先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事で感じるやりがいは?

日々同じことの繰り返しのように思える仕事の中にも違った瞬間があり、ご利用者やご家族、職員、『人』と通じ合えたときに、また、最期を迎えられたご利用者のご家族から感謝の言葉をいただいたときにやりがいを感じます。

市野さん(社会福祉法人 北桑会)

利用者様からの「ありがとう」の言葉で1番元気が出て、この仕事をやって良かったなと思います。先輩職員から認めてもらえた時も嬉しいです。

高橋さん(社会福祉法人 丹の国福祉会)

人の成長に寄り添えることと同時に自分の成長にもつながるところだと思います

入澤さん(社会福祉法人 京都ワークハウス)

介助をしている時に、ご利用者様からの笑顔や「ありがとう」と言ってもらえた時などやりがいを感じます。

森さん(社会福祉法人 宮津市社会福祉協議会)

お一人お一人の人生の終盤に関わらせて頂く仕事なので、その人らしく生活して頂ける為にはと言う事を第一に考えています。本人や家族から相談を受けて生活が少しずつでも改善し、笑顔が増えたり、前向きな目標が出てきた時に、この仕事をして良かったと思えます

藤岡さん(医療法人 永原診療会)

利用者の方の笑顔を見られた時。出来なかったことができるようになった時に本当に良い表情をされます。その瞬間、私もとても嬉しく感じます。全く未知の世界でしたが、福祉の仕事ができて良かったです。

瀬尾さん(社会福祉法人 聖ヨゼフ会)

子ども達の成長を保育士や保護者の方々と一緒に喜びあえることが嬉しくやりがいを感じます。

諸岡さん(社会福祉法人 保健福祉の会)

ご利用者様一人一人と、その方に合った目標を一緒に決めて、その目標を達成された時に「出来るようになった!」「あなた達のおかげや」と、嬉しそうに報告をして下さった時です。

廣瀬さん(株式会社 日本シューター)

自分が頑張った分だけ利用者様から笑顔が返ってくることです。

沖野さん(医療法人 回生会)

「ありがとう」「助かるわ」「また来てや」。利用者さんのたくさんの言葉に励まされ、日々仕事の充実感を頂いています。

安田さん(社会福祉法人 向日市社会福祉協議会)