先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事で感じるやりがいは?

新しく通所されることになった利用者さんの担当をさせて頂くことになった際に、始めはお互いどう接していいのかわかりませんでした。しかし、その利用者さんも事業所の環境に慣れてこられ、日に日に笑顔が増えてこられ、今ではほとんどの日をニコニコと笑顔で過ごされています。私との関わりの中でも笑っている様子などを見ているととてもうれしくやりがいを感じます。

森下さん(社会福祉法人 やましなの里)

仕事が慣れてないとき、ご利用者から「よぉ頑張ってるね」「いつもありがとうね」と応援してくださり、認めてもらえた気がし、仕事を続けていて良かったなと感じました。

小野さん(医療法人 健康会)

安心して笑顔で胸に飛び込んできてくれる子どもの姿は、この仕事を選んで良かったと思う幸せな瞬間です。また、出来なかった事が出来るようになり、一緒に喜んだり、子どもたちの沢山の成長に出会える所もやりがいのひとつです。子どもたちの成長に感動し、保護者の方とも一緒に喜んだり感謝の言葉を頂くと、また頑張ろうという気持ちになれます。

梅垣さん(社会福祉法人 相愛福祉会)

入園時は保護者と離れることに不安を抱き、泣いてしまうことの多かった子どもに寄り添うことで、笑顔で毎日登園してくれるようになったことを実感したときや、「先生ありがとうございます。」「先生がいてくれてよかった!」と保護者の方から声をかけていただくと、やっていてよかったという気持ちになり、やりがいを感じます。

崎谷さん(社会福祉法人 心華会)

子ども達の色々な表情や成長を、そばで感じられ、子ども達はもちろん、保護者の方と一緒に成長を喜び合えることです。

山本さん(社会福祉法人 優応会)

子どもたちの成長する瞬間「できた!」の喜びに立ち合えることです。大きな出来事に限らず日々の生活の中で「遊具に登れた」「給食袋の口が閉められた」など、些細な場面で子どもたちは喜びを感じ自信をつけています。その子の記憶には残らないような、そうした日々の出来事に、そっと手を添え、声を掛け「できた!」という満面の笑みを見る度に大きな自信へと繋がる芽を育めたことを感じ、私のやりがいとなっています。

板倉さん(社会福祉法人 徳雲福祉会)

仕事をしていてやりがいを感じる時は、直接お客様やご家族から感謝の言葉をいただける時です。業務の一つひとつでお客様と関わりを持ちます。「ありがとう!」と言ってもらえる事は、大変やりがいを感じますし、またお客様の目標達成に向けて支援させていただける事、そしてこれまで出来なかった事が出来るようになるなど、目標をお客様と一緒に達成した時は大きなやりがいを感じます。介護という仕事は精神的にも身体的にも負担があり大変な面もあります。ただ、それ以上に本当にやりがいを感じられる仕事だと思います。

大橋さん(株式会社 ニチイ学館)

利用者様からの「ありがとう」と言う言葉をかけてもらった時や、「笑顔」を見た時、この仕事を選んで良かったなとすごく感じます。介護職は実際すごく身体的にも精神的にもしんどいことはたくさんあります。一般的に介護職は3Kと言われ「きつい・汚い・給料が安い」と言う悪いイメージが持たれていますが、私はマイナスなことばかりではないと感じています。日々のケアの中で利用者様との関わる時間が増える程その方をたくさん知ることができますし、少しの体調変化にも気づけるようになり観察力もアップし周りの仲間との連携・チームワークを取っていくことで自分自身が成長できる場となるからです。

栗田さん(一般財団法人 長岡記念財団)

この福祉の仕事は常に利用者の方と接している仕事なので、利用者の方が喜んでくれる時に私もうれしくなり良かったなと思います。どのようにすれば利用者の方が喜んでくれるか考え、よりよいサービスを求める事は、この仕事において大切な事であり、利用者さんの為に何ができるかを考え喜んで頂けるように努力し、結果が出たときにやりがいを感じます。

八木さん(株式会社 サポートセンターめぐみ)

現在、介護福祉士として日々高齢者の方に対し必要に応じて介助をさせていただいていますが、その際に「ありがとう」など感謝の言葉を言ってもらえた時にすごくやりがいを感じます。 普段当たり前に使っている「ありがとう」という言葉ですが利用者様から言っていただけると本当に嬉しく思えてこの仕事を選んで良かったと思えました。

福本さん(社会福祉法人 美郷会)