先輩インタビュー~福祉の星~

仕事の中で大切にしていることは?

私がこの仕事で大切にしていることは入居者様に笑顔で過ごして頂くことです。日々を過ごされている中で、入居者様の笑顔を見ると幸せな気持ちになり、今日も一日頑張ろうという気持ちになります。また何気ない日常会話の中で、冗談を言って入居者様が笑って下さると嬉しい気持ちになり「次はどんな風にして笑ってもらおう」「何をしたら笑ってくれるだろう」と。常に考えるようになり、自身のコミュニケーション能力を高めることもできます。

森田さん(社会福祉法人 マイクロ福祉会)

自分がされてうれしい気持ちになるような対人援助を目指しています。 一人で施設に入られ、寂しかったり、不安に感じられることも多いと思いますので、少しでも不安を和らげ、安心感を持っていただけるような、言葉かけを心掛けています。

長野さん(医療法人 三幸会)

一番大切にしていることは、「笑顔」です。 どんなにしんどい時や辛い時でも、表情で分かってしまいます。 顔を見て「この人今日しんどそう」とか「大丈夫かな」と利用者に不安に思われてはいけないと思います。常に笑顔でいるということを意識して支援に臨んでいます。

澤田さん(株式会社 サクセスフルエイジング)

「この利用者さんは何を想っておられるのだろう」と考えることを大切にしたいと思っています。ご利用者様にも大好きな家族さんがいらっしゃったり、最近まで好きだった趣味があったりと、私の知らない一面がたくさんあると思います。職員とご利用者様という関係ですが、たくさんの一面を知ることで、もっと温かく関われるのではないかな?と思っており、大切にしたいです。

作山さん(アーバンスタイルケア株式会社)

訪問入浴へ異動になる前は訪問介護でホームヘルパーとして働いていました。その時から「自分が良いと思ってしたことが必ずしも相手にとっても良いとは限らない」ということを意識して業務に取り組んでいます。おひとりおひとりの思いはそれぞれあり、自分の中だけでの「良い」を押し付けるのではなく、色々とお話しするなかでその方を知り、相手の方にも良いと思ってもらえるような行動をとれたら良いなと考えています。何が正解かはいまだに見つかっていませんが、この言葉だけは忘れないようにしています。

金田さん(社会福祉法人 福知山市社会福祉協議会)

私が働くうえで一番大切にしていることは、利用者様に必ず敬語を使うことです。私は高齢者施設で勤務しており、対象の利用者様はもちろん私の何倍以上も生きてこられた方々です。そのような方々に対し粗雑な言葉使いで接するのは何より無礼なため、言葉を崩さないように心がけています。また、自論ですが敬語を使うことで相手を敬うことができます。かの有名な“マザーテレサ”の格言の一説に「言葉に気をつけなさい。それはいつかこうどうになるから」これは全くその通りであり、丁寧な言葉使いでいることで自分を戒め、丁寧な介護ができると思います。

竹村さん(医療法人 回生会)

いろいろな方がいらっしゃるため、自分の価値観や考え方にとらわれない、柔軟な考えを持つことが必要だと思います。それにこだわり過ぎてしまうと逆に自分自身がしんどくなってしまうため、他の職員の対応を見ていい所を真似たりすることで支援の幅が広がって行くと思います。

佐伯さん(社会福祉法人 京都育成の会)

笑顔と思いやりです。自分が笑顔であれば、子どもも自然と笑顔になっています。 そんな笑顔をずっと見ていたいので、まずは自分から笑顔を忘れないようにしています。思いやりも大切で、次の人の為に使いやすい環境にしておこうと心がけています。

長束さん(社会福祉法人 ゆたか会)

1つの型に囚われないこと。そして、ありのままを受け入れようとすること。ある意味では諦めも必要で、柔軟な考え方、対応が出来るように心掛けています。 私の職場には、ロボットは居ません。感情のある人しかいません。だからこそ色んなことを試しています。同じ方でもその日、その日で違う対応をすることも有ります。常にその時に出来るベストを探しています。

岡治さん(株式会社 和道文化サービス)

私が大切にしている事は、入居者のペースに合わせる事、入居者の思いを大切にする事、職員とのコミュニケーションです。中でも1番大切にしている事は、自分の思いをおしつけない事です。 それは、人間相手の仕事だからです。思いは一人一人、人によって違います。思いを言葉にできない方もいます。 だからこそ、自分の思いをおしつけて仕事が職員都合にならないように気をつけなければなりません。

間縞さん(社会福祉法人 グレイスまいづる)