先輩インタビュー~福祉の星~

福祉の仕事で感じるやりがいは?

ご利用者にとって、どの支援が最適なのか、チームで考え、手探りで支援していくなかで、少しでも、QOLの向上を感じられた時は「やりがい」を感じます。

藤岡さん(有限会社 イマトクメディック)

ご利用者様が笑顔で生活されている姿を見ている時にやりがいを感じます。 入所されてすぐは緊張されている方が多く、知らない人たちの中で生活するのは大変なことだと思います。 施設に慣れ、安心して生活できているから笑顔でいられると思うので、ご利用者様にとって笑顔になれる支援が出来ていると思うと、とてもやりがいを感じます。

矢野さん(株式会社 ピナクル)

自分達で考えた支援が、利用者さんの生活によりよい変化をもたらす事が出来た時です。

沢田さん(社会福祉法人 京都府社会福祉事業団)

利用者様に笑顔で「ありがとう」と感謝して頂くと頑張ったなと思えます。又、利用者様とコミュニケーションを取らせて頂き、ご自身の昔の思い出や現在辛いことを話して下さると信頼してもらえていると感じ嬉しく思います。少しずつでも利用者様との信頼関係が築けるように今後も気持ちの共感や話を傾聴する姿勢を忘れないように心掛けたいと思います。

武田さん (社会福祉法人 積慶園)

訪問介護は、施設などとは違い、一対一の関わりなので、 ご利用者一人一人と、密に接することが出来るところです。 ご利用者に喜んでいただき、「来てくれてよかった」「また来てほしい」などと声をかけられると、嬉しい気持ちになります。 時には迷惑をかけることもありますが、「上手になった」「成長した」など仰ってくださることもあり、もっと頑張ろうと思えます。

木下さん (有限会社 イマトクメディック)

他の仕事に比べて、より多くの「ありがとう」という感謝の言葉を言っていただけるところ

平田さん(社会医療法人 美杉会)

私の援助や言葉がけで子どもが苦手な野菜を食べられるようになったり、トイレトレーニングでオムツからパンツへ移行できるようになったり、自分の思いが言えるようになったりと、成長する姿を見ることや子どもたちが笑顔で私の名前を呼んで慕ってくれることにこの仕事のやりがいを感じています。

小林さん(社会福祉法人 徳雲福祉会)

福祉におけるやりがいは簡単に一言で言えないと思いますが、利用者さんからの感謝の言葉や笑顔は、なによりも仕事の糧になります

美馬さん(社会福祉法人 京都太陽の園)

高齢者に接する時や家族と接する時にコミュニケーションの難しさを感じますが、自分の接し方で安心して頂けたと感じる時がやりがいを感じます。

余田さん(社会福祉法人 木津川市社会福祉協議会)

利用者さんとの関わりの中で、笑顔が見れたり、新たな一面を発見出来たときです。

嚴さん(医療法人 健康会)