先輩インタビュー~福祉の星~

今どんな仕事をしている?

私が所属しているピアハウス・HISHIKAWAはグループホームです。 週1回程度、グループホームで宿直(寝れます)をしながら支援をしています。 それ以外の、日中(利用者がお仕事や日中活動で出掛けている間)は事務作業をして、夕方頃にグループホームへ寄って、生活の困りごとの相談に乗ったりします。 それぞれ、生活の中での困りごと(障害)はぶつかる様な物からつまずく程度の物まで、ソフト・ハードの部分を含めて無数にあります。 日々変化していく環境の中で、その人に合った生活を一緒に見つけていく仕事です。

筒井さん(特定非営利活動法人ENDEAVOR JAPAN)

私は今ご利用者様のご自宅にお伺いをして、食事や入浴のお手伝いをしたり、時にはお食事を作ったりお出かけをすることが主な仕事です。 それ以外の時間には、ご利用者様の月間、年間の予定を作成したり必要書類の作成、会社内での研修資料の作成、実施などを行っております。

立花さん(ディバイングレース株式会社)

ケアハウスの生活相談員として勤務しています。生活相談員はケアハウスに入居されている方の生活に関わる相談役です。また様々な手続きを代行や、ご家族様や病院など各連携機関との連絡調整等が主な仕事です。その他にもケアハウスに入居希望されている方やそのご家族様のお話を伺ったり、入居の手続きや施設での生活についての説明も行っています。高齢者に関わる法律や法人の運営についても知っておく必要があり、日々勉強の毎日です。様々な人と関わる機会が多く、やりがいのある仕事だと感じています。

丸谷さん(社会福祉法人 伏見にちりん福祉会)

相談員として、利用者さんの暮らしと福祉サービスをつなげる仕事をしています。利用者さんやご家族からご希望や困り事をうかがい、“こうなりたい”や“こうしたい”を叶えるために必要なことを一緒に考えます。また、日頃から関係機関と連絡を取り合い、サービスの利用調整をすることで、利用者さんが安心してサービスを受けられるように支援しています。利用者さんの思いに寄り添いながら生活をサポートする、縁の下の力持ちのような、大切な役割だと思っています。もみの木には、日中の居場所として毎日のように利用者さんが通所されます。相談業務とともに、もみの木の利用者さんとのんびりお話をしたり、行事を一緒に楽しんだりすることも大事な仕事の一つであり、私にとっては、心がほっと安らぐ時間でもあります。

松本さん(社会福祉法人 みねやま福祉会)

主任をさせて頂いています。 私はずっとスポーツをやってきましたが、福祉というのはそれに似たものがあると私は感じています。一つ一つの物事や一日の流れ(業務)を相手とすると、まずどの様なフォーメーションにするか、相手が違う事をしてきたらチームでどう対応するか話し合う。キャプテンはチームの意見を監督(上司)に話す。一つの事に対して一生懸命やればやるだけ結果がついてくる。 この様に働いている一人一人の個性を活かし、一つの目標(利用者様を介護する)を毎日職員も利用者様も、楽しく元気に安心して過ごして(働いて)頂けるようにする仕事をしています。

北窪さん(社会福祉法人 和光会)

今は特別養護老人ホームの生活相談員として働いています。 業務内容は、施設に入りたいと思っておられる方のもとへ面接に行ったり、施設への入居の調整を行ったりしています。 また、入居中の方で病院に受診へ行くための受診調整や、施設見学者の対応、入院者の状態確認など業務は多岐に渡ります。 業務において医療機関や他施設・ケアマネージャー・看護師など様々な職種や関係機関とも関わることがあるため幅広い知識も身につけることができる仕事だと思います。

出口さん(社会福祉法人 弥勒会)

現在の仕事内容は、リハビリに通われる利用者さんの日常的なお手伝い、体操やレクリエーションのお手伝いを行っています。毎日の支援の他にも、年間行事の企画・実施等も行っています。 私は介護職としてだけでなく、相談員としても働いています。利用希望のある利用者さんの調整や契約はもちろん、なにか生活でお困りごとがおありの際は、身近な相談相手としての役割もあります。 他の職種や連携機関と情報共有を行うことでより安心して生活をしていただけるように支援させていただいています。

齋藤さん(医療法人 清水会)

現場では、ご利用者様それぞれに個別の運動プログラムを提供しています。器械の使用方法や操作方法等の1対1での指導や、1対多数の集団運動の指導をしています。事務では、当月のご利用者様のご様子を報告するモニタリングという書類作成を40名程担当しています。また、目標を決め、それに向けてどういう取り組みをしていくか、結果どう取り組まれたかを評価する、運動器計画書作成を10名程担当しています。 入社して初めの頃は、ひたすら覚える事に必死で頭が痛かったですが、ようやく馴染んできたかなという感じです。

草場さん(株式会社日本シューター)

主に介護現場での排泄介助や入浴介助、ご入居者様がおられる居室の訪室を行っております。訪室した際には何か困り事が無いかなど、世間話を交えながら体調等の様子も伺っております。そのほか、病院受診の付添いやレクリエーションも毎日行っています。 正職員になると直接処遇業務だけでなく、各種係や委員会活動、また行事の担当もします。

萬井さん(一般財団法人 日本老人福祉財団)

将来、自身の家族の支えになれればと思い、知識や経験を身につけようと専門学校へ行きました。介護のお仕事に就く事を決めた私にとって、現在の仕事内容はとても充実しています。 ご入居者が、自分らしく楽しい生活を送れるように日々の生活にケアを通してサポートしています。 食事・排泄・入浴介助など日常生活でお手伝いが必要なところはお手伝いし、心動く日々のアクティビティや年間行事などイベントを通じて個々のニーズに合わせた時間を一緒に過ごしています。

辻さん(東京海上日動ベターライフサービス株式会社)