先輩インタビュー~福祉の星~

仕事の中で大切にしていることは?

利用者様に自分自身を覚えて頂いたり、知って頂いたりする事です。 覚えて頂くことで、お声をかけて頂いたり、気兼ねなく話して頂けるようになったりと、距離を近づける事ができます。その積み重ねが、利用者様との信頼に繋がり、介助者としてのどのような支援が必要であるか、掴めてくるのだと思います。人と人との交流を通して、日々変化のある仕事に楽しみを持てています。そこでスタート段階である「覚えて頂く」ということを私は初年度から継続して、大事にして働いています。

中西さん(京都大原記念病院グループ 医療法人社団 行陵会)

高齢者の方は今までたくさんのものを育んで、たくさんの苦労を乗り越えて人生を歩んで来られています。とても尊敬しうる方たちです。その方たちが認知症になって介護が必要になったとしても、一生懸命歩んで来られた人生が最後まで輝かしいものであって欲しい。そのお手伝いをしたいという自身の思いと、相手の立場になって考えること、そして笑顔を大切に日々仕事をしています。

寺田さん(医療法人 三幸会)

仕事の中で私が大切にしている事は「笑顔」と「一緒にする」と言う事です。 「笑顔」は言わずもがな、明るい雰囲気作りの為と、ご利用者にとっての印象を良くする為です。ブスッとした人に話しかけたいと思いますか?思いませんよね。「一緒にする」と言うのは、ご利用者と何でも一緒にするという事です。こればかりは経験して頂かないと解りづらいと思います。「おもいやり」も大事だと思いますが「おもいやり」だと「やってあげる」に変換する事が出来ると私は思うんです。「やってあげる」だとご利用者が拒否された場合「なんで私はやってあげてんのにこんな事を言われて拒否されなダメなのよ」と攻撃的な思考に変わりやすいからです。「一緒にする」だと「あ、今は嫌なんですね、じゃあ後からお誘いしよう」と気持ちの持ちようが違います。もちろん、緊急性がある場合はこんな事も言ってはいられませんが・・・。「一緒にする」では一緒にやって達成出来た時の、喜びも分かち合う事ができます。「おもいやり」ではそんな喜びも分かち合う事は出来ませんよね。ですので、私の大切な事は「笑顔」と「一緒にする」です。

上野さん(株式会社 和道文化サービス)

「御利用者様の事を第一に考える」 介護職なのだから当たり前でしょうと突っ込まれそうですが・・・ 業務を優先してしまったり、段取りや効率を求めてしまったり、ふと油断するとそんな「当たり前」の事を忘れてしまうことがあります。 その為常に意識し、迷った時、忙しい時には「御利用者様を第一にしているか」と自分に問い掛けるようにしています。

松本さん(社会福祉法人 和光会)

相手のいいところをたくさん見つけることです。誰でもそうだと思うのですが、自分のできないところばかり言われるのってなかなかしんどいことなので、できているところ・頑張っているところもきちんと伝えていきたいと思っています。  後は無理をしないことです。ある当事者の方と「〝ええ加減〟というのはいい言葉だね」と会うたびに話していることも影響していると思うのですが、利用者さんも自分も無理をしすぎていないこと、仕事の中にも楽しみを作ることが大切だと思うようになりました。

高瀬さん(社会福祉法人 京都光彩の会)

支援の仕方に対する考え方です。 自分が介護される側であったとして、このやりかたで介助されたらどう感じるかを考えることは一番大切にしています。 また、一方的にならないよう、利用者さん本人に聞くこと、声かけすることも大切にしています。

渡部さん(公益社団法人京都市身体障害児者父母の会連合会)

私がこの仕事で大切にしていることは入居者様に笑顔で過ごして頂くことです。日々を過ごされている中で、入居者様の笑顔を見ると幸せな気持ちになり、今日も一日頑張ろうという気持ちになります。また何気ない日常会話の中で、冗談を言って入居者様が笑って下さると嬉しい気持ちになり「次はどんな風にして笑ってもらおう」「何をしたら笑ってくれるだろう」と。常に考えるようになり、自身のコミュニケーション能力を高めることもできます。

森田さん(社会福祉法人 マイクロ福祉会)

自分がされてうれしい気持ちになるような対人援助を目指しています。 一人で施設に入られ、寂しかったり、不安に感じられることも多いと思いますので、少しでも不安を和らげ、安心感を持っていただけるような、言葉かけを心掛けています。

長野さん(医療法人 三幸会)

一番大切にしていることは、「笑顔」です。 どんなにしんどい時や辛い時でも、表情で分かってしまいます。 顔を見て「この人今日しんどそう」とか「大丈夫かな」と利用者に不安に思われてはいけないと思います。常に笑顔でいるということを意識して支援に臨んでいます。

澤田さん(株式会社 サクセスフルエイジング)

「この利用者さんは何を想っておられるのだろう」と考えることを大切にしたいと思っています。ご利用者様にも大好きな家族さんがいらっしゃったり、最近まで好きだった趣味があったりと、私の知らない一面がたくさんあると思います。職員とご利用者様という関係ですが、たくさんの一面を知ることで、もっと温かく関われるのではないかな?と思っており、大切にしたいです。

作山さん(アーバンスタイルケア株式会社)