若手職員からのメッセージ482

自分自身が成長できる良い仕事だと思います。子どもたちのキラキラした笑顔に、いつもパワーを貰っています。他の福祉の現場でも同じような体験をたくさんして学び、成長できると思います。

Weekly福祉の星 小林さん(社会福祉法人 徳雲福祉会)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事を選んだきっかけは?

答え

私が保育園に通っていた頃、いつも明るく優しく関わってくださり、何でもできた担任の先生に憧れていました。また延長保育を利用していたため、お兄さんお姉さんと一緒に遊んだり、先生と一緒に乳児組のお手伝いしたりすることが好きでした。楽しかった保育園生活や憧れていた先生のようになりたいと思い、保育士の仕事を選びました。

福祉の仕事で感じるやりがいは?

答え

私の援助や言葉がけで子どもが苦手な野菜を食べられるようになったり、トイレトレーニングでオムツからパンツへ移行できるようになったり、自分の思いが言えるようになったりと、成長する姿を見ることや子どもたちが笑顔で私の名前を呼んで慕ってくれることにこの仕事のやりがいを感じています。

今までに一番心に残っている出来事は?

答え

初めて担当したクラスは2歳児でした。自分の思いを言葉にして伝えることができなかった子どもたちが、色々な経験を通して、コミュニケーションを深め、友だちとの関係性の広げて楽しく遊んでいる姿が一番嬉しい場面でした。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

大変なこともありますが子どもや保護者、地域の方々と出会い、毎日楽しく子どもたちと過ごしています。いろいろなことを経験して、自分自身が成長できる良い仕事だと思います。子どもたちのキラキラした笑顔に、いつもパワーを貰っています。他の福祉の現場でも同じような体験をたくさんして学び、成長できると思います。

 福祉の星 一覧に戻る