感じます。

清水さん(社会福祉法人 浄山会)

毎日が違い、毎日新たな発見があるところです。同じメンバー、同じ作業の流れではありますが、利用者さんとのかかわりは毎日違います。大切なこともたくさんありますが、一日一日の積み重ねで、できることが増えた時の喜びはとても大きなものです。

名倉さん(社会福祉法人 松花苑)

毎日が、同じことの繰り返しではないので日々様々な事に対して勉強が出来る所、様々な生活歴を送ってこられた高齢者の方々と接する事です。お孫様の様に私を可愛がってくださったりする事が、福祉の仕事をしていて面白い部分だと思います。

小田さん(国民健康保険山城病院組合)

福祉の仕事は色んな人に出会える職場です。人との出会いが高齢者の方から自分の経験の中では知ることのできないお話を聞いたり、他事業所や他職種との繋がりで知識を高める事ができます。自分の発想にない人との出会いは「なるほど!面白い!」といつも感じています。

上田さん(社会福祉法人 亀岡市社会福祉協議会)

さまざまな障害のある人が地域で生活して人と出会ってきました。 人工呼吸器を付けての生活や、車いすの形状・機能も多種多様、介助者との口文字で会話など、初めて見た時には驚きと面白さを感じました。 それぞれの生活をされている中、自分がどんな生活をしたいのかを介助者はじめとする周りの人に伝え、自分で生活を作り上げている姿に「人の生活の多様さ」を考えさせられ、そんな人たちと出会えたのは私の財産だと思っています。

岡本さん(特定非営利活動法人 えがく)

 試行錯誤をする事だと思います。一度失敗しても、少しの変化や工夫で成功したり出来るようになる事があります。それを日々模索しながら考え探していく事が、福祉の仕事のしんどい部分でもあり、とても面白い部分でもあると思います。固定観念にとらわれず、頭を柔らかくしながら、時には先輩や周りの人にアドバイスを貰いつつ、何が一番良いのかを考えながら仕事しています。

古川さん(社会福祉法人 京都市右京区社会福祉協議会)

言い方は荒いですが、福祉の仕事ほど赤の他人のプライベートに土足で踏み込んでいくような仕事は中々ないと思います。福祉の世界に入ってから、普通の生活をしていたら出会わないような方や、人生の先輩方と沢山関わらせていただいています。  出会いの数だけそれぞれの生き方があり、そこからの教訓や若僧への叱咤激励、時にはこちらのグチを聞いてもらったり・・・。そういった人間くさい関わりが私にとっては福祉の仕事の魅力的なところです。

世古口さん(社会福祉法人 十条龍谷会)

毎回新しい発見があることです。 『この利用者さんはこんなことも出来るのか!』『こんなことが好きなんだ!』と毎日面白い発見があります。 また、自分の気持ちの持ちようであったり、相手を思って行動しているかによって、利用者さんの私たちに対する接し方が変わるところも面白い発見だったなと思います。人と人との関係は障害の有無関係なくあるんだなと改めて感じた瞬間でした。

渡部さん(公益社団法人京都市身体障害児者父母の会連合会)

たくさんの人生の大先輩との出会いがあります。若いころは何をされていたか、何が好きか、どんな経験をしてこられたかなど訪問する回数が増える度、私達にも心を開いてお話してくださいます。コミュニケーションの楽しさ、難しさなども感じますが、ひとつひとつとても勉強になります。ご病気で意思の疎通が図りづらい方への対応でも、自分が学んできたこと、練習してきたことで笑顔になってくださったり、その人らしい生活を送る為のお手伝いが出来ることは嬉しいですし、やりがいがあります。

金田さん(社会福祉法人 福知山市社会福祉協議会)