先輩インタビュー~福祉の星~

仕事の中で大切にしていることは?

私が仕事の中で大切にしているのは、1日1度は心が動かされる場面をみつけることです。それは日々の小さなことから、外出やレクリエーションを通して、何気ない日の暖かさを感じる様々な場面です。そんな場面に出会い、それをご家族に写真や動画で伝えると温かい気持ちがご利用者を中心に広がっていきます。私はこのような連鎖を大切に、日々接しています。

湯浅さん(社会福祉法人向日春秋会)

それは福祉業界で働いている者としての専門性です。福祉は本来、お節介の延長から始まったようなものと考えており、手伝いや困っている人の解決策を模索するアウトリーチが主だと思えます。しかし歴史が経つにつれ科学的な根拠を裏付けようと研究が進み、支援の方法も様々なアプローチとして開発されました。それは、ただのお節介ではなく福祉という専門家であることを作ったのだと考えています。具体的な例で挙げると目線、言葉使い、受容や秘密保持等です。関わる時間が増えると徐々に丁寧さが欠けてくる時があります。プライベートなら、それも良いかもしれませんが、あくまで利用者と支援者という図式から離れた支援は専門家として福祉を行えているかと言われると疑問が残ります。

松原さん(公益社団法人 京都市身体障害児者父母の会連合会)

余裕を持つ事です。ノルマや時間に追われていれば心のゆとりもなくなり、良い支援も出来なくなり、利用者の方の安心安全を守れなくなると考えています。

町田さん(社会福祉法人 和光会)

ご利用者様やご家族様、上司や他職種の方などあらゆる人達とのコミュニケーションをとることです。信頼関係が築けるかどうかは仕事をしていく中でとても大切なことだと思います。自分の力だけでは解決出来ないとき、助けてくれるのは職場の仲間達です。これからもコミュニケーションを取り、常に感謝することを忘れず仕事をしていきたいです。

福井さん(社会福祉法人 堀川健康会)

主観で物を見ないということです。私は、長年福祉に携わり、経験や知識を積重ねると、その経験が知識の物差しとなり、利用者さんや他者を見てしまいがちになり、自分の価値観が中心となり、先輩である利用者の生活の幅を狭めてしまう恐れがあると思っています。常に決まっている事、その方に援助している内容がその「人」のものになっているのか、職員側の目線となっていないか、常に疑問を持ちながら客観的な視点も持つようにしています。なので、知識がある人、経験がある人だけが必要とは思っていません。目の前におられる「人」に対して考えられる人が大切だと思っています。

森内さん(社会福祉法人 大樹会)

私が仕事の中で大切にしている事は、思いやりと協調性、そして報告・連絡・相談をきちんと行う事です。福祉の仕事は入居者・家族・職員と常に人と関わる仕事なので、一部の人だけが情報を知っていたり、いいケアを行っていても、入居者・家族にとってはいい環境とは言えません。職員皆が情報共有し、その方々にとって必要なケアを考え行っていく事が必要だと考えています。職員同士のコミュニケーションや他職員の意見に耳を傾ける事が大事だと思います。どんな仕事でも同じだと思いますが、お互いが思いやりを持って仕事が出来ていれば人間関係もうまくいくし愚痴や不満も少なくなるのではないでしょうか。

須野さん(社会福祉法人 市原寮)

一番大切にしていることは、自分が楽しく笑っていることです。楽しく過ごして頂きたいという考えから、まずは自分が笑顔でいることで楽しさを感じて頂こうと思っています。元々緊張しいで、福祉の仕事を始めた頃はガチガチでうまく話せないなんてこともよくあり、鉄板な面白いことでも表情や雰囲気によって楽しさが相手に伝わらないことがよくありました。まず自分が楽しみ、その楽しさを伝えやすくすることが大切なのではないかなと思います。

後藤さん(社会福祉法人 マイクロ福祉会)

職場で大切にしていることは笑顔です。笑顔は相手に話しやすい雰囲気を作る為の思いやりと私は考えています。また、笑顔でいる事は、利用者様、ご家族様、職員と上手くコミュニケーションをとることに繋がります。挨拶は元気よく笑顔を心掛けています。

大西さん(社会福祉法人 堀川健康会)

明るさ、笑顔を大切にしています。社会人として基本的な事は、まず「挨拶」だと思います。ただ「挨拶」するだけでなく明るく、明るい笑顔で挨拶する事により相手も自然と明るくなると自分は思います。反対に自分が暗くなると相手も暗くなる。そうなると周りにも影響します。はじめの一歩が大切であり、まず明るく挨拶する事が大切であり笑顔、明るさを自分は仕事の中で大切にしています。

井口さん(明日香ケアサービス株式会社)

介護の仕事でもっとも大切なことは、ご利用者様との信頼関係の構築だと思います。 介護を必要とする人たちは普段、何げなく行っている動作や生活が、人の手を借りなければできない状態です。 ご利用者様の話をよく聴いてコミュニケーションをとり、体調の変化などのサインに気づくことが大事です。たとえ話ができない方だったとしても、認知症で話す内容が事実ではなくても、その人に寄り添い、気持ちを尊重する事で信頼関係を築くことが出来、よりよい介護が出来ると思っています。

小泉さん(医療法人 三幸会)