先輩インタビュー~福祉の星~

仕事の中で大切にしていることは?

支援者目線で、利用者様のケアを考えない、見ないを忘れないようにしています。利用者様の求めているもの、ことがらに気づき、利用者様のQOLが少しでも充実し、慣れ親しんだ自宅での生活を安心して楽しく過ごしてもらえることを、一番に思い訪問しています。

西田さん(あかり株式会社)

前職では病院でリハビリの仕事をやっていました。その時から心がけていたことは「今日より明日、より笑顔になれるリハビリを」です。今はデイサービスに勤め、環境も変わりましたが、基本は変わらず、今日より明日笑顔になれる場所になるように心がけています。

鈴木さん(社会福祉法人 大山崎町社会福祉協議会)

「目配り・気配り・心配り」…「けなし合いではなく、高め合い!」入居者にスポットライトを当て、入居者を思ってケアをし、入居者の思いを汲み取っていけるように心がけています。一人ひとりの価値観は違って当たり前、合う、合わないは絶対あります。しかし、そこで相手を否定してけなし合うのではなく、支え合い、高め合っていける関係で一緒に仕事ができるよう日々努力しています。

審さん(社会福祉法人 市原寮)2021年度

利用者さんの中には、うまく思いを表現できない方もおられます。利用者さんの思いを少しでも受け取る事が出来るよう一人ひとりに寄り添い、小さな変化を見逃さない事を大切にしています。又、利用者さんは楽しい事が好きで、いつも素敵な笑顔を見せてくれます。職員としてだけでなく一緒に生活している仲間として、一緒に楽しめる事は楽しみ、共有したいなと思っています。

平井さん(社会福祉法人 丹後大宮福祉会 あゆみが丘学園)

利用者様と接するときには、必ず笑顔で話しかける事を大切にしています。第一印象は表情からくるため、顔の表情から利用者様にも安心して接していただけるようにする事で、介助ができると思います。また、笑顔で接する事で自分の気持ちを切り替えたり、スッキリした状態で仕事ができるため、今後も忘れずに大切にしていきたいと思います。

小林さん(社会福祉法人 富士園)

どんな行動や言葉に、その方なりの理由があるという事です。 その理由をうまく伝えられなかったり、相反する行動になったりする方もおられます。言動の一つ一つを理解しようとする努力をあきらめないことを大切にし、自問自答しながら仕事をしています。

河内さん(医療法人 三幸会)

自分の判断や言動が、本当にご利用者の気持ちに寄り添えているのか、ご利用者のためになっているのか、常に自問自答しながら向き合っています。ご利用者が「自分らしく」自身を発揮できるような場面を作ること、またココロ穏やかに安心して暮らせる環境を作ることを大切にしています。スタッフとして、常に幅広い視野と多様性を受容できる柔らかい思考を持っていたいと思っています。

桑村さん(社会福祉法人 京都ライフサポート協会)

その人を見るという事です。とにかく1人の利用者の事を見て、考えて、職員と共有して、看護師や相談員とも意見交換して、その人の人生を見るという事です。今は特別養護老人ホームで入所の仕事をしているので、その人にとっての一番はもちろん自宅である事は共感します。でも、その人が少しでもその人らしく施設で過ごせる事で「まぁここでも良いかな」となれば最高だと思います。

石田さん(社会福祉法人 みねやま福祉会)

一つ目は「常に子ども達に見られている意識を持つこと」です。子ども達にとって私たち保育教諭が初めて出会う「先生」であり、お手本のような存在でもあります。いつも子どもの目線の先には自分がいることを意識して動くようにしています。二つ目は「一緒に楽しむこと」です。楽しいことをどんどん共有して、一緒に笑顔になれる瞬間が最高に幸せです。まずは自分が何でも楽しむことを大切にしています。

和田さん(社会福祉法人 相愛福祉会)

ご利用者には丁寧な対応は大前提ですが、現在働いている所は、短期入所のご利用者が多いユニットの為、ご自身で身の回りの事が出来、介助が少ないご利用者が多く、良い意味で施設内で生活をするという意識を強く持たれないように、自分自身は自然体でご利用者に接するように心掛けています。

塩見さん(社会福祉法人 成光苑)