先輩インタビュー~福祉の星~

仕事の中で大切にしていることは?

1番は自分自身が楽しむことです。 子ども達と一緒に遊び、一緒に経験し、一緒に楽しむことで、子ども達との信頼関係が築けると思います。また保育士が笑顔でいることで、安心して過ごせると思うからです。 他にも、子どもの気持ちを受け止めることや、保護者とのコミュニケーションなど大切にしていることは沢山あります。

太田さん(社会福祉法人 上賀茂福祉会)

人を思いやる気持ちを常に忘れないように心がけています。どんな仕事でも、いろいろな人たちと働いていく中で、人を思いやる気持ちがないと、仕事も上手くいかないなと思います。 また、一緒に働いていく人と上手くコミュニケーションを取れない関係になってしまうと、子どもにも悪影響が出てきますし、楽しく仕事ができなくなってしまうので、一つひとつの言葉や行動を「自分に対するものだったら…」と置き換えて考えるようにしています。

中嶋さん(社会福祉法人 大原野児童福祉会)

自分から心を開くことを大切にしています。心を開くというのは何も「積極的に相手と会話をする」ということだけではなく「自分の殻に閉じこもらない、自分の考えに固執しすぎない」ということです。十人十色でそれぞれ異なる考え方があり、それらを受け入れられるようにコミュニケーションをとることを心がけていますが、難しく今も苦戦しています。しかしそれが楽しくもあります。

山口さん(社会福祉法人 大樹会)

ご利用者の気持ちに寄り添うことです。 自分の気持ちを伝えられる方ばかりではなく、中には意思疎通が難しい方、遠慮から自分の気持ちを伝えられない方もおられるので、「今、この方はどんな気持ちなのか」と、相手の立場になって考えたうえでケアをさせていただくことを大切にしています。

祝前さん(社会福祉法人 あしぎぬ福祉会)

利用者様だけでなく、スタッフ、連携機関との「信頼関係」を大事にしております。支援を行う中で会話の中にあるその人の思いに寄り添い、一般就労を目標に関わるすべての人とチームワークを大切にしております。自分の考えだけではなく、色んな視点からの情報を基にに一人ひとりに合ったオーダーメイドの支援を心掛けています。

山本さん(医療法人 三幸会)

福祉の仕事は日々の入居者さんの生活を支える仕事であり、主に食事、入浴、排泄等の介助が大切だと感じていました。 しかし、入居者さんは私たちと変わらない意思、感情をもっておられ、一人ひとり、性格や性別も違う為、仕事をする上で入居者さんの想いを大切に、信頼関係を築ける関わりを継続していきたいと思っています。

酒井さん(社会福祉法人 健光園)

常に笑顔と感謝の気持ちを忘れずに働いています。私はこの会社の面接で「感謝の反対は?」と聞かれ答えるができませんでした。感謝の反対は「当たり前」と聞き、私は料理を作ってくれることを当たり前と思わずに感謝をすることが大切だと学びました。 そして、私自身が笑顔と感謝の気持ちでご入居者やご家族、職員に接することで常に周りが明るくなっていくと思います。

藤井さん(株式会社 スーパー・コート)

訪問介護職として働いているだけでなく、介護福祉士として働いているということを意識しています。それは単にお世話をしているのではなく、介護技術を使ってその人の暮らしを護り、福祉の心でその人らしさやその人にとっての幸福を実現することが介護福祉士の考え方にとって重要なのではないかと思っています。その考えは障害福祉や病院で働いていた時も大切にしていた部分であり、今後も大切にしていきたいと思います。

大切さん(公益社団法人 京都保健会)

利用者様の立場になって物事を考えたり、行動することを心掛けたいです。人の気持ちを理解することはとても難しいことで不可能なこともあるかもしれませんが、利用者様の何気ない一言や行動の裏には、どんな感情が隠れているのか…と考えながら利用者様との関りを大切にしています。その人らしく生活できるよう支援することが人としての尊厳につながると思います。利用者様の生活意欲を駆り立てられるような介護士として成長できるよう頑張りたいと思います。

服部さん(一般財団法人 日本バプテスト連盟医療団 バプテスト老人保健施設)

 仕事の中で大切にしていることは「感謝」の気持ちです。自分が成長していけるのは決して自分だけの力ではなく、周りの先輩の支えや協力があってこそだと思います。またご利用者様からも学ぶことが多くあります。自分よりも何十年も生きてこられた方の話をたくさん聴かせて頂けるのは本当に貴重な事だと思います。これからも学んだ事を次に活かせるよう、頑張っていきたいです。そして「敬意や感謝の気持ち」を大切にこれからも仕事に取り組んでいきます。

飯田さん(社会福祉法人 堀川健康会)