先輩インタビュー~福祉の星~

仕事の中で大切にしていることは?

介護の仕事で大切なのは、「信頼」です。利用者様との間に信頼関係がないと介助する際に断られたり、不審に思われたりします。信頼関係を築くためにも、常に笑顔で誰とでも話しやすい雰囲気作りを意識して仕事に取り組んでいます。

森中さん(株式会社 ハーフ・センチュリー・モア)

ご利用者がいつまでも元気で過ごせるように小さな体調変化も見逃さないよう気を配り、事故に繋がらないための危険予知を行っています。コミュニケーションの難しい方もいらっしゃいますが、対話だけでなく表情や仕草から相手の気持ちを読み取り、何が好きなのかな、今どうしてほしいのかなと考えることを大切しています。

今沢さん(社会福祉法人 成相山青嵐荘)

日々ご利用者の表情や行動を観察し、その人の思いに耳を傾けるように意識しています。小さなコミュニケーションを重ねることで、ご利用者の新たなことを知ることもできます。そこで感謝の気持ちを伝えて下さったり、自分のことを覚えて下さったご利用者もおられたので、細やかな工夫をすることが大切だと感じています。

山内さん(社会福祉法人 嵐山寮)

一番大切にしていることは「その人らしさ」です。利用者様一人一人、色々な人生を生きてこられています。入居されることによって急に生活が変わることに対し、できるだけ自宅と変わらない生活が出来るよう支援を行い、利用者様に安心して暮らしていただけるよう、心掛けています。

塩見さん(メディカルケア御所ノ内株式会社)

介護の仕事の中で一番大切にしていることは、安心できる介助の心掛けです。入居者様が不安を感じず身を任せられるような、また、自分も無理をしないような介助ができるようになりたいと思っています。特に身体介助ではどうしても入居者様が痛みを感じてつらそうなときもあるので、少しでも気持ちが和らぐような声掛け等を心掛けています。

大久保さん(社会福祉法人 京都紫明福祉会)

介護の仕事をしている上で大切にしている事は、感謝の気持ちを持つ事です。ただただ作業のように関わるのではなく、自分に成長の機会を与えてもらえたり、エネルギーをもらったり、助けてるようで自分自身も助けてもらってるので、感謝の気持ちを持ち続けようと取り組んでいます。

松江さん(有限会社 パイン・コーン)

私が仕事の中で大切にしていることは、相手の立場になって物事を考え、相手の気持ちいいと思ってもらえるような対応をするということです。職員がご利用者の事をよく見ているように、ご利用者も職員の事をよく見ています。誰から見ても言葉遣い・声色・表情が気持ちいいと思ってもらえるような対応ができるようにと心がけています。

松本さん(社会福祉法人 太陽福祉会)

相手が子ども・大人に関わらず、相手の話を聞くこと、自分の思いを言葉にして伝えることを心掛けています。子どもが泣いている時、「いや!」と主張する時、どんな時にもその子なりの感情や意思があっての行動なので、まだ言葉が話せない子の気持ちにも寄り添って関わるようにしています。また、相手が保護者や保育士など大人同士でも、それぞれの考え方や感じ方があり、自分の『当たり前』は相手の『当たり前』ではないということを認識し、相手の言葉に耳を傾け受け止めてから、自分の思いを言葉にして伝えるようにしています。

田中さん(社会福祉法人 正親福祉会)

日ごろから、ご利用者やご家族とのコミュニケーションを図り信頼関係を作ることで、自然に話しやすい環境が作れるように心がけています。ゆっくり話しに耳を傾け、相手の立場になり、考える姿勢を大切にしています。  またケアに関しても、介護職を優先した介護ではなく、ご利用者の自分らしさを失わない、奪わない支援をしていくこと。介護職都合の介護になっていないか、常に振り返りケアに携わっていきたいと思います。

舘さん(社会福祉法人 悠仁福祉会)

笑顔と思いやりです。自分自身いつも笑顔を忘れないように心がけています。 笑顔でいる事でご利用者様も笑顔になり、話しやすい雰囲気になると思います。 また疲れた表情をするよりも楽しく仕事ができます。思いやりは絶対に必要です。会話をする際は目線の高さを合わせたり、優しく丁寧な言葉がけを行ったり小さな思いやりの積み重ねが信頼関係を築くと思います。

日比さん(社会福祉法人 浩照会)