若手職員からのメッセージ508

ご利用者の人生に寄り添い、一緒に笑いながら働くことが出来ます!

Weekly福祉の星 上山さん(社会福祉法人 成相山青嵐荘)

※法人情報はこちらからご覧ください

福祉の仕事の面白いところは?

答え

私たちもそうですが、どうしてもトイレの順番待ちになったりする時間があります。そんな時、ご利用者同士が助け合い、譲り合う姿を見かけることがあります。「私はかまへんで、早くあの人をみてやってくれんか?」とか、「もーごめんよぉ、お先に失礼します」など。そんな時、職員としてはとても助かりますし、あの人にそんな一面があったのかと、気付かされます。後で「すみません、助かりました。」と伝えると、「あの人は歩けないのに、一人で行こう行こうしなるで、危ないんだ!」と、言われました。ご利用者同士で足の進みが悪いといった不自由な箇所などを観察しているんだなと、気付かされ見習わなければと思いました。そんな場面を発見した時や今日あった出来事、こんな会話していた、あんな事があった、あんな発見や、こんな事が出来た、などなど…。様子や会話をケース記録にて共有しています。他の職員が記録したものや、申し送りなどの情報があると、今後の対応へと繋げることができます。 人と人が出会う環境について私がいる特養では、自宅にて生活が困難な方や、家庭事情などによって入所されます。今日入所され、始めて話す方ばかりなのに、「どこの出身だ!?」と会話が始まり、すぐに打ち解け合い、まるで家族や親せきのようになってしまうことも…。そんなご利用者に囲まれ、日々の生活の中で自分も大家族の一員のように関われていることが、改めて面白い職場だと感じています。

仕事の中で大切にしていることは?

答え

ご利用者の生活の場なので、バタバタ仕事をしていると思われないように心掛けています。忙しそうな姿をみせると、ご利用者からは心配もされるし何かをして欲しいと思っていても気を遣わせてしまいます。そうなれば些細な訴えに気付くことさえできません。なので、自分は心に余裕を持ち、バタバタした姿を見せないようにしています。特養での仕事においては、ご利用者からの些細な仕草や話し言葉などがメッセージになります。気付けるには、落ち着いた環境が大切になります。毎日の顔合わせや挨拶などで、今日はどうだろう?調子はどうだろう?など、些細なことにいち早く気付けるよう意識しながら仕事をするようにしています。その他大切なこと、今日あった出来事や発見、注意事項などはケース記録や申し送りノートにて、情報の共有が行えるようにしています。

前職と比べてどう?

答え

前職は自動車業界にて、民間車検工場でメカニックや自動車販売などの営業職を三年間勤めていました。昔から車が好きで望んで始めた仕事でした。メカニックでは車と向き合い悩みながら仕事をしていました。お客様にとって大切な車を預かり、お金が掛からないように、尚且つミスなく早く納車が出来るように頑張っていました。けれども故障個所を車は話してくれません。そして納車を待つお客様。色々な重圧やプレッシャーがありました。営業職では、お客様から可愛がって頂けましたし、話すのもとても好きでした。 以前から社交的な性格の自分で前職にて営業職もしておりましたが、現在、福祉という全く違う業種においても、ご利用者の話し相手になっていること、それが仕事になっていることが不思議な感じがしています。ご利用者の人生に寄り添い、一緒に笑いながら働くことが出来ています。人生経験が長い分、色々な話を聞け、自分自身、日々勉強させて頂いています。

これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ

答え

未経験者の方でも自分に出来ることは必ずある。どんなに些細なことでも支えを必要としている方たちがいます。その方たちは自分でしたいことや挑戦したいことがあります。その人たちに手を差し伸べてみませんか?一緒になって挑戦し、一緒に喜び合いましょう。福祉の職に就いて、色々と気付かされる事が沢山ありました。自分って、こんなに笑ってたかなって。その方たちは、素敵な笑顔を何度も魅せてくれます。日々の中で人生のことや、家族のこと、結婚はまだか?子供はまだか?など、家族みたいに接して頂けています。そんな会話がとても楽しいです。一日の始まりは元気に「おはよう、今日も宜しく」と、挨拶して下さり、終わりには「もう帰る?今日もありがとう、明日も頼むで」と、名残惜しいように見送ってくれます。それぞれが色々な味のある方たちで、毎日笑顔にさせて頂け、時には癒してくれます。自分の担当のご利用者で100歳になられた方がいました。皆で協力して誕生日ケーキを作りみんなでお祝いをしました。他の職種では経験出来ないことが出来ました。本当に凄い事だと感じましたし、魅力たっぷりだと思います。もっともっと伝えたいことがあり、福祉って語り尽くせないことが多いですが、本当に素晴らしい所です。私が伝えたいことは、これから高齢化が進む世の中、高齢者福祉は絶対になくてはならない仕事です。高齢者の安心した生活を支えていくのは自分たちです。高齢者福祉に限らず福祉業界全体の充実が大切です。より多くの人がこの業界に興味を持ち、第一歩を踏み出し、手を差し伸べて欲しい。福祉業界でお待ちしています。

 福祉の星 一覧に戻る