先輩インタビュー~福祉の星~

将来の夢や目標は?

介護の仕事を通じて目の前にいる人としっかり向き合って仕事をしていき、もっともっと成長していきたいということは意識としてずっと変わらず持ち続けたいです。介護の仕事を通じて成長していきながら、アロマセラピーの資格を取得し、介護とはまた別のアプローチで人の人生に寄り添えたらなと思います。人の人生に寄り添う方法をいくつも持つことが今後の目標です。そして仕事の時だけでなく、普段の生活からも目の前の人のことを大切に出来る人になることです。

西村さん(社会福祉法人 青谷福祉会)

福祉の実践家、糸賀一雄さんの言葉に、「この子らを世の光に」というものがあります。「この子ら」とは知的障害のある子どもたちのことです。「この子ら」に光を当ててやるというのではなく、「この子ら」の存在こそが光そのものであるという思想です。福祉について知らないことやうまくいかないこともまだまだ多くありますが、この言葉を理想で終わらせるのではなく、現実のものとしていけるような人になることが私の夢です。そのために力を付けていくことが毎日の目標です。

柴山さん(社会福祉法人 京都ライフサポート協会)

障害当事者と共に他の福祉分野(医療・看護・保育)の方との繋がりをつくり、福祉について語り合い、連携して他分野や専門家の方々と繋がりを広げていきたいです。現代社会はどの業種にも共通する問題と課題があると思います。互いに共感と理解を深め、一体となって国に対して『労働環境改革』や『誰もが働きやすく生きやすい社会』について理解を求めていきたいです。

川村さん(特定非営利活動法人 えがく)

この会社には現場での経験を経て、リーダー、主任、施設長というキャリアアップの道があります。そして何より施設が増えているので、チャンスも多いです。 私は施設長になることが、今の目標です。そして介護業界の地味な印象を何とか払拭して、カッコイイ職業、憧れの存在になりたいと思っています。

清水さん(株式会社 はぴねすさぽーと)

認知症についてもっと詳しくなることです。様々な資格があり、段階をふんで資格取得を目指しますが、認知症についての知識面だけでは不十分と考えます。常にご利用者様と関わりを持ち、職員同士、情報交換しながら、経験も含めて詳しい人でいることが夢です。また、ご利用者様のご家族様にも寄り添って話が聴ける人でありたいと思います。

村上さん(社会福祉法人 端山園)

今は介護職として働いていますが、もともと相談員を目指し社会福祉士をとるために進学したというのもあり、いつかは相談員やケアマネなどになりたいと思っています。その為には、まずは現場で介護技術を学び、御利用者様理解を深め介護福祉士をとってから、社会福祉士を目指して勉強や相談員業務をしていけるようになれればいいなと、漠然ではありますが考えています。

大村さん(株式会社 ユニマット リタイアメント・コミュニティ)

介護職として働き始めて3年しか経過してないが、ショートステイで働くことにより多くの利用者様と会うことが出来ました。現状先輩職員に指示を仰ぎながらの介助を行うことが多い状態ですが、自分にも後輩ができ教える立場にもなりつつあるので、如何に説明が上手く伝わり理解してもらえるかと言うことが課題の為、伝える力を付けるのが現状の目標です。大きな目標としては年数を重ね自身の介護に対する技術・知識が向上出来れば役職に就くことを考えたり、現場以外の介護支援専門員や社会福祉士なども目指してみたいと思っています。

武田さん (社会福祉法人 積慶園)