先輩インタビュー~福祉の星~

仕事の中で大切にしていることは?

その人にあったケアを常日頃から考え、他職種と相談したり教えてもらい、また、自分自身も福祉(高齢者)について勉強したり研修に行き、日々自己研鑽を大切にしています。

小野さん(医療法人 健康会)

一番は笑顔で過ごすことです。また、一人ひとり個性があって、成長するペースも違うので子どもたちの思いを受け止めながら過ごしています。以前は一斉保育が多かったですが、最近は子どもたちが自分で考えて遊び込めるような時間や空間を作ったり興味が持てるように遊びを工夫しています。保護者の方が安心して頂けるよう子どもたちの成長を伝え、成長する姿を一緒に共感できるように心がけています

梅垣さん(社会福祉法人 相愛福祉会)

「子どもたちと一緒に楽しむこと」と「成長を見逃さないこと」の2つです。何事にも一緒に取り組み、楽しむことで子どもたちも自然に笑顔になり、安心して過ごすことができると思うからです。また、子どもたちの成長は早く、昨日できなかったことが今日できるようになることがたくさんあります。毎日一緒に過ごす保育者だからこそ、気づける子どもたちの「できた!」を見逃さないようにしています。

崎谷さん(社会福祉法人 心華会)

利用者の方々と接する際には、常に笑顔で接することを心掛けています。なぜなら、自分が笑顔で接することで、ご利用者の方々も笑顔で私に接してくださるからです。これは私にとって、とても嬉しいことで、仕事のやる気にも繋がっています。また、日頃からご利用者の様子を細かく観察し、状態を把握しておくことで、小さな変化にも気づくことができるように心掛けています。

菊山さん(社会福祉法人 同和園)

この仕事を始めて大切にしていることは、「なぜ」の視点を持ち続けることです。ご利用者様がなぜそのような言動や態度をされたのか。特に意思疎通が難しい方の訴えを汲み取ることはとても難しいです。入職当初はすぐにその訴えの答えを求める自分がいました。しかし、働き続ける中で感じたことは、答えを求めるのではなく、何を私らに伝えたいかを常に考え続けることが大切です。訴えの答えに正解はなく、継続することはとても容易なことではありません。働いていると、どうしてもこの視点を忘れてしまうときがあります。現場が忙しいときこそ、「なぜ」の視点を思い出すようにしています。

西光さん(社会福祉法人 京都老人福祉協会)

私が仕事で大切にしていることは、笑顔です。利用者さんにいい気持ちで過ごしていただくためには、自分もいい気持ちで接することが大切だと思っています。また、利用者さんの気持ちを考えることも大切にしています。自分の思いを言葉で伝えられない人もいるので、これでいいのか?こうした方がいいんじゃないか?と日々考えながら関わっています。

高梨さん(特定非営利活動法人 暖)

思いやりを持つこと…常に相手に思いやりをもって接する 姿勢が大切。介護職は人から感謝されることも多く、人の役に立っている事を実感しやすい仕事です。 目標・向上心を持つ…一つの介護方法だけでは対応できないので、人それぞれ、適した介護方法は何か、どうすればより快適に過ごしてもらえるか考え、学び続ける姿勢を大切にしています。

川崎さん(マイクロ 株式会社)

相手のことを知ること、思いやることを大切にしています。ひとくくりに高齢者といっても、今まで過ごされてきた環境や生活は全員が違うものです。表面的に知るだけではなく、過去・現在・未来と相手のことをまず知ることを大切にし、知ったうえで気持ちに寄り添っていけるように努めています。また、入居者様だけでなく一緒に働く職員に対しても同じように考えています。職員にもそれぞれ考え方や価値観があり、全員が私と同じよう考えているわけではありません。意見が食い違ったとき、ただぶつかり合うのではなく相手の考えを知り、思いやることを大切にしようと心掛けています。

森本さん(社会福祉法人 七野会)

現在デイサービスの介護職員として利用者様と日々接していますが、時間帯や業務によってとても忙しい時があります。そんな時こそ利用者様の気持ちやペースに寄り添えるように、ほかの職員と協力し合い、安全で楽しい一日を過ごしていただきたいです

佐藤さん(社会福祉法人 端山園 ヴィラ端山)

私が個人的に大切にしていることですが、どうしても介護等の福祉の仕事は、人との関わりが大半を占めており、利用者だけでなく職員との人間関係にも気を配る必要があると思っています。そのため、なるべくコミュニケーションを円滑に出来るよう、些細な挨拶からでも声かけをしていくことを大切にしています。

福島さん(社会福祉法人 幸生福祉会)