先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事で感じるやりがいは?

私は、入職したとき、先輩職員から「思いは必ず通ずる。」と教えられました。認知症等によって、利用者様にこちらの思いが伝わりにくいことも多々あります。しかし、ジェスチャーを使ってみたり、絵を描いてみたり、ホワイトボードに字を書いてみたりといろいろ工夫した結果、思いが伝わったときの嬉しさが忘れられません。 また、「その方のことを想う気持ちが大切」とも教えられました。利用者様にはお一人おひとり個性があります。個性を見出すことは難しく時間がかかりますが、その方らしさが分かってきたときは、この仕事が楽しく、面白く感じます。 利用者様が本当に困って支援を求められ、それに応えられるときがあります。こうしたときに「ありがとう」と言っていただけることで、頑張ろうという思いになります。

上田さん(社会福祉法人 仁恵会)

 日々の仲間の方との関わりの中で、仲間たちの様々な表情があり、時には素敵な笑顔を見せてくれます。その笑顔を見る事が、私の幸せであり、やりがいに繋がっています。

吉岡さん(社会福祉法人 久美の浜福祉会)

高齢化率が増える中、ご家族だけでは高齢者の日常を支えきれない部分もあると思います。その部分を私たち介護職員がサポートし、ご家族の負担を少しでも減らすことで、ご利用者・ご家族など皆が日々幸せに過ごすことができればいいなと考えながら毎日働いています。 特に、デイサービス利用当初は体力や気力が落ちておられたご利用者が、デイサービスに来られるごとに、どんどん明るくなり笑顔が増えて元気になられたりする姿を見たり、元気になられたご利用者の姿を見て喜んでおられるご家族の様子を目にしたり、喜びの声を耳にしたりする時に、この仕事していて良かったと、とてもやりがいを感じます。

河邊さん(社会福祉法人 勧修福祉会)

認知症やその他の症状、または性格の影響などで、 ご自身の意思表示が困難な方が多々居られます。 そうした方々についても広く洞察が行える様になると、 大まかにその方が「今どう感じておられるか」が分かるようになってきます。 そうした声にならない要求に応えられ、心からのお礼を仰って下さった時、 特にやりがいを感じます。

石井さん(アサヒケアサービス 株式会社)

利用者さんの笑顔や行動に癒やされたり、普段の何気ない会話の中でお互い笑いあったりと、しんどいこともありますが、この仕事で良かった。利用者さん達の笑顔を見たいから、また頑張って仕事しようと思えるところにやりがいを感じます。

肥後さん(社会福祉法人 うめの木福祉会)

いつも感謝の気持ちを伝えていただき嬉しく思います。特にありがとうやまた来てねと言っていただくと明日も頑張ろうという気持ちになります。

伊川さん(株式会社 ケアトラスト)

「ありがとう」「あなたがいてくれるから安心できる」という『感謝の言葉』がやりがいにつながっています。普段の生活では恥ずかしくて言いづらいのが感謝の言葉です。感謝の言葉を直接聞く機会は、なかなかないと思います。仕事をしているとツラいこと、しんどいこともたくさんありますが、感謝の言葉を聞くことでやる気が湧いてきます。

田井さん(社会福祉法人 嵐山寮)

やりがいは乳児の担任をずっとしてきて始めは1人ではできなかったことが毎日生活していくにつれて少しずつ自分でできるようになっていき、初めてできた時に近くで見て一緒に喜んでいける事です。

竹上さん(社会福祉法人 京都基督教福祉会桂ぶどうの木こども園)

仕事をしていく中で大変だと感じることもありますが、利用者様やご家族様と深く関わっていく中で、沢山の事を知る事ができます。また身の回りのお手伝い等をして「ありがとう」と笑顔で言って下さる時はこの仕事をしていて良かったなと感じます。利用者様と接していく中で、どのような人生を送ってきたのか、また趣味などコミュニケーションを通して知ることで、利用者様の笑顔を引き出したりすることが出来る事もやりがいを感じています。

喜友名さん(社会福祉法人 行風会)

介護の仕事は忙しいですがその中での利用者様との関わりが嬉しく、 何気ない朝の「おはよう」の挨拶や感謝の気持ち「ありがとう」・「いてくれてよかった、助かった」などの一言がとても嬉しく感じます。 その瞬間、この仕事を選んで良かったなとやりがいを感じる事ができます。

穂田さん(社会福祉法人 浩照会)