先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事で感じるやりがいは?

福祉の仕事は数値での結果が見えにくい仕事であります。また、結果がすぐに出ない場合も多いと思います。しかし、今まで出来なかったことが出来るようになられたり、支援員の支援方法によってご利用者の方の生活、人生が大きく変わることもあります。ご利用者の方のご家族の笑顔もそうですが、なによりもご本人が笑顔で穏やかに過ごされているご様子を見ていると充実感を感じます。

種田さん(社会福祉法人 京都ライフサポート協会)

仕事として利用者さんと向き合う中で「ありがとう」という言葉に、仕事だからと素直に向き合うことができませんでした。そんな私に「あなたがいて良かった」という言葉を利用者さんからいただいた時、この仕事をしていて、そしてこの場に居れて良かったと思うことができました。

吉田さん(社会福祉法人 美郷会)

やりがいを感じる瞬間は、やはりご利用者との関わりの中が一番多いです。入所ご利用者の障がい特性は様々であり、コミュニケーションの取り方も人それぞれである為、一人ひとりに合った適切な対応をその場その場で取る事が非常に難しく、自身の課題として感じています。しかし、難しい中でも自分なりに考え対応し、ご利用者に応えて頂けた時、全ての努力が報われたような達成感、やりがいを強く感じます。

長倉さん(社会福祉法人 福知山学園)

ご利用者様のご家族から「ありがとう」や「またよろしくお願いします」と言われた時はこの仕事で良かったとやりがいを感じます。 先輩方にも、わからない事は聞くと優しく親切に教えてくれて対応していただけるので安心です。そして他の事業所と連携して協力しあう場面が1番やりがいを感じています。 僕らの仕事は命を預かり責任を自覚していく業界であるため、1人1人のご利用者様を想い考えていくその時すごくやりがいを感じます。

中西さん(NPO法人 音希)

認知症のあるご利用者は、何回も同じことを話され落ち着きのないことがあります。そのご利用者の目を見て話をするのですが、「大丈夫ですよ。」という気持ちでお話して「ありがとう」と笑顔で返事をされた時、とても嬉しかったです。また、ご利用者の興味を持っておられることは、何だろうと考えて行事などを計画することはすごく楽しいです。

小石原さん(社会福祉法人 みねやま福祉会)

私の場合は、利用者さんと関わりながらどうしたらいいか一緒に考えていく作業が楽しいです。大変なこともありますが、利用者さんや関係機関の方から教えてもらうことも多くて、新しい発見が何かしらあります。 あとは、関わらせていただいた当事者の方が生きいきと暮らしておられる姿を見ると、関われてよかったと充実した気持ちになれます。「私は幸せなので、相談はもう大丈夫です」と言われたら最高だな、と思います。

高瀬さん(社会福祉法人 京都光彩の会)

私は、ご利用者1人1人の現在だけではなく、過去未来についても真剣に考えることを一番に考えて仕事をしようと思って取り組んでいます。その軸はいつでもぶれることはなく、真っ直ぐに1人の人の人生と向き合うことが出来ます。自分1人では体験することが出来ない人生に寄り添うことが出来ることや、“人の役に立ちたい”という感情がいつも満たされます。自分がどのようにご利用者に向き合うか、でご利用者の反応も変わってきます。やりがいは、と聞かれて一言で答えるなら“目の前にいる人の役に立つことが出来ること”です。

西村さん(社会福祉法人 青谷福祉会)

日々の何気ない日常会話で入居者様が笑って下さり、また身の回りのお手伝い等をして「ありがとう」と仰って下さることが一番やりがいを感じます。日々入居者様の状態は違うので、その中で「笑顔」が見られること「ありがとう」と感謝の気持ちを頂けることはこの仕事をしていて良かったと常に感じます。入居者様だけでなく、ご家族様からも「何時もありがとう」との言葉を頂戴するとすごくやりがいを感じます。

森田さん(社会福祉法人 マイクロ福祉会)

自分が他の部署へ人事異動が決まったときに、利用者さんにそのことを伝えると涙を流して「さみしいわ」と言ってもらえた。そのことがとても嬉しかった。また、前の部署に顔をだすと自分のことをまだ覚えていてくれているようで、信頼関係が気づけていることを実感できた。

入江さん(社会福祉法人 美郷会)

一般的に、介護の仕事は3K(きつい、汚い、危険)と言われますが、実際の現場では、高齢者が初めにお会いした時よりも元気になられたり、歩けなかった方が歩けるようになったりされる姿などを見たときに、この仕事をやって良かった。また頑張ろうと思えます。当たり前に出来ることが、どれだけ尊いことかを痛感しています。

石村さん(株式会社 はぴねすさぽーと)