先輩インタビュー~福祉の星~

仕事の中で大切にしていることは?

私が働くうえで一番大切にしていることは、利用者様に必ず敬語を使うことです。私は高齢者施設で勤務しており、対象の利用者様はもちろん私の何倍以上も生きてこられた方々です。そのような方々に対し粗雑な言葉使いで接するのは何より無礼なため、言葉を崩さないように心がけています。また、自論ですが敬語を使うことで相手を敬うことができます。かの有名な“マザーテレサ”の格言の一説に「言葉に気をつけなさい。それはいつかこうどうになるから」これは全くその通りであり、丁寧な言葉使いでいることで自分を戒め、丁寧な介護ができると思います。

竹村さん(医療法人 回生会)

いろいろな方がいらっしゃるため、自分の価値観や考え方にとらわれない、柔軟な考えを持つことが必要だと思います。それにこだわり過ぎてしまうと逆に自分自身がしんどくなってしまうため、他の職員の対応を見ていい所を真似たりすることで支援の幅が広がって行くと思います。

佐伯さん(社会福祉法人 京都育成の会)

笑顔と思いやりです。自分が笑顔であれば、子どもも自然と笑顔になっています。 そんな笑顔をずっと見ていたいので、まずは自分から笑顔を忘れないようにしています。思いやりも大切で、次の人の為に使いやすい環境にしておこうと心がけています。

長束さん(社会福祉法人 ゆたか会)

1つの型に囚われないこと。そして、ありのままを受け入れようとすること。ある意味では諦めも必要で、柔軟な考え方、対応が出来るように心掛けています。 私の職場には、ロボットは居ません。感情のある人しかいません。だからこそ色んなことを試しています。同じ方でもその日、その日で違う対応をすることも有ります。常にその時に出来るベストを探しています。

岡治さん(株式会社 和道文化サービス)

私が大切にしている事は、入居者のペースに合わせる事、入居者の思いを大切にする事、職員とのコミュニケーションです。中でも1番大切にしている事は、自分の思いをおしつけない事です。 それは、人間相手の仕事だからです。思いは一人一人、人によって違います。思いを言葉にできない方もいます。 だからこそ、自分の思いをおしつけて仕事が職員都合にならないように気をつけなければなりません。

間縞さん(社会福祉法人 グレイスまいづる)

1番は笑顔でいることです。自分から元気いっぱいあいさつをすることです。他のクラスの子どもや先生、保護者にも自分からあいさつすることで、それだけでコミュニケーションがとれます。朝から自分から行うことで自分自身も気持ちが良くて一日すてきな日が送れる気がします。より多くの人と関わることができるきっかけが、あいさつだと私は思っています。他にも、子どもの気持ちを受け止めることや視野を広く持つこと、報連相(報告、連絡、相談)をしっかり行うことなど大切にしていることはたくさんあります。

林さん(社会福祉法人 みねやま福祉会)

敬意をもってご利用者と接することです。

山田さん(社会福祉法人 端山園)

お客様や一緒に働く仲間、自分のことも大切に想う気持ち。 悩んだときは一度立ち止まって、お客様の立場に立ったつもりで考えたり、お客様のご家族や自分のおばあちゃんの顔を思い浮かべて、どうさせて頂いたら、安心してもらえたり笑顔でいてもらえるかを想像する。 具体的に何かに困った事をすぐ先輩に話してアドバイスをもらう。一人で何ともならないので、みんなに助けてもらう。助けてもらった分、お客様に返したり、自分が協力できそうな事があれば進んでする。あとはそれらを実行できるように自分自身の健康管理をする。無理をしすぎない。

橋本さん(社会福祉法人 十条龍谷会)

ケアマネジャーは、利用者様やそのご家族様、サービス事業所の方たちといった、たくさんの人と関わることが多い仕事です。利用者様やご家族には「この人に会えて良かった」と、サービス事業所の方には「また一緒に仕事がしたい」と思ってもらえるよう、人と人との繋がりを大切に、常に尊敬と感謝の気持ちを忘れないようにしています。

渡辺さん(有限会社 オハナ)

他職員との協力を大切にしています。業務として、ご利用者の就職活動や日中活動をサポートしています。事業所内外で、ご利用者と一緒に作業をしたり、就活でハローワークに同行したり、地域のお祭りに出店したりと業務が多岐にわたるので、時間調整や業務の引継ぎなどお互いに支え合わないと、ご利用者のサポートができません。それだけでなく困ったときや、判断をしなければならない時、自分一人の知識や経験だけでは考えが偏ることもあるので、意識して他職員と相談してから行動をするようにしています。一人ではできないこともチームで協力すればやっていけると思っています。

寺田さん(社会福祉法人 京都光彩の会)