先輩インタビュー~福祉の星~

今どんな仕事をしている?

 現在は地域福祉係に所属し、社会的孤立防止対策事業と福祉教育を担当しています。社会的孤立防止対策事業では、ひきこもり状態にある方への関わりや居場所の開催を行っています。社会的には「ひきこもり」と一括りになってしまうこともありますが、一人ひとりの特性を大事にし、強みを意識して関わっています。また、福祉教育では、小学校・中学校・高校で行われる車イス体験や当事者の方の講演、夏休みには、中学・高校生を対象とした 福祉施設体験の調整を行っています。地域の今後を担っていく学生に対して、福祉について考えてもらう機会になっています。

笠井さん(社会福祉法人 亀岡市社会福祉協議会)

訪問介護事業所で常勤ヘルパーをしています。入浴介助では自宅での入浴を希望されている利用者様が不安なく安心して楽しく入浴できるよう。お手伝いしています。生活支援では、掃除や買い物代行、時には一緒に行ったりしています。その方に必要な支援を行っています。

西田さん(あかり株式会社)

特別養護老人ホームで高齢者の生活を支える仕事をしています。私の働く施設では、介護 職員ではなく、生活支援員という名称で職員を呼びます。介護のみを提供する仕事ではなく、 高齢者一人一人の生活を支える仕事として、多様なスキルを身に付けるために日々の学び を大切にしています。

山下さん(社会福祉法人 大樹会)

私はデイサービスで働いています。運動指導、入浴介助などをしています。利用者の変化にすぐに気が付くことが出来るようにコミュニケーションや歩行の観察などもしています。利用者の健康の維持のサポートをするために、自分自身も勉強しています。

小川さん(株式会社 日本シューター)

主に知的障がいがあるご利用者の入所施設やグループホームにおいて、地域での暮らしを支える仕事(生活支援)に就いています。 食事、入浴、健康管理、環境整備(清掃、修理、植栽等)、余暇支援、日中活動事業所との連携、ご家族とのコミュニケーション、地域の社会資源としてのショートステイの受け入れ等…仕事の内容は多岐にわたりますが、ご利用者に寄り添い、健やかで彩りのある暮らしの実現をお手伝いしています。

桑村さん(社会福祉法人 京都ライフサポート協会)

私はグループホームで障害のある方の支援をしています。仕事内容としては主に入浴、食事、就寝などの生活全般の支援をしています。たわいもない会話からちょっとした相談もして下さったり、沢山コミニケーションをとりながら仕事をしています。 メンバーとお話しする事で自分が今まで知らなかった事に気づかされる事もあります。 メンバーが住み慣れた場所で楽しく過ごせる様に生活を支える大切なお仕事です!

守屋さん(特定非営利活動法人 てくてく)

現在、高齢者のデイサービスで勤務しています。仕事内容は、食事や入浴などの日常生活上の支援や生活機能向上のための機能訓練を行っています。 地域の高齢者の方だけでなく、京都市内全域の聴覚障害のある方にも利用して頂いている施設であり、手話や筆談でコミュニケーションをとっています。

松本さん(社会福祉法人 京都聴覚言語障害者福祉協会)

認定こども園で2歳児クラスを担任しています。お散歩に行ったり、お歌を歌ったり、製作活動をしたり、様々な活動を子ども達と一緒に楽しんでいます。クラスの子どもの姿に合った活動ができるよう、他の先生方と相談しながら工夫をして保育を行っています。 また、送迎時に保護者の方ともお話しすることも多くあり、子どもの成長を共に喜ぶことが出来ることを嬉しく思います。

三原さん(社会福祉法人 上賀茂福祉会)

現在は小規模多機能型居宅介護施設で介護の仕事をしています。入浴や排泄の介助だけでなく、掃除や買い物の支援を行ったり、地域にお住まいの利用者さんのお宅に配食に行ったりなど利用者さんの生活を支える様々な仕事をしています。通いで来られる利用者さんの自宅に訪問し支援することもあるので利用者さんの生活を近くで感じることが出来ます。

奥田さん(社会福祉法人 リガーレ暮らしの架け橋)

現在、ショートステイとデイサービスの相談員を兼務しています。主にはデイサービスの相談員として送迎業務、生活支援(食事介助、入浴介助、排泄介助など)、利用者さまやご家族からの相談を受け各種調整を実施しています。

中林さん(社会福祉法人こころの家族)