先輩インタビュー~福祉の星~

仕事の中で大切にしていることは?

利用者様一人ひとりのその人らしさ、自分自身の自分らしさを大切に仕事しています。

木村さん(社会福祉法人 丹の国福祉会)

当たり前のことを忘れないことです。ご利用者様への言葉掛けや身嗜み等、普段自分達が気を付けていることを、ご利用者様にも当たり前に行うことです。また、職員同士で意見を出し合って皆で考えていく事も大切にしています。一人では解決できない事を、皆で話し合い解決することで、達成感が生まれます。

森さん(社会福祉法人 マイクロ福祉会)

大切にしているのは笑顔です。笑顔は自分の気持ちを明るくするだけではなく、自分以外の人にも届いていると思っているので、積極的にご利用者やご家族また職員などに笑顔でコミュニケーションをとるよう心がけています。

山下さん(社会福祉法人 北桑会)

利用者さんと関わる時に、「どんな発言、行動をしたときにも、その理由を説明できる」ことです。これは実習先の施設の職員さんから教わりました。対人援助のプロとして、自分の発言や行動に責任を持つこと、それを常に意識しておくことが必要です。さらに、それをチームで共有して、適切な支援だったかを確認することがとても大切であると、今の職場で学びました。

呉さん(NPO法人 京都コリアン生活センター エルファ)

一言で言うと、信頼関係を築くことだと思います。利用者様とはもちろんのこと、共に働くスタッフや他部署の方々との連携も大切です。決して一人で仕事をするわけではないので、より良いチームワークの構築をし、助け合いができる関係が必要ではないかと思います。心のつながりを大切にするように心がけています。

池田さん(株式会社 かんでんジョイライフ)

 「なぜ?」を大切にしています。利用者さんとの関りの中で、毎日「なぜ?」がたくさんあります。利用者さんとの会話の中、行動...「なぜ?」「どうして?」と、その中の1つ1つに焦点をあて考えていくことで、利用者さんに寄り添い支援できると思っています。たくさんの「?」を見つけることで、様々な価値観・世界観に気付くことができます。

川村さん(社会福祉法人 なづな学園)

 嫌なことや辛いこと、苦手な人などいろいろと仕事をしていく上でありますが、出来る限りいいところを見よう、考えようとしています。マイナス面ばかり見ているとこちらもしんどくなってしまうので、プラス面を見つけ見ていくことが自分の中では大切にしていることです。

松本さん(株式会社 ハーフ・センチュリー・モア サンシティ木津)

基本的なことですが、「報告・連絡・相談」です。 介護は、様々な情報を取扱う仕事です。その様々な情報に基づきご利用者様への支援方法を検討し、ご利用者様お一人おひとりに合ったサービスを提供します。しかし、ご利用者様や取り巻く環境は日々変化します。それらを小まめにチーム間で報連相し、情報共有を行うことで、より質の高いサービスを提供することができます。 また、適切な報連相は、人財育成や組織運営等、様々な場面で必要になってきます。意図的に報連相を行うことで、職員間のコミュニケーションが活性化させ、問題が発生した際も、速やかに解決できるよう努めています。

寺元さん(社会福祉法人 柊野福祉会)

利用者様や、家族様の気持ちになって考えていくことを大切にしています。 利用者様の中には、自分の思いや願いを言葉や表情で伝えられない方もおられます。自分がされて嫌な事をしないのは当たり前ですが、してもらって嬉しいかも・・と思うことは、できる限りしていきたいと思います。

吉川さん(社会福祉法人 健光園)

「安心と信頼」そして「楽しむこと」です。利用者様にはどうしたら安心してもらえるのか、信頼関係を築くことができるのかを考え行動しています。あなたなら安心、あなたといると居心地が良いと思っていただけるようなケアを目指しています。「楽しむこと」というのは私が楽しむことで笑顔が増えそれが利用者様の笑顔を増やすと考えているからです。「楽しそうで笑顔の人」と「難しい顔をしている人」どっちがいいでしょうか?ほとんどの人が前者の方がいいと思うはずです。せっかく利用者様の人生の一部をお手伝いさせていただいているのだから、利用者様には楽しんでいただきたい。それにはまず、自分が楽しみ笑顔になる事が大切だと思っています。

三木さん(医療法人 啓信会)