先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事で感じるやりがいは?

何よりも一番のやりがいは、「ありがとう」と感謝の気持ちを言ってもらった瞬間にあると思います。僕は、今の業務の中では、ご自宅に訪問に行って相談を聞かせてもらうことが多いです。その一つ一つの相談に対して、本気で悩んで、本気で向き合っていき、何か少しでもお手伝いが出来たときに、「ありがとう」と言っていただくことがあります。その瞬間は、何ものにも代えがたいやりがいを感じる瞬間です。この瞬間は、福祉の仕事でしか味わえない醍醐味だと思います。

竹本さん(社会福祉法人 福知山市社会福祉協議会)

福祉の仕事をしていてやりがいを感じるところは、利用者さんの笑顔や「ありがとう」などの言葉を言って頂いたときです。介護は人を相手にする仕事のため利用者さんとの信頼関係がとても大切になってきます。利用者さんの気持ちを考えない介護をしていたり、職員の思いで援助していると自然に笑顔なども減ってきます。利用者さんの笑顔や「いつもありがとう」の言葉、そしてリラックスしている利用者さんの表情を見ることで、自分のやっている介護で少しでも人を笑顔に出来たと思うと嬉しくなり、やりがいを感じます。

上條さん(社会福祉法人 丹和会)

利用者さんが笑顔で楽しそうに過ごされている時に、1番やりがいを感じます。 やはり利用者さんの笑顔を見ると私自身も嬉しくなりとても励みになります。 また、利用者さんと、嬉しい時や悲しい時、日々いろいろな経験を共にさせていただいていますが、私自身これらの経験を通じて沢山のことを学び、人として成長させてもらえていると感じています。

青木さん(社会福祉法人 京都市右京区社会福祉協議会)

何も出来なかった赤ちゃんが歩けるようになったり、一人で着脱をしようとしたり、お話が出来るようになったりと出来る事が増えていく子どもの成長を間近で見た時、やりがいを感じます。私の援助や言葉掛け一つで変わっていく姿に日々驚きもあります。 子どもはもちろん保護者の方と一緒に喜び合える事もとても嬉しいです。私はこの仕事が本当に大好きです。

岩谷さん(社会福祉法人 ゆたか会)

こんなにもお客様(ご利用者・ご家族)から感謝をされる仕事はないのではないかと思います。ちょっとしたお手伝いや介助でも感謝をして下さるので、“もっと頑張ろう”と思えると思います。

城田さん(株式会社 和道文化サービス)

人が相手の仕事ですので、入居者一人ひとりのケアの方法が教科書通りにいきませんが、入居者のことをユニットの仲間と話し合い、それが上手くいった時の入居者やご家族の笑顔や「ありがとう」を頂いた時にやりがいを感じます。

新谷さん(社会福祉法人 グレイスまいづる)

やはり一番は、子どもたちの成長を間近に感じられるところです。お子さんの成長はそれぞれ違いますが、どんな小さな変化でも、“やってみよう”とする気持ちや、できなかったことができるようになった喜びが見られると、やっててよかったなあと思えます。またその喜びを子どもたちと、そして保護者の方と一緒に共有し喜び合えることは私のやりがいにつながっています。

松本さん(社会福祉法人 みねやま福祉会)

この仕事のやりがいは『ご利用者様の笑顔』です。支援者という立場で日頃ご利用者様と関わっていますが、ご利用者様の笑い声やふとした笑顔、嬉しそうな表情に元気づけられる毎日です。どんなに重度な障害をお持ちのご利用者様であっても、必ず笑顔になる瞬間があります。その瞬間に出会えた時、この仕事をやっていてよかったと心から思います。ご利用者様の笑顔を見たくて仕事をしているといっても過言ではありません。

藪野さん(社会福祉法人 青谷学園)

皆さんそれぞれの人生を生きてこられた方なので、毎日学ばせていただくことが多いです。ここに至るまでに経験されたことや感じたこと、今起こっている事柄に思うこと、それらを話す口ぶりに人柄が表れ、そこに触れると気付かされることが多いです。身振り手振りからも思いを感じたいと集中します。いつもそれぞれの思いを大事にしながら試行錯誤をして寄り添い、なんとか前に進むお手伝いができるとやりがいを感じます。

堀江さん(社会福祉法人 京都光彩の会)

ご利用者から「ありがとう」といった感謝の言葉や褒め言葉、また「うれしい」といった言葉をいただけることです。どんな仕事でも嫌なことや辛い思いをする事が多いと思います。そんな時に、感謝の言葉をかけていただき笑顔を見ると、うれしい気持ちになって癒されます。

薬師寺さん(社会福祉法人 向日春秋会)