先輩インタビュー~福祉の星~

今どんな仕事をしている?

私は養護老人ホームで勤務しており、そこでは100名近くの高齢利用者が入居されています。日々の仕事内容は、食事、排泄、入浴のお手伝いや医療機関への通院付き添いなど生活の支援の他、体操やカラオケ、塗り絵などの余暇支援で、それらをすべて記録することなどです。数名の利用者を担当して、一人ひとりにより添ったケースワークも行っています。またブログの更新と年3回の広報誌の発行をしました。更にクリスマス行事のプログラム作成や司会などもさせていただきました。今年度は初めて係の主担当を任せていただき、大変嬉しく感じながら、責任を持って取り組んでいます。

堀本さん(社会福祉法人 京都府社会福祉事業団)

こども園で、保育教諭として働いています。現在は1歳児のクラスの担任をしていて、日々子ども達の成長に向き合っています。 昔から子どもが好きだったので、学生のころから保育園でアルバイトをしていたのですが、「やっぱり子どもが好きだ!」と実感したので、保育教諭になりました。

藤村さん(社会福祉法人 洛西永正福祉会)

特養とショートステイでの介護職兼ショートステイの生活相談員をしています。特養とショートステイの早出や遅出、夜勤に入る日もあれば、1日相談業務をする日もあります。また午前は現場に入り、午後は相談業務をするといった日もあります。現場では主に特養とショートステイのご利用者の食事、排泄、入浴など暮らしを支えるお手伝いをしています。生活相談員としては、事務作業や連絡調整、ご利用者の自宅へ面接に出掛けることもあります。現場の介護職と相談員を兼務するのは想像していたよりも大変ですが、実際にご利用者のケアに関わりながら相談員として働けるのは強みだと感じています。

川口さん(社会福祉法人 リガーレ暮らしの架け橋)

老人保健施設で介護福祉士として働いています。日々、利用者さんの生活や身体介護を行いながら、日によって変わる体調に合わせリハビリ等も行っています。自分が担当になっている利用者さんのカンファレンスの為、介護の視点からその方にとってさらに良い状況や状態になる様、プランの提案や意見も行っています。常に利用者や職員とコミュニケーションをとることと笑顔を絶やさないことを心掛けています。

大村さん(医療法人社団 蘇生会)

重症心身障害児者入所病棟で働いています。基本的日常生活動作の援助・個別支援計画の立案から実施する過程で、他職種で話し合い、1人1人に合った支援を提供しています。 また、年間行事・誕生日会などのイベントがあり、スタッフが企画し盛り上げます。他にも、個別療育活動(マンツーマンでの余暇活動)もあり、入所児者本人の好きなものリラックスできる時間を共有しています。

城下さん(社会福祉法人 聖ヨゼフ会)

施設を利用する高齢者への食事提供と栄養ケアマネジメントを行っています。食事に関しては、献立作成、発注業務、調理業務を行っています。利用者の身体状況に合わせた調理方法を考え、様々な食事形態にして提供しています。また、季節義との行事食やイベントも行っています。 栄養ケアマネジメントは栄養状態をリスク分けし、栄養ケア計画を作成します。その後、経過を記録します。ご利用者の食事の様子などを観察し、個別で対応を検討します。他職種と情報共有の為に会議などを行います。

小國さん(社会福祉法人 太陽福祉会)

複合型事業所の中で私は、小規模特別養護老人ホームで勤務しています。利用者様の毎日の生活を送っていただくために必要な介助をする事が主な仕事です。生活を支えるだけでなく、利用者様に生きがいを感じてもらえるよう支援出来る事が目標です。介護職だけではなく、看護師や栄養士、相談員、理学療法士などの専門的な知識を持つ他職種の職員と利用者様について相談し合う事が出来ます。

内田さん(社会福祉法人 香東園)

食堂で料理を作っています。利用者の方々と一緒に料理をしたり、お客様をお迎えする準備をしたり、職業指導員として毎日走り回っています。調理師として料理を食べてもらう喜びと利用者の方々と働ける楽しさで毎日充実しています。

西原さん(社会福祉法人 しあわせネットワーク)

発達に凸凹があったり、ゆっくりな子どもたちが、週に数回療育に通っています。未就学の子どもが対象です。集団の療育で、国の基準よりも多くの職員を配置し、手厚い体制で支援しています。活動の内容は、身体や手先を使ったあそび、道具を使ったごっこ遊び、戸外への散歩など様々です。また個別支援計画の作成も行っており、「身体・手指」「自我」「イメージ」の視点から、子どもの様子を保護者の方と共有しています。

山村さん(社会福祉法人 保健福祉の会)

介護の仕事の魅力は誰かのために全力を傾けて働くことができ、やりがいを感じられる点です。働く社員として、「会社のため」「売上のため」に貢献するという考えも大切ですが、「ゲストのため」「チームのため」に働いているという意識を非常に強く持っているのもこの業界の特徴だと思います。ゲストのみなさまの笑顔や楽しそうにされている姿が私の頑張る力の源になっています。

丸山さん(グッドタイムリビング 株式会社)