先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事で感じるやりがいは?

私より若い方から、母の年齢に近い方まで幅広い年齢層のスタッフに囲まれて仕事をしています。我が家ではなかなか教わる機会が少なかった家事(料理・掃除・洗濯等)を、利用者様の日常の生活のあらゆる場面を支える事で、私たちスタッフも一丸となって成長出来る事、利用者様の過ごされる時間を共有できる喜びに日々の遣り甲斐を実感しています。

大栗さん(医療法人社団 育生会)

福祉の仕事は、しんどい仕事と思われがちですが、人(ご利用者様、職員)の温もりを感じられる温かい仕事だと思います。朝が早い勤務でも「あなたが来てくれて良かった」とご利用者様に言ってもらえたら、眠気も吹き飛びます。人との関わりの中で悩む事も多いですが、ご利用者様の新たな一面を知ることが出来た時や、感謝の言葉を述べられた時など嬉しい瞬間は沢山あります。

森さん(社会福祉法人 マイクロ福祉会)

ご利用者と日々一緒に過ごす中で、お一人おひとりに対してその人らしさを引出しながら家族のように接したいと考えています。そんな中でなかなかうまくいかない事もあり落ち込むこともありますがその課題を仲間と共に共有し乗り越えていく事で、ご利用者から“ありがとう”と笑顔で言ってもらえるとことで、自分も自然と笑顔が出てきてほっとする事があります。

山下さん(社会福祉法人 北桑会)

一番はやっぱり利用者様に「ありがとう」と言ってもらえることです。自分が利用者様と接していて上手く喋れない利用者様がおられます。必死にジェスチャーで伝えようとされるも分からないことが多々あります。自分も一緒になって考え行動します。例え利用者様の願いと違ったとしても思いやりを持って何かをすることで信頼が生まれ、感謝されたり、考え行動した分、自分でもたくさんの答えが返ってきたりします。毎日、利用者様の笑顔を見られたり、頼られたりすると、とても自分でやりがいを感じます。「ありがとう」が全てではないですが、今まで生きてきた人生の中、家族よりも身近に「ありがとう」が言える、言ってもられると思います。何かをすること(手伝うこと、ケアすること)で必ず何かが返ってきます。嬉しいことやタメになることそれを自分で実感した時にやりがいを感じます。お互いに「ありがとう」と言える環境を作り出せるところがいいですね!

青山さん(医療法人 稲門会)

日々子どもたちと一緒に過ごし、子どもたち一人ひとりの成長を近くで見守ることができることです。 子どもたちと一緒に、できない事に挑戦して、段々とできるようになっていく喜びを、子どもたちや保護者の方と一緒に共有し、喜び合えたときはとても嬉しい気持ちになります。

鈴木さん(社会福祉法人 上賀茂福祉会)

一番のやりがいは、普段お話しなどされない人が急にニコニコ笑顔でがんばって言葉をしぼり出してくれているところを見て、少しでも会話が繋がった瞬間です。  こんな「会話をする」という当たり前の事がこんなに嬉しいなんて働く前は思いもしなかったです。返答がこなくても、話しかけていれば、お客さまに伝わるんだなと思いました。

東海林さん(社会福祉法人 十条龍谷会)

考えることだと思います。利用者様と楽しく過ごすにはどうすればいいのか、利用者様との信頼関係を作っていくにはどうするべきなのか。毎日どう接すればその方の居心地の良い場所になるのか、などとにかく考えます。でも、一番大切なことが「人のこころ」を考えることだと思います。この仕事は他よりもずっと人のこころを考えなければいけない仕事だと感じます。他人のこころを考えることは難しいし、正解があるとも言えません。ですが、ある程度は相手の反応をみてわかります。あーこれは間違っていたのかな。お、良い反応があった!などと日々色々なことを考えながらケアにあたることは楽しくもあり難しいです。難しいからこそやりがいを感じます。

三木さん(医療法人 啓信会)

利用者さんから、「あなたやと、嬉しい」や「ありがとう」と直接言葉をかけてもらえると、自分のことをしっかりと覚えてくださっており、感謝の言葉などをいただいたときはやっぱりうれしいです。もっとたくさんの利用者さんの笑顔が引き出せるようこれからも頑張っていきたいと思います。

島田さん(社会福祉法人 洛東園)

利用者さんと関わっている時にやりがいを感じる事が多いです。それぞれ障がい特性やコミュニケーションの取り方が違うので、うまくいったり、いかなかったりの試行錯誤が楽しく、利用者さんの楽しそうにしている姿をみれると嬉しいです。普段のかかわりの中で自分なりのコミュニケーションの取り方を身につける事を目標に日々関わらせていただいています。

三谷さん(特定非営利活動法人 音希)

やりがいを感じる瞬間ですが、利用者の方と関わっている時に感じることが多いです。入所されている方すべてに当てはまる事ですが、皆様がそれぞれの人生を歩んでこられた人生の先輩です。利用者の方との関わりから学ぶ事もたくさんあります。利用者の方によって持っている考え方や価値観が違います。関わらせていただくなかで対人、人対人の仕事なのでうまくいかない時があります。 一人一人状態が違う利用者の方に対してどのようにアプローチするのか試行錯誤が必要ですが、その試行錯誤しながら関わる事にやりがいを感じます。

宮川さん(社会福祉法人 乙の国福祉会)