先輩インタビュー~福祉の星~

休みは十分にある?

休みは十分にあり、しっかり休めていると自分は思っています。仕事で溜まったストレスを発散したり、1日ゆっくり過ごして体の疲れをとったりする等、色々な事に休日を使っています。カメラが趣味なので色々な所に行って景色を撮ったり、カフェに行ってご飯の写真を撮ったりするのが一番好きな休日の過ごし方です。

上羽さん(社会福祉法人 アイリス福祉会)

勤務がシフト制なので休みは固定ではありませんが、休みの希望は毎月しっかりと聞いていただけますし、長期の休みなども取れるので旅行なども行きやすいです。実際、温泉などに行き楽しく過ごすことでリフレッシュできました。また、休みの話はしづらいイメージがあったのですが、てくてくでは話しやすい雰囲気作りをされているので気さくに楽しかった話などをすることができています。

藤井さん(特定非営利活動法人 てくてく)

休みは十分にあると私は思います。決まった日の休みではありませんが、週に2日は必ず休みがあり、月の休みは9日から10日はあります。休みの日の希望も出しやすく、予定も立てやすいと思っています。休みの日は家でのんびりしたり、友人と遊んだりしています。旅行などでまとまった休みが欲しい際も前もって言っておけば問題はありませんでした。私はそれで海外旅行にも行けました。

福本さん(社会福祉法人 市原寮)

休みの日は出かけますね。福知山から綾部の通勤のために、車を手に入れたので!大学時代の友達に会いに、ショッピングやカフェや家族と一緒にどこかへ、とにかく出かけてますね。

盛さん(社会福祉法人 松寿苑)

希望休は毎月聞いてもらえますし、有休も含めて休みは取りやすい方だと思います。年に3日間のリフレッシュ休暇もあり、また有休なども使って5連休もとりました。 夜勤明けの日にモーニングに行くのにずっとはまっていて、朝の4時頃から「よし、今日はどこに行こうかな?」と考えると仕事も頑張れます。連休が取れた時は旅行に行くのも好きです。食べる事ばかりですが、その土地の名物を食べるのが本当に楽しみで大好きです。

川口さん(社会福祉法人 リガーレ暮らしの架け橋)

休日は十分にあります。月に9~10日の公休と、有給もあります。シフト制のため、休みは固定ではありませんが、平日に休みがあるので、土日に比べると混雑が避けられるというメリットがあります。休日は友人と出かけたり、一人の時間を楽しむために家で映画を見たり、漫画を読んで過ごします。  リフレッシュすることはとても大切です。心と身体をしっかり休めて仕事に励んでいます。

菅野さん(医療法人 同仁会(社団))

介護職はお休みが少ないと思う方がいらっしゃると思います。お休みは平均すると月に8.9回は必ずあります。有休、さらに夏には夏季休暇、冬には冬季休暇もありますので、他職種と特に変わりはないのかなと思います。また「この日は友達と遊びたい」「この日は○○のライブに行きたい」などのお休みが欲しい時は希望休を取れるので、問題ないと思います。

五十嵐さん(株式会社 ケア21)

イベント等の関係で休日出勤することもありますが、その時には振替休日がちゃんとあります。長期休暇もあるので休みの日には旅行に行ったり、好きなことに時間を使うことが可能です。

片岡さん(社会福祉法人 ふくちやま福祉会)

「プライベートが充実してこそ仕事も充実する」 社長の口癖です。正社員でも1か月ごとの休み希望が提出でき、それを最大限考慮しシフト作成されるため、私の場合、家族や友人との時間、そして趣味の音楽、釣りなど、プライベートはすごく充実しています。だからこそ、出勤の日には「最高のパフォーマンスをしてやろう」という気持ちになります。 当社が目指す「すごい介護」への探求心は、そんないい環境だからこそ生まれてくるのだと思います。

橋本さん(まごのてグループ セルフサポート株式会社)

休日は、外に出かけて過ごすことが多いです。買い物に出かけたり、友達を誘って遊びに行ったりお酒を呑みに行ったりしています。介護関係の仕事をしている友達と遊ぶときはお互いの仕事の話をすることも多く、「そういうやり方をしている施設もあるのだ」と学ぶことも多々あります。また、洛和会はリフレッシュ休暇という10日間の長期休暇が毎年付与されます。5月〜2月までの間であれば自分の希望する月に取得できます。私もこの休暇を利用して旅行に行ったり、ライブに3日連続で行ったりと充実した時間を過ごすことができました。

内田さん(社会福祉法人 洛和福祉会)