先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事で感じるやりがいは?

メンバーと一緒に作業を行い、共に成長できることです。

溝部さん(特定非営利活動法人 ENDEAVOR JAPAN)

一つ一つの介助を行うときに『ありがとう』という感謝の言葉を聞ける時です。自分が利用者様のお手伝いを行うのに対して、どんな時でも笑顔で感謝される時がとてもやりがいを感じます。

福山さん(社会福祉法人 岩蔵の郷)

他の職種と比べると、何かをするとすぐに結果につながるということは少ない仕事ではありますが、保育園の生活やあそびの日々の積み重ねで子どもたちができることや頑張れることが増え、心や体が成長や発達していると感じた時にこの仕事にやりがいを感じます。

大井さん(社会福祉法人 京都基督教福祉会)

私が普段お仕事をする中で関わる利用者さんは、重度の障がいがあり、言語でのコミュニケーションが困難な方なのですが、自身が支援していく中で利用者さんがふとした瞬間に笑顔を見せたり、嬉しそうな仕草をされた時、この仕事をしていて良かったと思います。また支援を続けていくと、これまでにはなかった新たな発見があったりするのもやりがいを感じます。

中井さん(社会福祉法人 向陵会)

月並みかもしれませんが、ご利用者様に関わらせていただくなかで、やはり「ありがとう」や「会えてよかった」等感謝の言葉をかけていただくときにやりがいを感じます。お礼をいっていただくことが多く、ご利用者様のおかげでこちらの自己肯定感を高めやすいのが福祉職の最大の魅力だと感じています。

石田さん(社会福祉法人 勧修福祉会)

事務仕事の中で、介護職員たちと管理者との報告・連絡及び相談等の橋渡しが上手く行えた時にやりがいを感じます。

吉岡さん(株式会社 かずサポート)

今、この瞬間のひとつひとつの関わりすべてが、利用者さんの将来に繋がっていると感じます。だからこそ、「どう関わればいいのだろう?」、「どんな言葉かけがいいのだろう?」と悩んだりすることがいっぱいあります。でもそういった壁を乗り越えた時、利用者さんが笑顔になった時の達成感が「よし次も頑張ろう!」という気持ちに繋がっています。

中村さん(社会福祉法人 京都ライフサポート協会)

「ありがとう」という言葉や話をしていく中で利用者様のことを知る事ができると嬉しい気持ちになり、やりがいを感じます。

古溝さん(社会福祉法人 城陽福祉会)

自分が帰るときに、「明日も来てよ。気をつけ帰んにゃぁよ」と言われた時。 自分を必要として下さった時。感謝の言葉を頂いた時。

大藪さん(社会福祉法人 太陽福祉会)

利用者の方が苦手としていることを支援を通して克服できた時です。それまでには長い道のりがあり、様々なドラマがあります。心が折れたことも何度もありましたが、目標が達成できた時は、『この仕事やっていて良かったな。』と感じます。

山本さん(社会福祉法人 同胞会)