先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事で感じるやりがいは?

福祉の仕事は利用者様のこれまで生きてこられた人生、これからの生き方・人生に関わる仕事です。ほとんどの方が人生の最期を施設で迎えられます。人生の終末期に関わる仕事はなかなかありません。その分責任も大きいですが、その何倍もやりがいを感じることができます。

吉田さん(社会福祉法人 レモングラス)

利用者様の生活を知ることで、より良い生活の支援が行え、一緒に喜びを感じることができます。利用者様から孫に間違われることもありますが、自分の孫のように接していただけるので、一緒に過ごす時間が楽しいです。レクリエーションでは、利用者様と職員が一丸となれると笑顔が多く見られ、やりがいを感じることができます。

塩見さん(メディカルケア御所ノ内株式会社)

なかなか関係性を築くことが難しかった方が、徐々に心を開いて下さったと感じられる時や、支援が難しい方に対して、知恵を絞り、関係職種と連携し、その方の生活がより良い方向に向いていけるよう、その方の人生に関わることができる点にやりがいを感じます。

小室さん(社会福祉法人 健光園)

利用者さんやご家族からの嬉しいお言葉や、同僚からのアドバイス、地域の方々の支え、関係機関の方々からの学び、家族や友人からの応援など、たくさんの人のおかげで自分自身が成長していると感じるところです。

大菅さん(社会福祉法人 山城福祉会)

同じ病気や認知症でも、性格や生活歴、育った環境等によって全く違い、日によっても変化はあるので毎日気付きがあります。なので日々勉強で成長に繋がり、力がつく事でよりよいケアを利用者に提供できるので、とてもやりがいを感じます。また、看護小規模多機能なので、介護士や看護士、PTといった多職種連携で利用者をみれるので、個別ケアもしっかり出来るのが素晴らしいなと思います。

松江さん(有限会社 パイン・コーン)

保育士という仕事をしていてやりがいを感じる瞬間は、やはり担当している子供たちの成長を感じた時です。子ども達はあそび、笑い、泣き、怒り…と毎日様々な姿を見せてくれますが、バタバタと進む時間、日々の保育の中で、すぐ近くで過ごしていることもあり、子ども達の変化にはなかなか気付きにくいのが正直なところです。 でもふとした時に、ちょっとしたことで泣きべそをかいていた子が、泣いているお友だちを心配して頭を撫でてあげたり、野菜が苦手だった子が自分で野菜を食べられるようになったり、「ありがとう」「ごめんね」が言えるようになったりと、そんな子ども達の姿に気付き『こんなことができるようになったのだなぁ』と嬉しさを感じます。ひとつひとつは些細なことでも、子ども一人でできるようになるのではなく、保護者やお友達、そして私たち保育士との関わりの中での積み重ねで身につけていくことなので、その成長に自分も関われているということにやりがいを感じています。

田中さん(社会福祉法人 正親福祉会)

自分のとった行動でご利用者様が笑顔になる時です。以前、塗り絵や貼り絵といったレクレーションが苦手で参加をされないご利用者様から「私も一緒にできることがしたい」と言われました。それから試行錯誤し、折り紙で風船を折り積んでいく遊びを考えました。すると「楽しい!これなら私もできる」と笑顔で言われた事が嬉しくてたまりませんでした。笑顔になった時の達成感がやりがいに繋がっていると思います。

日比さん(社会福祉法人 浩照会)

福祉の仕事は、利用者様の生き方、人生に関わる仕事であり、責任は大きいですがやりがいも大きいです。喜びや幸福感も共有できます。 レクリエーションを一緒に楽しんだり、好きな物を召し上がられご満悦そうにされている姿を見ると「幸せだなあ」と感じます。

沼田さん(株式会社 ハーフ・センチュリー・モア)

担当している人達と話し合いをし、利用者に満足して頂くこと。

玉田さん(あかり株式会社)

利用者様から「ありがとう」や「あんたがおってよかった」と言ってもらえることが、とてもうれしいです。その言葉だけで1日頑張ろうと思えます。

岩井さん(社会福祉法人 丹後大宮福祉会 おおみや苑)