先輩インタビュー~福祉の星~

今どんな仕事をしている?

小規模多機能型居宅介護に勤めています。仕事内容は、「通い」のサービスを中心に「訪問」「宿泊」のサービスを組み合わせてご利用者様の在宅生活のサポートをしています。1つの事業所で3つのサービスを提供しているため、通いに来られている以外に普段生活している自宅に訪問し支援するのでご利用者様の生活を肌で感じることができます

西光さん(社会福祉法人 京都老人福祉協会)

施設で暮らされている入居者様の生活全般のサポートを行っています。介護の仕事というと、食事や入浴の介助などをイメージされると思いますが、それだけではなく入居者様が日々楽しみを持って過ごしていただけるよう一緒に買い物や外出に出かけたり、様々なイベントを企画したりしています。イベント時には入居者様と職員が一緒になって楽しんでおり、笑顔が絶えません。

猿渡さん(社会福祉法人 レモングラス)

今は放課後等デイサービスを中心に働いていて、子どもたちと関わることが多いです。子どもたちの成長はとても早く、日々驚かされることばかりです。また、子どもたちがまだ来ていない午前中には、事務仕事をすることもあります。居宅と兼務しているので、在宅支援や外出支援をすることもあります。子どもから大人まで幅広い年齢の方と関わることができ、とても楽しく仕事しています。

高梨さん(特定非営利活動法人 暖)

特別養護老人ホーム内で介護職員として働いています。簡単に言うと、ご高齢で体が不十分な方や認知症の方に対して食事や排せつ、入浴など介助が必要なところを手伝う仕事です。それだけでなく、天橋立にドライブに行って、おやつを一緒に食べて散歩を楽しんだり、月に1回ボランティアの演奏を聴いたり一緒に楽しむことも仕事の一環です。利用者様が楽しまれるのをみて、こちらも楽しい気持ちになります。

野村さん(社会福祉法人よつば会)

今の仕事は利用者の方の生活全般の介助をしています。入浴、食事、トイレ、歩行などの介助があります。その他にも食事を作ったり、利用者の方のお出かけの支援の仕事など様々な種類のサービスがあり、面白いと思います。

八木さん(株式会社 サポートセンターめぐみ)

現在は、グループホームでの夜勤をメインに働いています。入居者の方がご自宅のようにゆっくりと不便なく暮らせるように食事や入浴、排泄の支援を主に行っています。就寝前に時間があるときは入居者の方とスタッフで集まって人生ゲームやカードゲームなどをしたり、ハロウィンやクリスマスなどのイベントの時はパーティーを開催したりして楽しく過ごして頂けるようスタッフ一丸となってアイデアを出し合っています。

太田さん(公益社団法人 京都市身体障害児者父母の会連合会)

利用者様の日常生活のお手伝いをしています。 食事、排泄、入浴等その方がご自分でされるには困難なことを介助しています。 夜勤もあり、利用者様が安心安全に1日を過ごして頂くために、他の職員と交代をしながら、利用者様の身の回りのお手伝いをしています。 京都府老人保健施設協会の看護・介護部会の施設担当として、月1回程度は他の施設の職員の皆さんと交流を図っています。

木村さん(社会福祉法人 丹の国福祉会)

私は現在、小規模多機能型居宅介護で働いています。小規模多機能では、通い・泊り・訪問の3つのサービスを軸にしており、送迎や入浴介助、夜勤などの仕事もあります。 はじめは覚えることが多く大変でしたが、一つずつ身につけていくことで、すべての勤務を一人で行うことができるようになりました。シフトによって勤務時間が変わるため、生活リズムを保つのは大変ですが、慣れれば時間を有効活用できるようになりました。

福田さん(株式会社キャビック)

 障害のある方の通所施設で、就労支援B型、生活介護のサービス提供をしています。生産活動では、パン製造・陶芸・紙工・縫製・珈琲作業があり、私は、主に紙工(箱折りなどの受注作業)と縫製作業に携わっています。 作業の中で、利用者さんが、やりがいや楽しみを持って働くことができるように、作業の提供方法や声掛けを工夫し支援しています。

川村さん(社会福祉法人 なづな学園)

グループホームでは利用者様1ユニット9名の生活支援をさせて頂いています。主に食事の準備・排泄・入浴支援、利用者様との相談業務、記録作業等行っています。  現在ユニットのリーダーのためスタッフの指導、ユニット会議などの議事録作成も行っています。

上田さん(社会福祉法人 京都育和会)