先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事で感じるやりがいは?

安田さん(社会福祉法人 同胞会)

「あんたがいたら大丈夫」と言ってもらえたこと。高齢になると物忘れが増えたり身体が思うように動かなくなり不安が増える中、誰かの存在が安心して生活できる支えになることがあります。その誰かになった時「やりがい」を感じます。困った時にパッと浮かぶ顔が頼りにしている存在。そんな存在の一人になれたらいいなと思います。

上田さん(社会福祉法人 亀岡市社会福祉協議会)

季節のイベントなどを行ったときに、利用者の方たちが笑ってくださったり。「似合ってるよ」とか「面白かったよ」と声をかけてくださると、嬉しく、この仕事をやっていて良かったなと感じます。 普段の生活の中で、ちょっとしたことをお手伝いした時に、「ありがとう」と声をかけていただくと嬉しくなります。

中川さん(社会福祉法人 未生会)

日常の中では、私たちが入所者1人1人に対して関わり方や援助方法を考え実行していく中で、その人らしさが見えてきた時や、体調面だけでなく精神面でも落ち着いてこられた時にやりがいを感じると思う。また、私が一番やりがいを感じられるのは、最期を見送った時かもしれない。自己満足なのかもしれないが人生の最後に関われたこと、ご家族と一緒に、もしくはご家族に代わって最期を看取れたこと。言葉にするのは難しい感情ではあるが悲しみだけではなくやりがいを感じる瞬間だと思う。

谷口さん(社会福祉法人 丹和会)

やはり一番は子ども達の成長を最も近くで感じられる事です。出来なかった事が出来るようになった時の子ども達のキラキラと輝いた嬉しそうな笑顔を見られる事、子ども達と「すごい!!」「やった~!!」「おめでとう!!」などと一緒に喜びを分かち合え、子ども達だけではなく、保護者の方とも子どもの成長を共有できる事です。「先生に担任してもらえて良かった」「先生ありがとうございます」などの言葉をもらえるだけで頑張ろうと思えます。もっともっと成長していく子ども達の姿を見守っていきたいです。

山下さん(社会福祉法人 永興福祉会)

福祉の仕事は、人と人との関わりの素晴らしさや面白さを毎回教えてくれます。そんな素晴らしい経験が出来る事が、仕事のやりがい、モチベーションに繋がっています。また、障害を持った方を中心に、たくさんの方と関わり、様々な価値観・世界観に出会えることは、自分が知らなかった世界を教えてくれ、「人」として大きく成長できることも、福祉の仕事を通して感じるやりがいとなっています。

草川さん(特定非営利活動法人 てくてく)

子どもたちと日々一緒に過ごす中で、その子どもたちの成長を実感できた時にやりがいを感じます。ふと振り返ってみると、出来るようになったことが増えていた時、一緒に共感して喜んだり、褒めたりして満面の笑みを見せてくれた時、今まで自信がなかったのに、堂々と出来るようになったことを披露してくれた時、そんな瞬間を一緒に喜べることを嬉しく思い、この仕事でよかったなと思います。

近藤さん(社会福祉法人 永興福祉会)

子ども達と毎日を過ごしている中で、今までできなかった事ができるようになった喜びや、クラスで新しい事に挑戦し、成功した時の達成感など、日々子ども達の成長を近くで見守り、感じられる事がやりがいに繋がっています。 その他にも保護者の方に「ありがとう」など感謝の言葉や信頼を得られた時にもやりがいを感じます。

伊藤さん(社会福祉法人 永興福祉会)

福祉の仕事は数値での結果が見えにくい仕事であります。また、結果がすぐに出ない場合も多いと思います。しかし、今まで出来なかったことが出来るようになられたり、支援員の支援方法によってご利用者の方の生活、人生が大きく変わることもあります。ご利用者の方のご家族の笑顔もそうですが、なによりもご本人が笑顔で穏やかに過ごされているご様子を見ていると充実感を感じます。

種田さん(社会福祉法人 京都ライフサポート協会)

仕事として利用者さんと向き合う中で「ありがとう」という言葉に、仕事だからと素直に向き合うことができませんでした。そんな私に「あなたがいて良かった」という言葉を利用者さんからいただいた時、この仕事をしていて、そしてこの場に居れて良かったと思うことができました。

吉田さん(社会福祉法人 美郷会)