先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事で感じるやりがいは?

行事を終える度に、子どもたちが成長していく姿を見た時 保護者や、職員からの「ありがとう」という言葉

福井さん(社会福祉法人 奈良福祉会)

しんどい仕事であるが、利用者の笑顔や自分がこの人にとって役に立っていると実感できたとき。

杉田さん(株式会社 びりーぶ)

福祉に限ってのことではないが、常に笑顔が大事と思っているので、利用者様が日々笑って過ごしていただけるよう努めているつもりです。そんな中で、利用者様が私の顔を見てニコッとされた時、うれしく思い、もっと頑張らなくてはと生きがいを感じます。

新江さん(社会福祉法人 岩蔵の郷)

いろいろな業務がありますが、「子どもたちと、ともに生活し心と体を育てることが仕事」だと感じています。基本的な生活習慣の獲得を支援するだけでなく、人間関係の築き方、仲直りの仕方、気持ちのコントロールの仕方、と一緒に考えながら心の成長にもかかわっています。毎日いろいろなことが起こり、そのたびに悩まされることも多々ありますが、振り返るたびに、懐かしく思い出せることは魅力のひとつだと思います。

足立さん(社会福祉法人 るんびに苑)

ご利用者様から「ありがとう」と素直に感謝されたときは嬉しくてやりがいを感じます

堀田さん(社会福祉法人 ヤマト福祉会)

利用者の皆さんと一緒に喜びを感じられるときと、皆さんの笑顔が見られたとき。 世間一般のイメージどおり福祉の仕事は大変な仕事です。でも、大変だからこそ一緒に喜び笑いあえた瞬間にひときわ頑張ってやってきてよかった、もっと頑張ろうと思えます。

三木さん(社会福祉法人 バプテストめぐみ会)