先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事で感じるやりがいは?

私の仕事の一番のやりがいは、入居者さまの「笑顔」です。笑顔があるから仕事が楽しく、楽しいから仕事を続けてこられたのだと思っています。私が現在心掛けていることは、入居者さまを笑顔にすることはもちろんですが、スタッフとのチームワークをより高めて、一緒に働く仲間も笑顔に。地域と施設の“つなぎ役”になって、もっともっと笑顔の輪を広げていこうと思っています。

圓實さん(株式会社エクセレントケアシステム)

ローズライフ京都では、皆が“ご入居者のために”と同じ方向を向いています。介護、看護、リハ職など、それぞれがプロの目線で、どうすれば良いかを議論し、実践して、結果としてご利用者の笑顔につながる。とても面白くやりがいがあります。尊敬できるスタッフがいることも刺激になっています。それぞれが得意な分野を持っており、フォローし合える関係で、もっと学びたいという気持ちになります。

山形さん(かんでんライフサポート株式会社)

毎日、楽しい事ばかりではありませんが、利用者様の「ありがとう」「うれしい」という言葉や、笑顔に癒され、介護職をしていて良かったなと思います。介護に抵抗のある利用者様と時間をかけ、関わっていく事で少しずつ笑顔を見せて下さるようになった時が一番、やりがいを感じました。

小林さん(メディカルケア御所ノ内株式会社)

「仕事が早ければ早い方が良い」など、目に見えて評価される仕事ではないと思っています。認知症で意思の疎通が難しい方だったり、ついさっきの出来事をすぐに忘れてしまう方がいたり、一人一人、症状が違うのですが、笑顔が見られたり、「ありがとう」と言ってもらえたり、小さな事でやりがいを感じることが出来ます。毎日は出来ないですが、外出や施設内のイベントに参加された時には皆さんとても生き生きとした表情をされています。

内田さん(社会福祉法人 香東園)

子どもたちの成長の一部となり、一つ一つ子どもたちの「できた!」が増えていくことに仕事のやりがいを感じます。日々、子どもたちと信頼関係を築き、一つのクラスを作り上げ、そのクラスで様々な行事に取り組んでいくことで自身の達成感にもつながります。当たり前ですが、年齢ごとに子どもたちへの接し方、声の掛け方等配慮しないといけないのでその点を意識しながら、日々教育・保育を行っています。

西谷さん(社会福祉法人 松井ケ丘福祉会)

新しく通所されることになった利用者さんの担当をさせて頂くことになった際に、始めはお互いどう接していいのかわかりませんでした。しかし、その利用者さんも事業所の環境に慣れてこられ、日に日に笑顔が増えてこられ、今ではほとんどの日をニコニコと笑顔で過ごされています。私との関わりの中でも笑っている様子などを見ているととてもうれしくやりがいを感じます。

森下さん(社会福祉法人 やましなの里)

仕事が慣れてないとき、ご利用者から「よぉ頑張ってるね」「いつもありがとうね」と応援してくださり、認めてもらえた気がし、仕事を続けていて良かったなと感じました。

小野さん(医療法人 健康会)

安心して笑顔で胸に飛び込んできてくれる子どもの姿は、この仕事を選んで良かったと思う幸せな瞬間です。また、出来なかった事が出来るようになり、一緒に喜んだり、子どもたちの沢山の成長に出会える所もやりがいのひとつです。子どもたちの成長に感動し、保護者の方とも一緒に喜んだり感謝の言葉を頂くと、また頑張ろうという気持ちになれます。

梅垣さん(社会福祉法人 相愛福祉会)

入園時は保護者と離れることに不安を抱き、泣いてしまうことの多かった子どもに寄り添うことで、笑顔で毎日登園してくれるようになったことを実感したときや、「先生ありがとうございます。」「先生がいてくれてよかった!」と保護者の方から声をかけていただくと、やっていてよかったという気持ちになり、やりがいを感じます。

崎谷さん(社会福祉法人 心華会)

子ども達の色々な表情や成長を、そばで感じられ、子ども達はもちろん、保護者の方と一緒に成長を喜び合えることです。

山本さん(社会福祉法人 優応会)