先輩インタビュー~福祉の星~

しんどいことはどんなこと?

体力的にしんどい事はまったくありません。 ユニットケアで入居者様10名、他職員と協力して入居者様の介助を行うので、精神的にも1人で抱え込まない安心感があり、それが入居者様に対して質の良い介助が行えている理由だと思っています。忙しくて1人バタバタしていると、どうしても質の悪い介助になります。入居者様、家族様に対して満足してもらえるよう、職員同士で連携する事は自分にとっても、大切な事です。

吉田さん(社会福祉法人 京都紫明福祉会)

私は小柄なので、体格のがっちりした男性のご利用者様の介助に大変さを感じています。ただ、身体の使い方やしっかりとした介護の技術を身につけることで、克服できました。 あと、私は書類作成が苦手です。介護の仕事は意外に書類を作ることが多く、しんどいな、苦手で嫌だなと思っています。今は、積極的に書類を作成する、先輩の文章や書類を見て学ぶ等、少しずつ克服できるように頑張っています。

河村さん(社会福祉法人 柊野福祉会)

グループホームで働いている上でしんどい事は正直ありました働き始めの時は何をするにしても無知の状態で、日々覚えることが多かったですし、実家暮らしの私は料理や洗濯もほとんど両親にしてもらっていたので、何度も失敗をしました。ですがそれでも私がめげずに頑張れたのはスタッフの支えがあったからです。ケア21のスタッフは失敗しても、優しくサポートして下さいます。業務面だけでなく、精神面でもフォローしてくださるチューターがいるので、しんどくても、頑張ることができました。

五十嵐さん(株式会社 ケア21)

夜勤や早出など勤務形態が不規則であり、自分自身の生活リズムも変わる事から慣れるまでは身体的にもしんどい面はあります。しかしすぐに慣れていき、逆に勤務形態が不規則だからこそ他業種と比べて、休みや自分の自由の時間が多いと思います。他に、介護、対人援助ということで身体的にも精神的にもしんどい面はあります。しかしそこはチームケアだからこそ他の職員とフォローしあい助け合いながら働いています。

薮下さん(社会福祉法人 洛西福祉会)

基本的に、介護では身体を使うことがほとんどなので、自分に負担をかけてしまうと、腰痛だったり肩こりだったりと身体を痛めやすいことがよくあることです。このことがきっかけで仕事を退職する職員も居るくらいです。職場では身体の負担になりにくい介護方法を提示してくれていますが、個人でケアすることも大事にしています。

福島さん(社会福祉法人 幸生福祉会)

身体を常に動かしているため、疲れを感じることはあります。 ただ一番は、精神的に疲れてしまうことです。 ご利用者への対応はもちろんのこと、スタッフと協力して行う仕事なので、人間関係に疲れてしまうこともあります。しかし、しんどくなった時に、話を聴いてくれる人がいたことで、今まで辞めたいと思ったことは一度もありません。

門川さん(株式会社 ケア21)

まだまだ、経験不足な点はあり、利用者さんの普段の様子をしっかり観察することを意識して仕事していますが、普段と違うと思った時に、どうしていいのかは、わからなくて困ってしまいます。でも、まわりに先輩がたくさんいるので、相談して対応するようにしています。大変ですが、色々な経験や勉強をしていきたいと思っています。

島田さん(社会福祉法人 洛東園)

訪問時、ご利用者様の体調が悪いときなどでも、時間で家を出なくてはなりません。「大丈夫かな?」ととても心配になります。そんなときは、訪問後も気になるところが、気持ち的にしんどい時があります。

飛田さん(社会福祉法人 綾部市社会福祉協議会)

先に述べたように、この仕事は人との関わり合いです。それが良くも悪くもあるのですが、「しんどいなあ」と感じるのは大体が悪く転ぶときです。 例えば、現場から「これを先方に言っておいてもらわないと困る」と要望がある時。「言うことと、実際にしてもらえるかは別物なんだけど…」と思いながらも、言葉を選びながら丁寧に、慎重にお伝えする。「こういう理由で無理です」という返事。やっぱりな、その理由じゃ仕方ないな、と思いながら、うまいこと、波風立たないように現場に返す。「なんで!ちゃんと言ったの?」と言われる…先方にも、現場にも、お互いの悪い印象を付けることは避けなければならない…荒波が立つときに、どこにもよろけずにしっかりと立つことに神経を使い、頭をフル回転している時にふと「しんどいなあ」とこぼしてしまいます。

金子さん(社会福祉法人 カトリック京都司教区カリタス会 総合福祉施設 東九条のぞみの園)

これは精神的な話なのですが、毎日一緒に過ごしていた利用者様が退所になった時が一番しんどいです。 その時を迎えようとしておられる利用者様の姿を見ると、それを助けることの出来ない自分の不甲斐なさ、無力感で心がいっぱいになってしまいます。

松田さん(社会福祉法人 北野健寿会)